『アサシン クリード』



 久々に映画の話題でも。

 UBIソフトから発売されている大ヒットゲームであるアサシンクリードシリーズの実写映画化。ストーリーはゲームとリンクするようにオリジナルの展開になっているらしく、シリーズのファン向けに楽しめる作品。

 私、アサシンクリードシリーズは大好きで今現在PS3で出ている全作品とPSPの作品はプレイ済み。1からずっとプレイしたので、今作は非常に楽しみにしておりました。先週、地元のTSUTAYAでレンタルブルーレイを借りられる機会があったので、早速借りて鑑賞しました。

 で、観終えた感想ですが、「まあ普通かなあ…」という感じです。以下はシリーズをプレイされた方・楽しんだ方のみに分かるように書いているので、ご了承ください。

 今作はゲームと違い、現代編のシーンが多く、アニムスを用いて過去に遡る過去編(シンクロのシーン)は短めになっています。その代わり、現代編と過去編とのリンクするところは非常に密接した映像表現となっており、そこはゲームとは違った表現がされています。

 過去編はハラハラドキドキするアクションシーンが多く、パルクールを基本とした移動シーンもあり、非常に楽しめました。

 ですが、全体的に退屈に感じる部分もあり、終始楽しんで見入っていられるかというと、そうでもないです。LINE着信などでスマホをいじりながら映画を観てしまうなど、集中できないところもありました。

 とはいえ、駄作と言うほどの悪い作品では決してなく、むしろアサシンクリードファンなら観ておいて損はしない内容。パルクールを活かしたアクションシーンは見事でしたし、今作で登場したアニムスによる現代編との絡みも、ゲームにはない表現があって非常に楽しめます。


 シリーズファンなら楽しめる映画です。今作の世界観や世界設定は、ゲームをやっていないと分からない部分も多いので、シリーズをプレイしていない方はあまり楽しめないのが難点。

 アサシンクリードが好きな方、ぜひ今作をご覧あれ。


映画『アサシン クリード』オフィシャルサイト


スポンサーサイト

『デス・レース2000年』

デス・レース2000年 HDニューマスター/轢殺エディション(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]デス・レース2000年 HDニューマスター/轢殺エディション(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
(2014/08/06)
デヴィッド・キャラダイン、シルヴェスタ-・スタローン 他

商品詳細を見る

 1975年にアメリカで放映されたレース映画。私が以前観た『デス・レース』は、今作をリメイクしたもので、今作はそのオリジナル。

 内容は西暦2000年の(当時において)未来のアメリカで、国民の熱狂的娯楽となっているレース番組の「デス・レース」にて、登場人物たちの活躍や多彩なカーアクションなどを描いた映画。

 昔の人々が描いた西暦2000年ですので、スタート会場があるニューヨークは(書き割りですが)コテコテの未来都市。登場するレースカーも現実離れしたものばかり。デス・レースでは、スタート地点であるニューヨークから、ゴール地点であるロサンゼルスを目指すアメリカ横断レース。道中で人を轢き殺すことで特典が入り、「いかに速く走り、いかに人を多く殺すか」がレースを優勝するルールとなっています。

 出演者には、当時まだ無名だったシルベスタ・スタローンさんが、主人公のライバル役として出演しています。ちなみに、今作の1年後に放映された映画『ロッキー』にて、彼は有名になります。


 で、観終えた感想ですが、(良い意味で)ぶっとんだB級映画として面白い。

 というのも、いろんなところが昔のB級映画にあるようなコテコテの設定や演出が多いんですよ。ものすごくチャチなセットや車のデザイン。当時のアメリカ人にありそうなレトロなファッション。「こんなんでいいのか?」と突っ込みたくなるような演出とオチ。B級映画にありがちな妖艶な女性の濡れ場。どれを取ってもB級感丸出しですが、そこがかえって味を感じてしまうのは御愛嬌。

