横浜市の港北ニュータウンへ行ってきました(2回目)

 今日は朝からお昼頃にかけて、神奈川県横浜市都筑区にある港北ニュータウンへ行ってきました。以前も出掛けたことがありましたが、その時は12月の冬で寒かった。今回は6月ということで少々暑かったです。

 こちら記事でも書いた通り、私は就活を休止している状態です。とはいえ、何もしないでゴロゴロするのは精神的にも肉体的にもあまり良くありません。加えて、6月の梅雨時ということで、東京では明日から再び雨が続く日が来ます。そうしたこともあって、「せっかくだし、天気のいい今日もどこかへ出かけよう!」と思い立ち、今回出掛けることにしました。港北ニュータウンに決めたのは、なんとなくという気まぐれな理由です。

 港北ニュータウンへは横浜市営地下鉄に乗って、センター北駅へ。そこから北上し、緑道を歩きながら最終的にセンター北駅へ戻ってくるというルートでぶらりと歩いてきました。閑静な住宅街と緑道の豊かな自然はとても心地良く、歩いていてとても気持ち良かったです。

 通った道は以前にも通ったことがあった道だったので特に新鮮さはありませんでした。しかし、センター北駅の近くにあるとある公園でとても興味深いスポットを発見しました(!)。

 それが都筑民家園です。

都筑民家園001

 この建物は都筑区内にあった旧家を移築し、横浜市の公的施設として開園されたもの。センター北駅にあるショッピングモール「ノースポートモール」のすぐそばにある大塚歳勝土遺跡公園の中にあります。建物は18世紀の中頃に建てられたのだそう。無料で公開されており、自由に見学することが出来ます(写真撮影も可能です)。NPO法人がこの建物を管理しており、すぐそばにはその法人による管理事務所もあります。

 建物の中はとても広く、建築された当時の雰囲気を感じるほど歴史情緒あふれる空間となっています。↓の写真は土間と広間を撮影したもの。写真には写っていませんが、奥の方には畳が敷かれた部屋もあります。

▼土間
都筑民家園002

▼広間
都筑民家園003

 都筑民家園では文化交流事業としてこの施設を利用したさまざまなイベントが開催されており、私が来た時には七夕のイベントに向けた短冊と竹が飾ってありました。

 都筑民家園は施設も土地もそれほど広くないので、私は10~15分ほど見学した後、その場を去りました。こうした珍しい歴史的価値のあるスポットを見つけられたのは非常に興味深かったです。

 その後はノースポートモールでの買い物と、近くの他のションピングモール内のファミレスでランチを済ませてきました。ノースポートモールでは施設内にブックオフやダイソーがあり、そこでいろいろ買い物を楽しみました。ノースポートモール内ではゲームセンターもあり、私は北斗の拳のパチンコ・パチスロを打ってました(1回100円なので、演出見たさで楽しむ分にはちょうど良かったです)。今回は買い物でけっこう出費してしまいましたが…。

 ノースポートモール内でしばらく楽しんだりした後、13時近くぐらいに横浜市営地下鉄に乗り、港北ニュータウンを去りました。その後帰宅。


 体動かす感じで港北ニュータウンへ来ましたが、出かけて正解でした。何より、都筑民家園の存在を知ったのは大きな収穫でした。こうした歴史的価値のあるスポットに行くというのは本当に楽しいです。↓に都筑民家園の公式サイトのリンクを張りましたので、気になった方はぜひご覧になってください。それでは、今日はこの辺で。




スポンサーサイト

明治神宮へ行ってきました

 今月の6月20日の火曜日に明治神宮へ行ってきました。

明治神宮

 ここ最近就活が不調続きだったこともあり、メンタル面がダウンしていたので、元気をもらいに行くような感じで訪れました。「困った時の神頼み」というわけではないのですが、以前から明治神宮には「なんとなく行きたい」という想いが芽生えていました。そこで、渋谷の東京わかものハローワークからそのまま歩いて、明治神宮へ向かいました。徒歩の時間は15分ほどでした。

 明治神宮といえば、東京では有名なパワースポットの一つである神社です。境内は広い土地の中にうっそうと茂る木々に囲まれ、訪れる人々に不思議な感覚を与えてくれます。パワースポットということで古来よりさまざまな御利益があり、それを信じて多くの人々が参拝に来ます。観光地としても有名なので、外国からの観光客も多く訪れます。

 ここの御利益はさまざまなんですが、個人的に注目したのは就職成就のお守りが近年になって発売されているところ。就活中の身である私はこの情報を聞いた時、「ぜひその御利益にあやかりたい」と思い、以前から頭の片隅に記憶していました。過去に訪れた東京大神宮の時と同じサイトからの情報です(詳しくは↓)。



 御利益といっても「100%必ず的中する!」というわけではないと思いますが、縁起を良くするみたいな感じで、気持ちを前向きにする感覚で訪れました。お参りでは、賽銭をきちんと投げ入れ、自分自身が誰なのかを心の中で明かし、願い事を心の中で明治神宮の神様にお伝えしました。

