自分のサイバースペースを持たずにものを言おうとすることほどバカなことはない



 ここ最近、ブログの運営・管理をしていると、当ブログというたかが一つのサイバースペースに問題を起こす輩が出てきている。他人のサイバースペースを私有化しようとしたり雑多なサイバースペースと勘違いしたりするような形で、コメントを書いてくる連中である。

 そうした連中のコメントを見るたびに、上記のドラえもんのセリフを思い出す。実直なことを言わせてもらえば、それぐらいバカというか、クズというか、ゲスというか…。そういった汚い言葉を言っても差し支えないほどの腹立たしい所業である。ネットで調べてみると、同じようなことで悩むブロガーさんも多いようだ。

 何度も書いているが、自分の言いたいことがあるのなら自分のサイバースペースを持って、そこで自由に述べればいい。やりたいことに関しても同様だ。ブログでもTwitterでもFacebookでも、そうしたサイバースペースはいくらでもある。いちいち他人のサイバースペースでものを言おうとする魂胆は、愚劣以外のなにものでもない。

 それでも固執してやってくる(コメントを書いてくる)ことに、当人は何らかの大義名分を感じているのだろうが、こちらから見たら何の役にも立たない愚劣な物事でしかない。連中は、いい加減にそういうことを察するべきであろう。

 ハッキリ言うが、そもそも当ブログにそんなに固執して、だからなんだというのか。当ブログは、来訪者が月に10数人しか来ないほどの零細ブログだし、そんなブログを自分の思い通りに(私有化)したところで得することなどない。当ブログはアフィリエイトなどの収益になるものも積極的にやっていないので、お金すら一銭も入ってこないのである(他所のブログに対しても同じである)。それに、こうした連中から何かしら認めてもらって判を押してもらったとしても、それは何の役にも立たない。実社会では何の保証にもならない。

 何度も書くが、ネット上で自分の言いたいこと・やりたいことがあるのなら、ブログでもTwitterでもFacebookでも、自分のサイバースペースを持って、そこで自由に述べればいい。もしくは自分の意見を賛同してもらえるコミュニティなどに参加すればいい。

 それだけネットという空間は開けた世界である。パソコンやスマホなどのITツールが普及して以降、小学生ですら自分のサイバースペースを持って活躍しているこのご時世に、他人のサイバースペースで好き勝手やっているのは、まったくもってバカな話である。

 「どうせこのサイトじゃ、自分は相手にされない」と分かったら、さっさと別のサイバースペースへ行けばいいのだ。自分にとって良い場所を探したり、自分だけのサイバースペースをつくることなど、そうしたことはネット上でいくらでもできる。

 それでも上述の連中はおそらく自分のサイバースペースを持とうとしないだろう。その理由について、ブロガーのかさこさんは自身のブログの記事にて、以下のように仰っている。文書も一部引用する。



自分の意見が正しい。自分の意見を多くの人に知ってほしい。
と思うのなら、誰もが見れるブログで自分の意見を堂々と発信すればいい。
なぜそれをしないのか。
自分に自信がないから。
自分の発言に責任の持ちたくないから。
もしくは多くの人に役に立ちたいという心がなく、
他人のコメント欄で目立ちたいという自己満足しか考えていないからだ。

自分の意見が正しいと思うならブログで発信すればいい。
他人のコメント欄などごく一部の人しか見ない。
ブログなら検索に引っかかりやすいから、
多くの人に末永く見てもらえる機会がある。
もし自分の意見が正しいとか多くの人に伝えたいと思うのなら、
コメント欄などにせずブログで意見を書いているはずだ。

自信がないんでしょ。
他人の批判をコメント欄でできても、
自分のブログで意見を書けないのは卑怯者であり臆病者であり無責任者だ。
堂々と書けばいいじゃないですか。ブログで。
なぜ書けない?
おまえの意見がクズだからだよ。
自己満足しか考えてないからだよ。



 かさこさんの仰る通りだと思う。上述の連中の中で私のことを卑怯者するバカがいたが、「卑怯者はテメエだろうが!」という話だ。相手と同じ土俵でものを言おうとせずに、コメント欄という共有スペースでしかものを言えないなど、バカ丸出しである。それこそ負け犬の遠吠えであろう。

 自分の言うこと・やることに自信がある人は、すでに自分のサイバースペースを持って、そこで自由に活動している。すでにそうやって行動して、多くの賛同をもらっている。誰かしらのブログやTwitter、Facebookなどを見ているならば、そうした反応くらい目の当たりにしているはずだ。それを分かろうとも理解しようともせずに、ただコメント欄という共有スペースでしかものを語れないのは、本当にバカげている。


 今回取り上げた連中に対して言えることは「いい加減に当ブログに固執する(訪れる)のはやめたらいかが?」と。そして「自分のサイバースペースぐらい、いい加減に持ったら?」と。

 誰もあなた達の言うことなんて聞いてないし、聞く気もない。そんなに自分の言っていることに正当性や自信があるのなら、ブログなりTwitterなりFacebookなり、さっさと自分のサイバースペースを持って、そこで述べることぐらいのことはできるでしょ。駄々をこねる子供じゃあるまいし。

 そうしたことをしないっていうのは、己に行動力がないばかりか、自分の言っていることに正当性や自信がないからでしょ。自分の言っていることを意見やハウツーとして情報発信するだけでも自他の状況の変化は違うのに、いつまで他人のサイバースペースでものを語っているつもり?