 『チキチキマシーン猛レース』や『マッハGoGoGo』のようなレース作品の世界観を超えるような、ぶっとんだ感じが良いです。

 しかし、登場人物たちの恋愛なり対決なりのやり取りの部分は、グダグダした感じであまりパッとしません。「こんなシーンを入れるなら、もっとカーアクションのシーンを入れてほしかった…」と、観ていて思ってしまうくらい、少々飽きやすい。


 B級映画ではありますが、未だにカルト的な人気があると言われる今作。レトロ映画を楽しみたい方には、ぜひオススメ。

 ただ、かなり猟奇的でグロテスクな表現が目立つので、苦手な方は遠慮した方が良いです。


<参考>
最低映画館「デス・レース2000年」


『鬼に訊け』

鬼に訊け -宮大工 西岡常一の遺言- [DVD]鬼に訊け -宮大工 西岡常一の遺言- [DVD]
(2012/08/31)
西岡常一、西岡太郎 他

商品詳細を見る

 前回紹介した『男はつらいよ』と同じ、こちらも共育学舎で観た映画。副題は「宮大工 西岡常一の遺言」。

 本作は法隆寺などの歴史的建造物の修繕などに尽力を注いだ宮大工である西岡常一の生き様や思想について追ったドキュメンタリー映画。三枝さんは西岡常一の生き様や思想に大変興味をお持ちで、本作はわざわざ三枝さんがDVDを購入して、たびたび皆の前で上映していました。


 西岡常一は宮大工の家系に生まれ、厳格な祖父のもとで宮大工の技術や心構えを学んできました。この祖父の教育が彼の人生の根本的な思想や価値観の形成に大きく関わっているといいます。

 本作はまだ西岡が存命していた時期にインタビューした映像を編集し、新たに構築したもの。ちなみに、西岡自身は1995年に亡くなっています。

 西岡常一がする宮大工の仕事は、素材の性質を知るために自分自身で材木を選び、古来の伝統道具を用いて古来独自の技術で建築を行う、というもの。薬師寺再建の際には、それに適した材木を探すべく台湾まで渡り、台湾の山々にある木々を自らの経験と感性をもとに材木を選定しました。また再建工事では建立当時の製法にならうために、現在では廃れてしまった槍鉋などの伝統工具を復活させました。

 そうした伝統的な工法で作業をするため、法隆寺などで行われた再建工事では、工事のやり方で学者たちとかなり対立したといわれています。柱にコンクリートを流し込むことで強度を上げる学者たちのやり方に対し、西岡は素材の性質を知ったうえで現代の工法よりも長期的に耐性を保てる伝統的なやり方を強く主張。単に理論だけではなく、技術や感性、経験などに照らし合わせて、西岡は伝統的なやり方で作業することを貫き通したのです。

 西岡は、伝統技術を継承するための弟子の育成にも力を注ぎました。弟子に対しても厳しく接し、槍鉋などの伝統的工具や工法を使うことにこだわり、現代の工具や工法をあまり用いないやり方を伝授しました。この弟子の方々は、彼の死後もその技術を受け継ぎ、伝統的な工法による宮大工の仕事を現在も続けています。


 観終えた感想ですが、とても興味深い内容でした。基本的に西岡へのインタビューやナレーションによる説明が多く入るのですが、西岡の独特の感性と経験による宮大工の仕事や生き様は、これまで宮大工について知らなかった人でも思わず見入ってしまいます。

 なにより本作を観る三枝さん自身の考え方や価値観に、西岡のそれと通じるところがけっこうあるのが更に興味深いところ。自然の概念を理解したうえで素材選びを行うところや、仕事のない時に農業をやって自然の恵みに感謝するところなど、自然を理解しようとする姿勢は三枝さんと同じです。三枝さんも会話の中で田舎暮らしについて語る際、西岡の考え方や思想を引用して説明をしたりします。そうしたことから、三枝さん自身も西岡常一に何かしらの共感を抱いているのだと思います。

