欧米のディスカッション・ディベート

 以前紹介した本、『幸福途上国ニッポン』にて、ディスカッションやディベートに関する話題が出てくる。ディスカッションやディベートの効用は、お互いの意見をぶつけ合うことで、良いアイディアが生まれたり、新しい発見が出来たりする。

 日本人は確かにディスカッションやディベートはあまりやらない。学校教育の場でやっても、バンバン発言する人とそうでない人とに分かれてしまい、活気がない。また、平等という名の「和」の精神から、ディスカッションやディベートはおろか、相手との意見交換や指摘までダメとする場合もある。もっとひどいのになると、「根性がないからそんな文句を言うんだろ!」の一点張りで、相手を黙らせることしか眼中になかったりする。

 『幸福途上国ニッポン』の著者である目黒雅昭さんのディベートやディスカッションに関する経験で、以下のような文がある。

 私の個人的な経験でも、欧米では日常から社会問題を語る機会がとても多い。学生から社会人まで、職業も関係なく、人々はいろいろな分野で深く掘り下げた対話をよくしている。それはランチの席上や夕食で、時には数時間にもわたって、たとえば「移民を受け入れるべきか」について侃々諤々と議論することもある。
 真っ向から対立する意見には声を荒げることもあるが、それはすべてコミュニケーションの一部であり、意見の対立で人間関係が悪化することはない。そういった議論のすすめかたを、学生時代から授業なども含めて学んでいる。そこで友人や同僚とも、気軽に政治や社会問題についての意見交換が頻繁になされている。


 私の周りの友人でも、政治や経済などの社会情勢に関する話題について、気軽に語り合える人がほとんどいない。たいていの人に「○○について、どう思う?」と聞いても、相手は大して答えが出ない。というのも、そうした話題について興味があったり、普段から読書などでそれらの情報に触れている人自体があまりいないからだろう。
 (読書をしている人ですら、私の周りにはなかなかいない)


 欧米の大学でのディスカッションやディベートがどんなものなか、外国の大学に赴いた経験がある大学の先生に伺ってみた。

 日本人からすると、ディスカッションやディベートは理論武装で相手の意見を押し潰して、自分の意見を押し通すイメージが強いといわれる。しかし先生の話では、ディスカッションやディベートというのは、私たちが想像しているほど、決してギスギスしたものではないという。

 ディスカッションやディベートでの意見や対話は、「××したら、とても面白い結果が出ているよ」「△△の情報がとてもいいものだから、調べてみて」といった、とても建設的なものだという。もちろん、よほど荒唐無稽なことを言ったり、相手との意見が違う場合にはそれを明確に伝えるが、基本的にはポジティブなイメージだ。

 教育の場でも日本とは異なる。アメリカでは、大学の授業でディスカッション専門の授業があり、そこで学生たちがさまざまな議論をするという。イギリスの大学では、ディスカッション専門の授業はないものの、教員が自分の研究室に学生を集めて、そこでディスカッションをさせるという。


 私は口下手なのでディスカッションやディベートが上手くないものの、やはり気軽にしてみたいと感じる。普段読書などを通じてさまざまな知識を得ていると、自分の意見も持つようになるし、それを他者に話して、いろいろと意見交換もしたくなるからだ。友人とそうした話をするのはとても楽しいし、その場でわからないことや深く掘り下げて知りたいことも聞ける。他者とのコミュニケーションとしては楽しいし、アウトプットの手段の一つとしても有効だ。

 気軽なディスカッションやディベートが日本でも容認されるようになれば、経済や社会事情などのお堅い話題について知ることが楽しくなるかもしれない。経済や社会事情を深く知るための方法として、実践するのはいかがだろう?