 帰りに就職成就のお守りを購入。値段は800円でした。

明治神宮 就職成就お守り

 境内の中では行きと帰りで違う道を通りながら、明治神宮を後にしました。豊かな自然の中を深呼吸しながら歩いていると、心身の中にある毒気を吐き出して浄化されるような感覚がしました。その感覚が本当かどうかは別にしても、パワースポットである以上、何かしらの良い力は感じます。半熟卵さんが連れて行ってくださった愛知県の熱田神宮もそうでしたが、こうした場所は時たまふらっと訪れてみると、自分自身の行動が何か前向きになれるきっかけが得られそうな気がします。


 明治神宮へ行って大正解でした。良い気分転換にもなりましたし、気持ちが大なり小なり前向きになれたような気がします。本当に就職成就できるかどうかは私自身の行動次第ですが、これを機に前向きにやっていこうと思います。

 それでは、今日はこの辺で。


就活休止宣言

 突然ですが、私は1週間ほど就活をお休みします

 今月に入ってからというのも、私の就活は不調が続いて、モチベーションもかなり下がっていました。2週間前には週4で面接を受けてきましたが、どこも結果はボツ(このうちのA社は正確にはこちらから選考を辞退したので、結果的にボツ)。その中で、本命だった統計調査会社であるC社の選考もボツでした。これがかなりメンタル面での不調をきたす引き金となりました。

 その後も、「とりあえず応募してみよう」と思えるほどの求人が見つからないこと。統計調査会社への就活が行き詰ってきたこと。他の選択肢である製造業・倉庫業への就活がうまくいかないこと。東京わかものハローワークでナビゲーターのIさん(仮名)にも相談にしても進展がなかったこと。

 そうしたことばかりが続いたので、就活が行き詰ってしまい、自分自身が今後どう行動したらよいのか、分からなくなってしまいました。今までやってきた就活が振り出しに戻ってしまったような感じで、ゼロになってしまいました。

 「このままじゃダメだ! なんとかしないと!」と考えても、「じゃあ、何をすればいいんだろう…」という感じで就活の行動することができなくなりました。さすがにドス黒いオーラが出るほど落ち込んではいませんが、少なくとも良い状態ではないことは確か。

 今日はサポステの面談だったので、そのことを私の担当スタッフであるTさん(仮名)にいろいろと報告や相談をしてきました。

 Tさんは私の話を親身に聴いてくださいましたが、今回のことはTさんは事前に懸念していたそうです。というのも、私の就活の本命であるC社の選考がうまくいかなかった時のメンタル状態を機にかけてくださっていたのですが、それ以上に今回はいろいろネガティブな状態が起き過ぎていたので、「CHAGEAS-FANさんが落ち込んでしまったも、今回のことは仕方のないこと」だと仰っていました。それぐらい今回の就活の不調は、ネガティブなことだそうです。

 いろいろ私の方から話をした後、Tさんからの今後の対策・過ごし方についてアドバイスがありました。

 まず全体的な話として、「リフレッシュのために就活を1週間ほど休んでもいい」ということが挙げられました。現時点で足掻いても、かえってうまくいかずにますますネガティブになるとのこと。そこで、あえて就活をしないでメンタル面のリフレッシュに励むことで、現状のネガティブさを減らすことが大事だとこと。

 次に気をつけるべきこととして、「体を動かしてリフレッシュに励む」ことを挙げられました。メンタル面で落ち込むと寝込んでしまうことが多くなりがちですが、この寝込んでしまう状態というのはかなり良くないとのこと。寝込んでしまうと、その状態から抜け出すのが難しくなってしまうので、かえって良くないのだとか。Tさん曰く、逆に心身の状態が良くない時に、体を動かすことの方が健康的な状態に戻りやすくなるそうです。だからこそ、体を動かすことが大事なんだそうです。


 就活は1週間ほど休むだけですので、辞める・諦めるわけでは決してありません。Tさんも仰っていましたが、スラムダンクの名言にもあるように、就活は諦めたらそこで試合終了です。ここまでやってきた以上、何かしらの形で再起を図りたいと思います。それまで就活はお休みします。

 それでは、今日はこの辺で。


2ちゃんねるの書き込みについて

 数日前に、当ブログのアドレスが2ちゃんねるで書き込まれていることが分かった。当ブログの記事に書かれている文章を引用目的で書かれていたものを除き、明らかに管理者である私に成りすましたかのように、当ブログのURL(もしくは特定の記事のURL)を記入したうえでの書き込みだった。

 気づいたのは数週間前のこと。とある記事を投稿した際に、その日の当ブログへの訪問者数が大きく増えたことがあった。当ブログは1日の来訪者がかなり少ない零細ブログなので、そうした来訪者の多さはすぐに当ブログのカウンターに反映され、すぐに分かるのだ。

 「誰かが当ブログの記事について、記事のことをTwitterで知らせてくれたのか?」と思ったが、Twitterではそうしたツイートは一切なかった。で、数日後にたまたまネットサーフィンしながら当ブログのことについていろいろ調べていた際に、2ちゃんねるにて当ブログのURLの書き込みがあったことが判明した。