 日本人ならぜひ観ておきたい一作。大工仕事に興味がある方はぜひ。


『鬼に訊け』公式サイト


『男はつらいよ』

松竹 寅さんキャンペーン 男はつらいよ [DVD]松竹 寅さんキャンペーン 男はつらいよ [DVD]
(2014/07/25)
渥美清、倍賞千恵子 他

商品詳細を見る

 4月の半ばに共育学舎で観た国民的映画『男はつらいよシリーズ』の記念すべき第1作目。渥美清さん主演で、監督は山田洋次さん。

 食事の談話で映画の話題になった際に、『男はつらいよ』の話題が出て、後々三枝さんがツタヤに行ってきてまで借りてきた映画。ひきこもり名人の勝山実さん曰く「人生の教科書」と言うべき、名作なのだとか。私は名前しか知らなかったので、皆で一緒に観させていただきました。


 『男はつらいよ』は、主人公であるとらさんこと車虎次郎が生まれ故郷の葛飾柴又に帰ってきては、どんちゃん騒ぎを起こしたり恋に落ちたりと、笑いと涙ある人情活劇を描いたシリーズです。

 とらさんは、葛飾柴又にある団子屋さんの二男坊として生まれましたが、少年時代に父親と大喧嘩して家を出奔し、それから20年後に実家に帰って来ました。妹さくらの縁談で下世話な話をしたり、さくらに恋した青年と決闘したり、少年時代の幼馴染の女性と恋に落ちたりと、故郷に帰ってきてからも話題に事欠きません。

 ですが、さくらの縁談が自分のせいでご破算になったり、失恋したりすると、ふらりと旅へ出てしまいます。フーテンの字のごとく、ぶらりと旅に出ては帰って来る。それがとらさんの生き方であります。


 観終えた感想ですが、とても面白かったです。いろいろ面白く感じる要素はあるのですが、個人的に大変興味深かったのは、的屋稼業で生きるとらさんの生き方そのものでした。

 定職に就かずぶらぶらしながら生きるというのは、平成の現在ではとてもしづらくなってきています。とらさんの時代は、まだ十分な法制度もなかった時代ですが、彼のような生き方で日々生きていくことができる時代でもあったことでしょう。そうした生き方の選択肢があることは、現在生きる私たちにとっても多種多様な選択肢になると思います。

 『男はつらいよ』というと古臭く感じる感じるかもしれませんが、若い方にもぜひ観てもらいたい作品。オススメです。


『男はつらいよ』公式サイト


『ドラゴンボールZ 神と神』

ドラゴンボールZ 神と神 [DVD]ドラゴンボールZ 神と神 [DVD]
(2013/09/13)
野沢雅子

商品詳細を見る

 ツタヤでレンタル落ちになっていたので、借りて観ました。

 今作のストーリーは、Z最終話からGTが始まるまでの間とされています。悟空は大人のままだし、悟天とトランクスは、まだ小さい頃のまま。

 今作の敵は、ビルスという破壊の神。エジプト神話の神みたいなデザインです。

 観終えた感想ですが、面白くなかった…。

 全体的にギャグな展開のノリばかりで、バトルの展開があまり目立たなかった。ビルスはボケるわ、ベジータがプライドを捨てて踊るわ、悟飯は酔ってグレートサイヤマンになるわで、バトルものを期待していた自分には、ガッカリ。

 今作で悟空が覚醒する「スーパーサイヤ人ゴッド」というのも、あまり強そうじゃなかった(『ドラゴンボールAF』のスーパーサイヤ人5やスーパーサイヤ人10の方が盛りあがったくらい)。

 演出にはCGがふんだんに使われていましたが、違和感あるなぁ…。ドラゴンボールのアニメは、今までのセル画の質感で慣れ親しんでいたから、「ドラゴンボールにCGは合わないな」と正直感じてしまう(ゲームは別)。

 ビルスの声優は、山ちゃんこと山寺宏一さん。やっぱり山寺さんの演技は上手い! 本編そっちのけで、彼の演技に見入っていたほど。


 とりあえず、あまり言うことはないな…。ハリウッドの実写版に比べたらマシだけど、今までの劇場版と比べても、あまり面白さを感じないのが本音。


『ドラゴンボールZ 神と神』公式サイト