 そんな他人のフンドシで相撲を取っている輩の言うことなんて誰も聞かないし聞く価値もない。いい歳した大人ならそのくらい分かるでしょうよ。他人をむやみに卑怯者呼ばわりして、他人のフンドシで相撲を取ろうと執着するあなた達自身が一番の卑怯者だ。


 ブログの運営上、こうした記事を書かざるを得ないのは非常に残念ではあるが、私はこうした輩に賛同するつもりなど毛頭ないし、不快・愚劣なコメントを受け入れる気も一切ない。いろいろと書いてきたが、これだけはハッキリさせておく。


初めての派遣日雇いバイト

 今日、私は以前から登録していた派遣会社の日雇いバイトにフルタイム勤務で行ってました。

 すったもんだで2回も不採用通知があり(そのうち1回は先方のドタキャン)、なかなか就労が決まらなかったのですが、昨日急きょ案件の電話があり、ドタキャンされた方の仕事の就労が決まりました。


 今回やった仕事は、地元の運送会社がやる家具の配送。某大手家具店でお客さんが購入した家具を、配送会社のスタッフがトラックで回りながら、配送・組み立てをする内容。私はその助手をするお仕事です。

 集合は地元の駅に、朝8時半集合。無事に先方と会うことができ、さっそくトラックに乗って、各お客さんの個人宅へ訪問開始。メインで仕事をするのは、運転手のYさん(仮名)とその助手のSさん(仮名)。お二人ともとても気さくな方で、接しやすい方々でした(気の合わない方との就労だったらどうしようかと、内心ヒヤヒヤしてました)。

 家具の配送は、基本的にYさんとSさんがお客さんのお宅に訪問し、家具を配送。お客さんによっては、家具の組み立てを行わなければならない場合もあり、それもYさんとSさんが担当します。私はお二方がお客さん宅で作業をしている間、トラックの貨物内を整理整頓したり、作業途中で出たゴミ(ダンボールやビニール袋など)を分別してまとめたり、駐車中のトラックの見張り番などの作業を任されました。まあ、助手の助手といったポジションのお仕事なので、軽作業まじりの雑用といったところです。仕事量もそれほど多くないので、久々に就労した私でもそつなく仕事をこなすことができました。

 労働時間の半分はトラックでの移動。その半分の時間が、上述の作業といったところ。なので、それほど「(労働に)拘束されてる」といった感覚はありませんでした。とはいえ、今回のお仕事の既定されている時間は8時半から17時半のフルタイム勤務なので、朝から晩までといった具合の長時間労働でした。1日の就労を終えて、解散した時はもうすでに空は真っ暗でした。


 初めての日雇いバイトを終えた感想ですが、とても良かったです。無事に就労できてとりあえず良かったというのもありますし、特に仕事内容や人間関係などで悪くなるような要素もなく、そつなくこなせたというのが一番大きかったです。これで一般的な就労(労働)として、お金が稼げるのですから、素直にうれしいところ。

 今回の就労には、即給(就労後に最短で給料がもらえる)手続きも済ましたので、来週辺りにはすぐにお給料が振り込まれます。今回の日雇いバイトが給料の割に合うものだったかどうかは、給料が入るまでのお楽しみです。

 日雇いバイト、今後もできる限り活用していきたい。


品川でMさんと食事

 今日、東京の品川で一昨日の『アイランダー2016』で再会したMさん(仮名)と食事しながら談話しました。

 一昨日の『アイランダー2016』にてMさんとお会いした際に、Mさんから「せっかく会えたんやし、一緒にご飯でも食べに行かない?」とお誘いの言葉を頂きました。そこで、Mさんと私双方が会える場所として品川でお会いしました。

 食事の席でMさんと久々にじっくり談話できましたが、とても良い時間を過ごせました。

 最初にMさんとは大崎上島の方々のことについて、いろいろな話をしました。お世話になったNさんや地元の農家さんのこと。今年の長期滞在中には知らなかった話題もあり、私は聴いていて驚きました。島の皆さんは、私が去っても私のことを覚えていてくれて、そのことに感謝の気持ちが湧いてきました。

 今回の談話で特に印象深かったのは、Mさんから現在の私に向けた人生のアドバイス。

 「(バイトしながら)動いた方がええ。動かないでいても、ろくなことがない」
 「皆のためよりも、まずは自分のためにやってみて」

 などなど。Mさんのお言葉には温かいメッセージを感じるものばかりでした。私は物事を考えすぎて立ち止まってしまう悪い癖があるので、Mさんのお言葉に一歩踏み出せるように背中を押してもらえました。それぐらいMさんのお言葉は心に強く響くものばかりでした。

