ジコチューと責任の関係

 橘玲さんの公式サイト記載の文章で、大変興味深い文章がある。「ジコチューはどこで失敗するのか?」という記事で、田中真紀子文部科学相の新設大学認定の無責任な発言から、ジコチューな人間がリスクを正しく評価できないという理論について述べている。

 「独断でものごとを決め、ひとの意見に耳を貸さず、自分の失敗を反省せず、部下に責任を押しつける」という、ジコチューな人間の典型的な行動に、憤りを感じる人もいるだろう。特に無責任という態度は、近代の自由の概念において、「責任のないところに自由はない」という近代以降の自由の概念の基本的な事柄をまったく理解できない(理解してない)という証拠である。自由を考える人や求めている人にとって、不快極まりない言動である。

私たちは、自分の言動を客観的に見ることができません。しかしそれでも、相手がどう思うだろうかとか、世間から批判されないだろうかとか、あれこれ思い悩みます。この仮想体験(シミュレーション)が、こころの機能です。

このシミュレーションがあまりに過剰だと、考えすぎてなにも行動できなくなり、引きこもりやうつ病になってしまいます。その反対にシミュレーション機能が働かないと、相手の反応をまったく予測せずに行動してしまいます。“暴走大臣”はこの典型です。



 確かに私たちは自分の言動を客観的に見ることができない。とはいえ、生きていくうえで何か問題に直面したり、名に物事を始めたり行っている中で、「もっと物事を良くすることはできないか?」「今の状況を打開できる手はないか?」と自分自身に向けた問題解決や行動意識が高まる。人がジコチューになるか否かについては、そうした着眼点にいかに気づくかが大きなポイントになる。

ただしこの欠点は、他人がどれほど注意しても直りません。主観的には暴走しているつもりなどまったくなく、自分は正しいことをしているのに、周囲の無理解によって理不尽に批判されていると感じられるからです。その意味では、「いい宣伝になった」という発言は彼女の素直な気持ちを表わしています。



 橘玲さんの言うように、ジコチューな人格というのは他人がとやかく言って改善できるものではない。当人の生まれながらの性格という要因もあるが、少しでも改善したいならば、やはり本人の意識や考え方によるところが大きいだろう。それに当人はリスクに対する正しい評価ができないという非常に恐ろしい要素がある。

 リスクを正しく評価できないということは、そのリスクに対する自己責任やコストの計算ができないということであるから、問題が起きれば事態の収拾がつきづらくなるのは明白である。


 「やればできる」という自己啓発などで、ジコチューを改善できるのはほぼ不可能だ(そんなことが可能ならば、ジコチューに対する問題はとっくのとうに改善されている)。では私たちにとって、大切なことはいったい何なのか?

 申し訳ないが、私は聖職者でも教育者でもないため、確実にコレといえることはない。ただ、必要最低限言えることは、普段から読書などでさまざまな知識を身につけ、自分に関わるリスクや問題に備え、対処することだ。そうしたことを何一つしようとせず、稼いだ金を無駄に浪費し、その責任を金持ちバッシングをもって転嫁しようなどもってのほかである。

 責任という事実を認識したうえで、行動すればかなり自分の言動に対する客観的な評価ができるようになる。「責任のないところに自由はない」という事実に変わりはないのだから、思いきって意識して行動してみると、無意味な不安や嫉妬は徐々になくなっていくだろう。何より私がそれを身をもって実践してみたのだから。


スポンサーサイト

『ハリー・ポッターと賢者の石』レビュー

ハリー・ポッターと賢者の石ハリー・ポッターと賢者の石
(2001/12/01)
PlayStation

商品詳細を見る

 以前「『ハリー・ポッターと賢者の石』をプレイしたい」と書いたので、3日前にブックオフで105円で売られていたPS版を購入してプレイ。そのレビューを今回ザックバランに書いていきます。「概要」「レビュー」「総評」という順で、文章を書いていきます。最後にPSmk2で採用されている採点方式で、点数を出します。

 今回の記事は、私自身がハリーポッターシリーズを知っていることを踏まえて書いています。ハリーポッターシリーズについて不明な点がある方は、映画を観賞するか、Wikipediaなどで調べるなどして、知識を知ったうえで読むことをオススメします。ご了承ください。


【概要】

 『ハリー・ポッターシリーズ』はご存知世界的に大ヒットし、映画化もされた児童向けの長編ファンタジー小説。今作は、シリーズ第一作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』をゲーム化したもの。

 2001年にプレイステーション(以下:PS)版・ゲームボーイカラー(以下:GBC)版、ゲームボーイアドバンス(以下:GBA)版が発売。2004年には、プレイステーション2版、ゲームキューブ版、PC版でそれぞれリメイクされています。販売した会社はすべてエレクロニック・アーツが行いましたが、開発会社はハードによって異なります。今回私がプレイしたのはPS版。