 引用目的でURLが書き込まれたのなら問題はないのだが、今回書き込まれたのは成りすましのような文書を添え書きしたうえでの書き込みだった。そこにはURLに加えて、

「読んでください」
「コメントしてね」



 といった文章が書かれていた。まるで私が書いたかのような書き方である。

 なにはともあれ、今回の出来事についてまずハッキリさせておきたいのは、私は「2ちゃんねるには一度たりとも書き込みをしていない」ということ。

 というのも、私は2ちゃんねるの書き込みを含めた使い方をまったく知らない。2ちゃんねる自体は知っているし、見たこともあるが、書き込みの仕方や詳しい見方などはハッキリ言って知らないし、分からない。10年以上ネットを使い続けているが、2ちゃんねるについてはほとんど未知の領域である。今回のように、何かしらの文章を書き込むなんて、まったくもってできない。

 それと、当ブログの告知をわざわざ2ちゃんねるでする必要がまったくない。当ブログの告知(更新)には、いつもTwitterで自動的にツイートされるよう設定している。そもそも、ブログやTwitterといった自分だけのサイバースペースを持って活動しているのに、わざわざ2ちゃんねるのような別のサイバースペースで書き込む必要など皆無に等しい。ネット上でやりたいこと・伝えたいことがあるなら、ブログなりTwitterなり、自分のサイバーバースですべて完結するように活動している。そうした中で、2ちゃんねるで当ブログのことについて私自身が書きこみをする必要性など、ゼロである。

 以上のことから、今回の2ちゃんねるの書き込みは私自身が書き込んだものではない。ましてや、2ちゃんねるに当ブログのことを私自身が書き込む必要性もない。私自身が2ちゃんねるに書き込むことすらもできないのだから、なおさらだ。

 今回の書き込みについて不満や怒りの気持ちなどはないのだが、書き込んだ相手が「なぜこんなことをしたのか、訳が分からない…」というのが本音だ。

 「こういうことでもしたかったのか?」という予測はできるものの、大してどうこうするという訳でもない。誹謗・中傷や罵詈雑言の書き込みの類ではないので、なおさらどうでもいいという気持ちが湧いてくる。

 ただ、成りすましのような書き込みについては今後何かしらのトラブルを未然に防ぐためにも、「2ちゃんねるには一度たりとも書き込みをしていない」ということだけは、この場でハッキリと明言しておく。上述したが、私は2ちゃんねるの書き込みの仕方を知らないし、わざわざ2ちゃんねるで当ブログのことを書き込む必要性もない。ネット上でやりたいこと・伝えたいことがあるなら、当ブログを含めた自分のサイバースペースでやる。


 文章が長くなってしまったが、該当の2ちゃんねるの書き込みについては別の誰かがやったことであり、私ではない。理由は上述した通り。2ちゃんねるで私自身が書き込むことは今後たりともない。これからもネット上での自分のやりたいこと・伝えたいことは、自分のサイバースペースでやっていく。


女神の拳「霞紗玖羅の最期」

 漫画『女神の拳』の続きで、前回からの続きです。今回で霞紗玖羅の最期を描きます。9ページと10ページは見開きとなっています。

▼1ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」001

▼2ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」002

▼3ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」003

▼4ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」004

▼5ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」005

▼6ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」006

▼7ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」007

▼8ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」008

▼9・10ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」009-010

▼11ページ目
女神の拳「霞紗玖羅の最期」011

 いやあ、ついにここまで来ました! ラオウである霞紗玖羅の最期。あの有名な「我が生涯に一片の悔い無し!!」が。この描写にたどり着くまでいろいろありましたが、なんとか描きあげることが出来てよかったです。

 ページも見開き分も含めて11ページという長さ。女神の拳でのキャラの最期の場面でこれまで長かったのは、シュウである加門初音の9ページが最長でした。今回はそれを上回る長さであり、見開きのページで最期を迎えていることもあって、ラオウである霞紗玖羅らしい大往生と言えます。

 そして4ページ目である亡き強敵(とも)達の描写。サウザーである堀越由美、レイである平良伊江、シュウである加門初音、リュウガである久住舞子。シンの位置にはトキである西村佐知子を代わりに描きました。シンである今岡汀は女神の拳では、レイである平良伊江の強敵なので、その代わりです。久々に過去に登場したキャラ達を描きましたが、平良伊江が一番難しかった…。

 そしてラオウである霞紗玖羅の最期である「我が生涯に一片の悔い無し!!」。これはぜひとも描きたかった場面。名場面でもあり、名言の一つでもありますから。この場面は北斗の拳の各メディアでも数多く再現されています。アニメ、ゲーム、パチンコ・パチスロ。どれも出来が素晴らしいので、YouTubeで確認するとその感慨深さが分かります。


 女神の拳もいよいよ大詰めとなりました。まだ最終回ではありませんので、もう少しだけ続きます。