 今回の談話は楽しかったというのもありますが、やはり上述の事柄で勇気・元気をより一層もらったというのが一番大きかったです。それだけMさんからもらったお言葉が、私の思考や想いにポジティブな影響を与えてくださいました。しばし談話を楽しんだ後、Mさんとは品川駅にて別れました。

 Mさんと再びお会いできて本当に良かったです。このご縁を今後も大切にしていきたい。


地方の島移住促進イベント『アイランダー2016』に参加してきました

 昨日、大崎上島シェアハウス「Chikara」の家主である松本さんからSNSで、東京池袋で開催される地方の島への移住促進イベント『アイランダー2016』の参加へのお誘いがあり、さっそく今日行ってきました。



 場所は東京の池袋にあるサンシャインシティ。そこの文化会館でイベントは開催されています。会場は多くのお客さんでにぎわっており、ブースでは日本各地のさまざまな島からいらしたスタッフの方々が移住促進のためのPRをしていました。

アイランダー2016

 私はさっそく大崎上島のブースに向かうと、松本さんより先にMさん(大崎上島で一緒に生活をともにした方)が私のことに気づいてくれて「CHAGEAS-FANくーん!!」と大きな声で呼んでくれました。私もMさんも、お互いに来ることは知らなかったので、あまりに驚き、そして再会できた歓喜でその場でハグしました。

 松本さんにもその場で再会でき、会場のブースでしばらく会話を楽しみました。

 数分後にはステージで各島をPRするイベントがあり、私もそれを拝見させて頂きました。松本さんとMさんが話す島の魅力や実情について、「私にもあったなあ…」「それあるある!」と思える内容で、聴いていてとても懐かしい気持ちでいっぱいでした。

  『アイランダー2016』では、他の島の方々も大々的にPRしており、島の特産品の販売も行われています。大崎上島では、来訪してくださった方に、大崎上島産のレモンをプレゼントしています。私もMさんから頂いたのですが、このレモンを栽培したのは農家のIさん(仮名)。私もMさんもお手伝いさせて頂き、お世話になった農家さんです。「このレモンって、もしかしてIさんの?」と聞くと、なんとピッタリ的中しました。

 他のブースもちらりと観てきましたが、私にとって一番のじっくるくる島はやはり大崎上島です。Mさんからは「大崎上島は、CHAGEAS-FAN君が帰れる第二の場所(ふるさと)」と仰ってくださいました。お別れの際には、松本さんとMさんにそれぞれ記念撮影と握手をしてもらいました。久々に大崎上島の方々と出会えて、とても良かったです。

 『アイランダー2016』は、明日の27日まで開催しています。地方の島への移住に興味がある方は、ぜひ足を運んでみてください。


若者ハローワークの「ジョブクラブ」に参加します

 東京で11月で初雪という寒い日の昨日、私は渋谷にある東京若者ハローワーク(以下:若ハロ)に行ってきました。行ってきた理由は、若ハロで開催されているジョブクラブに参加の手続きをするためです。今回参加するのは、12月中の第8期ジョブクラブです。

 ジョブクラブとは、週3日の2週分、計6回分行われるセミナーです。若ハロで定期的に行われており、新卒求職者以外の若者を対象にした就活セミナーです。詳しくは↓の公式サイトのリンクをチェック!



 ジョブクラブに参加しようと考えた理由は主に↓の3つ。

1.現時点で目指そうとしている就活の方向性の再確認。
2.就活における仲間づくり。
3.就活に対するモチベーションアップ。



 1番目は、私が就活において現在目指している選択肢である製造業・倉庫業・Webデザイン・統計調査に対する再検証といったところ。ここ最近の製造業という選択肢については「本当にこのまま目指していいのだろうか?」という疑問が湧いています。そうしたこともあり、今回のジョブクラブでそれらの選択肢に対する認識について、あらためて考え直そうとする所存です。選択肢の内容や優先順位について、現状維持なのか、新しく変えるのかを今回のジョブクラブの参加で検証します。

 2番目は、今後の就活を孤独なレースにしないための仲間づくりです。やはり一人での就活はしんどいので、誰かと数人で組んで就活を進めていければ、就活のモチベーションにも大きく影響します。過去のジョブクラブ参加者も、参加後に親しい関係になって、無事就職の合格をつかんだ方もいると聞きます。それだけ仲間の存在は大きいので、可能であれば仲間のネットワークも構築したいところ。

 3番目は、文字通り就活のモチベーションのこと。ここ数日はコレといった求人も無かったので、応募すらもできず、就活が足踏み状態でした。その現状を打開すべく、今回のジョブクラブへの参加を決めました。現時点では応募している企業も特にないので、1・2番のことをやりとげるためにもジョブクラブに専念しようと考えています。

 これらのことはサポステの方との相談で決まりました。相談の前に、私自身がジョブクラブへの参加を検討していたので、サポステの方からジョブクラブ参加への提案があった時は、お互いの意見がピッタリと合致しました。そうしたこともあり、まさに今回のジョブクラブの参加は今の私に必要不可欠な要素ということでドンピシャでした。


 就活そのものは今後も続けていきますが、メインはこのジョブクラブを中心に活動していきます。良い結果が出るように希望をもって、参加したいと思います。それでは、今日はこの辺で。