 ゲームのジャンルはアクション。学園内のトラップをうまくかわしたり、ボスと対決して、ストーリーを進めていきます。トラップの中には、謎解きの要素もあるので、アドベンチャーとしての側面もあります。

 ストーリーは基本的に『賢者の石』に沿って進んでいきますが、いくつかのステージやトラップの中には、原作(少なくとも映画)にはなかった展開もあります(原作を読んでないので、なんとも言いようがないのですが)。ムービーはなく、一部のシーンでは本の挿絵とナレーションによる説明で、物語が進んでいきます(別の言葉で言うと、「紙芝居」のような演出)。授業のシーンなどは、音ゲーなどのミニゲームで構成されています。


【レビュー】

 この手のゲームは知っている方もいらっしゃると思いますが、いわゆるキャラゲーです。ゲームオリジナルじゃない別のメディア作品を売りにしたゲームなので、巷のゲームソフトに比べると作り込みが劣る可能性が高いです。今作はその可能性に見事ハマってしまった一品。


 まずグラフィックが全体的に粗め。特にキャラクターの顔が粗く、ヒロインのハーマイオニー・グレンジャーや、主人公のライバルであるドラコ・マルフォイなどはブサイクな顔立ちに。「PSだから仕方ない」としても、2001年のPS末期の作品なのだから、もう少しマシな造りにできたはず。

 また、操作性もかなり難がある出来に。子ども向けにも分かりやすくしようとしたのかジャンプは、十字キーをずっと押し続けて端まで走れば自動的にジャンプしてくれます。しかし、これだとジャンプで降りたくない高い場所では、誤ってジャンプしてしまうため、着地した際にダメージを受けてしまいます。

 ホウキの操作も少々感度が悪く、アナログスティックでは細かい調整が難しいため、十字キーによる操作に切り換えるのですが、それでも感度が悪い。そのため、ストーリー中で何度か開催されるクィディッチの大会などのホウキに乗るイベントでは、少々イライラしてしまいます。イベントではスキップができないため、ゲームオーバーによるリトライ時には何度も同じシーンを見ることになります(会話はスキップできます)。

 舞台となるホグワーツ魔法学校のマップがないことも、プレイしてけっこう不満です。ストーリーを進めていくと「○○へ行こう!」と仲間から教えてもらうのですが、近場ならまだしも、結構離れた場所にあったりすると目的地を探すのに迷ってしまいます。ドアに近づくとそのドアの先は何の部屋なのかが表示されるので、それがせめてもの救い。

 難易度は操作性の難から、かえって難しくなっている印象があります。しかし、巷にあるアクションゲームに比べたら、全体的にそれほど難しいわけではありません。


 気になるストーリーですが、今作は映画にあった雰囲気はないです。まだ映画化されてなかった時の企画だったのか、今作の世界観は映画とは違うオリジナルの雰囲気で固められています。舞台となるホグワーツ魔法学校は映画にあったゴテゴテしたゴシック調の建物ではなく、シンプルな装飾の建物。ダークでギスギスした暗い雰囲気はあまりありません。

 「原作に忠実じゃない!」という意味ではファンから反感を喰らってしまいそうですが、私は逆に気になりませんでした。今作のパッケージのように、今作で描かれているキャラたちや世界観は、欧米の子ども向けのマンガや絵本のような感じです。これはこれで新鮮味があって逆に良いと感じます。逆にリアルな絵柄にしてしまうと、映画の二番煎じ(焼き増し)のようなかんじになってしまうので、かえって新鮮味が薄くなってしまう可能性があります。「原作にこんなシーンあったっけ?」という場面でも、そんなにアクの強い脚色が施されたものではないと感じたので、その辺も特に不満は感じませんでした。

 ちなみにクリア時間は約5時間。ボリュームはものすごく短いですが、上記の要素を考えると、これぐらいのプレイ時間が妥当かと。あまり長引かせても、だるくなる可能性が大きいので。


 ここまでは今作のネガティブなことを書いてきました。最後にポジティブなことを書いておくと、今作の音声は日本人声優が担当していますが、声優陣が豪華です。マニアックな情報ですが、実際にプレイして聴いてみると、意外に知っている声優さんばかりです。『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役の方ですとか、『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王役の方・フリーザ役の方・リクーム役の方ですとか、アーノルド・シュワルツネッガーさんの吹き替えの方ですとか、かなり有名な方がそろっています。