スポンサーサイト

寒くて、眠い…

 10月でも暑い日がありましたが、ここ最近は涼しすぎて、逆に冷えてきました。そのせいか、おなかの調子が悪く、トイレを往復する日が出ています。毎日市販の整腸剤を飲んでいますが、効き目は半々です。

 それと同時に、朝の冷え込みでなかなか布団から出られません。眠いのに外へ出なければならない。個人的に冬の時期の生活で一番つらいところです。最近昼夜逆転に近い自堕落な生活が続いている自分にとって、これは本当につらい。何とか直さねば…。


『幸福途上国ニッポン』

幸福途上国ニッポン 新しい国に生まれかわるための提言幸福途上国ニッポン 新しい国に生まれかわるための提言
(2011/06/24)
目崎 雅昭

商品詳細を見る

 城繁幸さんのブログにて紹介されていた本。副題は『新しい国に生まれ変わるための提言』。城さんの記事を読んでみて興味がわいたので、私もさっそく買って読んでみました。

 本書では、日本人には低いとされている「幸福度」について、さまざまな見解や調査資料をもとに、日本人がもっと幸福になれる提言が書かれています。本書の著者である目崎雅昭さんは世界100カ国以上へ10年近く旅をしていたといい、タリバン政権時のアフガンへも訪問したことがあるというほどの経歴の持ち主。

 日本は世界の国々の中でも、物質的にも制度的にも豊かな先進国の一つであるのに、幸福度は1958年から2000年まで生活満足度はほとんど変化していないといいます。戦後GDPはアメリカに次ぐ第2位の経済大国(現在は中国に抜かれ第3位)にもなった日本ですが、国民の幸福度は諸外国(欧米はおろか、日本よりも恵まれていない一部の発展途上国にすら)に比べても低いです。

 日本の幸福度の低さは、毎年3万人の自殺者数や長引く不況によるデフレなどで、「幸せじゃない」と実感する方も多いかともいます。しかし、本書の指摘では日本人の幸福度は1950年代からあまり変わっていないのが事実です。

 本書以外にも、橘玲さんが取り上げている、アメリカの労働者と日本の労働者との仕事の満足度について日米比較された調査事例があります。橘さんの公式サイトに詳細がアップされていますが、ご覧いただければ分かる通り、1980年代のバブル経済で日本が絶好調だった時期でも、日本の労働者は自分たちの仕事に対してあまり満足していませんでした(逆に日米貿易摩擦で不況だったアメリカでは、労働者の仕事に対する満足度は高いものになっていました)。

 本書の内容は、まず幸福度について、「幸福な国の条件」や「世界の幸福事情」などを調査。次に「日本人の幸福度がなぜ低いのか」を分析し、さまざまな学術的見解から幸せの定義を模索。最終的に「どうしたら日本は幸せな国になれるのか」を考え、幸せになれる著者の提言をまとめています。

 「幸福」という概念自体、とても抽象的で考察するのがとても難しいのですが、著者は自身の経験・体験や、文化・心理などに関する理論・資料にもとづいて、公正でわかりやすい考察を行っています。著者の体験や取り扱う資料の中には、日本人は知らない面白い事実があったりするので、驚きました。


 読み終えた感想ですが、大変素晴らしい本でした。事前に知っておかなくてはならない予備知識も必要なく、論説もわかりやすいので読みやすいです。閉塞感ただよう現在の日本において、是非読んでおきたい本。オススメです。


目崎雅昭オフィシャルサイト


貧乏人は勉強しない

 こちらのサイトで貧乏人の共通点について書かれている。こうした話題はメンタル面が原因として書かれていたりするので、抽象的で信憑性が薄かったりする。

 ただ、共通点の一つである「貧乏人は勉強しない」の詳細に、「とにかく本を読まない」という記述について、納得できる資料があったので、今回はその資料を取り上げる。ここでは読書を勉強の一環として書いていく。


 橘玲さんの著書『大震災の後で人生について語るということ』の中で、以下のような記述がある。

 日本列島には約一億二○○○万人が暮らしていて、乳幼児を除けばほぼ全員が読み書きできます。しかし出版業界ではながらく、「本を読むのは人口の一○パーセント」といわれてきました。読書調査では月に一冊も本を読まないひとが約五割とされていますが、残りのひとたちが文芸書や専門書、ビジネス書などを読んでいるわけではありません。有り体にいってしまえば、こうした本を読むには一定程度のリテラシーが必要になるのです。