【総評】

 とりあえず、良くも悪くもキャラゲーです。だいそびれた出来ではないです。ハリーポッター好きなら、買ってもよいかと。


オリジナルティ:3
グラフィックス:2
サウンド:3
熱中度:2
満足度:3
快適さ:1
難易度:2

総合点:46


『ハリー・ポッターと賢者の石』PC版・PS版・GBC版・GBA版公式サイト
※音が出るの注意。


サポステの就活セミナー

 今月の13・16・20・23日はサポステで行わされた就活セミナーに参加してきました。

 就活セミナーといっても、「正社員だけを目指した就活」だけのセミナーというわけではなく、アルバイトや派遣社員などの非正規労働への就職を検討されている方々も参加OKのセミナーです。セミナー受講生は私を含めて6人。講師は普段サポステで面談をしてくださるスタッフの方が担当しました。

 セミナーの内容は、講師から出されたテーマに基づいたディスカッション、自己PRや志望動機の書き方、模擬面接などを行いました。これだけでは巷にある就活セミナーと変わりません。しかし、今回セミナーを受講して思ったのが、やはり6人という少人数で行う小規模単位の心地よさ。

 東京しごとセンターなどでも就活セミナーはありますが、人数は30~40と人数が多く、時間が足りません。そうなると、満足なディスカッションを行うのが難しいです。ですが、今回のセミナーではかなりこじんまりとした環境なので、お互いにディスカッションが自由にしやすく、私がこれまで受講してきた就活セミナーの中では、かなり居心地が良かったです。

 これが某人材派遣会社のセミナーとなると、ガミガミうるさい講師による過剰な自己啓発と社畜精神の注入ばかりで面白くないです。就活のセミナーはなるべく、東京仕事センターやサポステなどの公的機関が主催するものに参加した方が良さそう…。

 セミナー終了後は受講生同士で談話し、お互いの連絡先を交換。私はあまりこうした場で深い人間関係を持ったことがなかったので、いろいろな話ができました。サポステの就活セミナーに参加して良かった。


『働くことがイヤな人のための本』

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)
(2004/04)
中島 義道

商品詳細を見る

 ニートであるphaさんの本『ニートの歩き方』にて、phaさんオススメの書籍として紹介されていた本。タイトルからして、現在の私にピッタリな本(笑)。興味が湧いたので、ブックオフにて105円で売られていたものを買って、読んでみました。


 中島義道さんは、哲学者であり、自身の哲学の知識や考え方を通して、さまざまな著書を出版しています。自由な価値観やライフスタイルを持つ方・目指している方のブログで彼の名前をよく取り上げられるので、私は以前から彼の名前は知っていました。その中島さんの本を読むのが、本書が初。

 中島さんの哲学は、物事をネガティブな観点からしつこいぐらいに考え抜いて、ネガティブなりにも納得できる答えを出すという姿勢や考え方です。その対象は、本書では「就職・仕事」。仕事といえども、中島さんの独特の哲学節が閃きます。


 本書では、中島さんをメインに、働くことに悩む4人の人物との対話をしながら、仕事に対する答えを導きます。4人についてサラリと言うと、就職が怖くてひきこもりぎみの20代留年法学生Aさん、仕事や結婚に人生の意義を見出せないOLのBさん、働き盛りの年頃なのにふとこのまま働き続けることに疑問を持った40代サラリーマンのCさん、会社経営者として人生を歩みつつも若い頃の哲学に対する情熱が再び芽生えて迷う50代のDさん。ちなみに、彼らはあくまで架空の人物です。

 中島さん自身が働くことに対する強い疑問や恐怖を持っていたことがあり、対談の内容も、4人の心情に対する理解の共有できています。具体的なエピソードを挙げると、中島さんは、ずっと布団にこもって自問自答したり、受けるはずの面接を受けず山手線を延々と乗り回して自問自答したりしていたそうです。

 4人への対談は以下のような感じで進んでいきます。

C 私も、これまで仕事に生きがいを見つけたかったのですが、どうしても見つけられませんでした

 それはむしろ、あたりまえのことですよ。くよくよすることはない。そういうことを私は言いたいんだから。
 (中略)
 能力が劣っていたからではない。人格的にまずかったからでもない。ただ、さまざまな偶然や運によって、仕事をまっとうできなかったのである。これはごく自然のことなのに、理不尽なことに、こういう者の声がわれわれの耳に届くことはない。
 (中略)
 そして、たとえ自分のやりたいことが見つかったとしても、ほとんどの人はその分野でみずからの才能を開花することはできない。いや、たとえ開花したとしても、二流・三流の地位に甘んじて終える。このことは、ぜひ強調しておきたいことだ。誰でも知っていながら、誰もが知らないふりをする。ジャーナリズムを賑わせるのは、成功した一握りの人のみだ。その陰に膨大な数の成功しなかった人がいる。しかし、彼らもやはり自分の好きなことを見つけたんだ。それがさまざまな原因により、報われなかっただけなんだ。



 「皆が皆成功するわけじゃない」などの、ごく当り前なネガティブな理論や事実を中島さんなりに、4人に述べています。とはいえ、この4人にはやはりそれを受け入れられないもどかしさや恐れなどがあり、理解を共有するのが難しくなっています。


 読み終えた感想ですが、とても良い本でした。働くことに対する具体的なハウツーが書かれているわけではありませんが、仕事へのネガティブな心情をズバリと言い当てる中島さんの鋭い哲学の感性には、脱帽しました。特に20代のAさんとの対話では、思わず「これ、まさに今の自分が抱えている心情じゃないか!」とびっくりしてしまいました。

 橘玲さんの本などであった既知の考え方もいくつかありますが、働くことに何かしらつっかかることがある人は読んでみる価値があると思います。オススメです。



哲学塾カント(中島さん主宰の哲学塾)


『ビンタ本』

ビンタ本―IID世田谷ものづくり学校スクーリング・パッドの挑戦ビンタ本―IID世田谷ものづくり学校スクーリング・パッドの挑戦
(2006/11)
スクーリングパッド「ビンタ本」編集制作チーム

商品詳細を見る

 たまたま無料でもらった本。副題は「IID世田谷ものづくり学校 スクーリング・パッドの挑戦」。

 副題にある「スクーリング・パッド」とは、現場経験豊富な講師と互いの意見や創作を出す学生で行われる実践的・体験的学習を主とした教育システムです。それがおこなれている学校が、東京都世田谷区にあるIID世田谷ものつくり学校。校舎は統廃合で廃校になった公立学校の校舎を転用・改築して使用しており、教育機関や企業などの様々な団体や組織がIID世田谷ものつくり学校にオフィス・作業場を構えています。

 本書は、それらの教育機関や企業などの関係者が語った仕事や人生に対する教訓や考え方について、書かれています。本書は厚さが2cmもあるのですが、中身は写真やイラストが多く、文字が大きかったり、文章も短めだったりと、エッセイ本のような感じで読みやすい。


 では、本書の具体的な内容をザックリと紹介。

 教訓や考え方を語る方々は様々いて、人気パティシエの辻口博啓さんもいらっしゃいます。あまりに人数が多いので、ここでは私が印象に残ったものを引用(一部編集して)紹介。

【アイヴァン・ドレイクさん/デザイナー】
 「とんがっている」クギは、「ものすごい」とんがっている。ものすごい強いし、自分の信念は絶対曲げない。「Super Creative」と人はよく言うけれど、そういうプラスの面もあると思うんですよね。だからいくらでも打たれて、でもがんばってとんがっている。

【渡辺潤平さん/コピーライター】
 鈍っている暇があったら、決めちゃった方がいいんじゃないかな。どうせ決めなきゃならないことは、早く決めちゃった方がラクなことが多いと思います。今回の(事務所の)移籍も英断したつもりは全然なくて、何かを決めるときにはいつも、後悔の量が少ない方を選ぶようにしているんです。それがぼくの唯一の判断基準かな。

【本田隆二さん/実業家・講師】
 私にはもともと能力がなかったんだと思います。それを認めることが能力やったんです。そこから自分の「ココロのデザイン」がはじまりました。
 (中略)
 そして、自分の心をたのしく感じれるように「ココロのデザイン」をしてみました。失敗をおそれず、できないなら出来るまでやればいい。「何が問題なのか? ではなく、何をどう改善したい! かが重要なんだ」。



 本書の終わりの方にあるページに、スクーリング・パッドの学生のインタビューが掲載されています。高校を中退した方、家業の町工場の経営者、産休中に入学した方など、経歴はさまざま。こちらの方を読んでいると、「自分もやらなきゃな!」とポジティブになれます。


 読み終えた感想ですが、悪い本ではないものの、正直ちょっと微妙でした。この手の教訓本は、ガツガツした上昇志向の自己啓発にちかいものがあるため、内容が抽象的でピンとこないところがあります。以前紹介した伊藤洋志さんの『ナリワイをつくる』を読んだ後だと、そのピンと来なささが余計感じました。

 ただ、本書の終わりの方にあるページに、スクーリング・パッドの学生のインタビューはとても良かったです。本書の出版は2006年で、現在(2012年)から6年経っているので、彼らのその後がどうなったのか気になるところ。

 とりあえず、息抜きで軽くサクッと読んでみるにはちょうど良いかと。


IID世田谷ものづくり学校