 文芸書や専門書などは誰が読んでも理解できるようなものではない。「一定程度のリテラシー」とあるように、ある程度それらの物事に関連した知識や考え方を持った人ではないと、なかなか読めるものではない。

 ある程度それらの物事に関連した知識や考え方を持つには、当たり前だが、普段からそれらについて勉強している人でないと持てない。当然勉強している人は、それらについて興味や関心ある人でないとできない。

 専門的な知識やスキルに特化した人のことをスペシャリストという(弁護士や会計士、医者など)。今後拡大していくグローバルな社会でのサラリーマンは、2割のスペシャリストと8割のバックオフィス(マニュアル化された労働のこと)に分かれるという。経済的に社会的に高い地位につけるのもスペシャリストになる。

 スペシャリストのような仕事に就く人は普段から読書でも何でも勉強して、日々自分のスキルを磨いている。そうでない仕事についている人は、残念ながらそうしたことをしていないのが現状だろう。

 もっと問題なのは、勉強もろくにしない人間が俗流じみた考えで、自分自身に取り巻く不満を富裕層や社会的弱者にぶつけることだ。特に日本の場合、「根性がない!」だの「安定のために大企業に就職する」だの「お金がないのは金持ちのせいだ!」といった発言ばかりする人は、読書をろくにしていない(勉強していない)証拠だと言わざるを得ない。

 本当に読書しているのなら、そんなわけのわからない俗流じみた妄言は無意味だと学ぶはずだ。そうした妄言を信じたままスペシャリストの恩恵を受けようと考えるのは、夢のまた夢だろう。


 橘玲さんも言うように、読書をしている日本人は少ない。たとえ読書の効用に気づかなくとも、スペシャリストなど社会的・経済的に強い立場に回ることが有利だと気づけば、おのずと勉強に対する意欲もわくはずだ。そこまでいけば、俗流じみた妄言なんてキレイさっぱり忘れるだろう。


いよいよ消費税が値上げされるか?

 昨日の読売新聞にて、消費税値上げの記事が気になったので、ほんの少し取り上げる。以下はその記事の内容を一部引用したもの。

【消費税上げ G20で公約】
 仏カンヌで11月3~4日に開かれる主要20か国・地域(G20)首脳会議で採択される国際経済の不均衡是正に向けた行動計画(カンヌ・アクションプラン)の骨子案が19日、分かった。日米欧の先進国は財政再建に向けた具体策をそれぞれ盛り込み、中国などの新興国には外貨準備の抑圧や内需拡大などを求める。日本は2010年代半ばまでの消費税の引き上げ方針を明記して国際公約とする。

 <中略>

 日本の公的債務残高は対国内総生産(GDP)比で約200%とギリシャより悪く、先進国で最悪だ。日本は、景気に配慮しながらも、社会保障と税の一体改革を着実に進めて10年代半ばまでの消費税率引き上げ方針を行動計画に明記することで、財政悪化に歯止めをかける決意をする。
 <読売新聞 10月20日木曜日 朝刊 1面>


 数日前にも同紙で「消費税が10%になるかもしれない」という記事が書かれた。日本の財政悪化に歯止めがかからない以上、増税はやむを得ない。特に消費税は、誰からでも公正(平等)にお金を徴収することができる税のシステムだから、どの国家にとっても大助かりのシステムだ。さらに今回の増税は、諸外国へ向けた公約。国家の威信をかけた重大な政策になりそうだ。

 とはいっても、国民は増税に賛成しないだろう。「ただでさえ生活に苦しいのに、増税なんかするな!」「天下りの廃止や無駄な公共事業の削減で、政府の金なんぞもっと引き出せるだろうが!」といった罵詈雑言が出てきそうだ。彼らの声を無視してまで、政府が増税に乗り出したら、日本でも現在のNY並みのデモ活動が起きるかもしれない。

 私はこの増税が本当に良いものかどうかはわからない。ただ、増税するにしろしないにしろ、現在の日本の状況を解決するためには日本全体が腹をくくって問題解決に取り組まなければならないことは確かだ。私は来たる日に備えて、経済的・合理的な知識を身につけることに精を出していきたい。