大学生は遊ぶ金欲しさのアルバイトはすべきでない

 私がよく読んでいるブログサイト『脱社畜ブログ』にて、大変共感できる記事があったで、取り上げる。以下がその記事。


大学生のアルバイトは、親が高い金を出して買った時間を、安いレートで換金しているだけだ


 この記事で著者が言いたいのは、「せっかくの貴重な学生生活をアルバイトなんかに費やすな」ということだ。高い学費を払ってまで大学に通っているのに、学業そっちので遊ぶ金欲しさのアルバイトに手を出す。アルバイトの給金なんぞたかが知れているのに、それでも必死になって稼ごうとする。

そもそも、大学生がなんでアルバイトをすることができるか、考えたことがあるだろうか。それは、時間が余っているからだ。そして、この余っている時間は、無料で手に入れられるものではない。親が4年間分の学費を払い、さらには生活費まで仕送りをすることで手に入れた実に貴重な、高価な時間なのである。

そして、この時間をアルバイトにつぎ込むというのは、せっかく高いお金を出して買った時間を、1時間900円くらいの非常に安いレートで換金しているにすぎない。こんなに勿体無い話はないのではないか。



 学生生活の貴重な時間を僅かな遊ぶ金欲しさにアルバイトばかりするというのは、私も反対だ。大学生(特に文系)は確かに小中高に比べて拘束時間が短く、アルバイトに充てることもできなくもない。しかし、カネばかりかかる物事に手を出し、さらにアルバイトをして、学業をおろそかにする。最悪学生生活に支障をきたしてまで、アルバイト中心の生活を送る。

 私もちょっと前まで大学生だったので、(残念ながら)周りにこうした輩は何人かいたが、まったくもって馬鹿げているし腹立たしい。彼らと関わっていて一番うんざりしたのが、自分たちのやることに対する自己責任の意識の無さだ。

 自分自身がやった物事に対して「俺のせいじゃない、コイツが偉そうに命令したんだ!」「なんでこんなことを私がしなきゃいけないの!?」、自分の浪費癖を棚に上げて所持金が少ないと「俺にカネがないのは、金持ちのせいだ!」と叫ぶ。ハッキリ言って20歳過ぎた大学生の言動とは思えない馬鹿馬鹿しさだ

 そもそもこうしたカネをジャブジャブ使うような物事ばかりに手を出すことが問題であろう。お金を使わずに物事を楽しむ、人生を楽しむ方法なんていくらでもある。ましてや、大学生なら自分が通っている大学で興味がある学問の講義を聴いたり、先生と深くディスカッションするだけでも、かなり有意義な時間を送れる。こうしたことをまったくせず、カネ払ってしか楽しめない物事ばかり楽しんで、アルバイトばかりするなら、いっそのこそ大学を辞めて、払っている学費を全部遊ぶ金につぎ込んだ方が良い

 アルバイト経験は社会人経験のためにも必要だと言われるが、その効果は薄いという。

「アルバイトで得られるものは、お金だけではない」と反論する人もいるだろう。確かに、実際に労務を提供する側に立つことで、客の時には気が付かなかったことなどに気がついたりすることはあるだろう。しかし、所詮はアルバイトにやらせる仕事である以上、即座にそれだけで独立できるようなスキルや知識がつくことは考えがたい。飲み会で話のネタにするのがいいところである。
社会人の基礎を学べるとかいう人もいるが、そもそも「社会人の基礎」なんてものは定義のはっきりしない、非常に曖昧でぼんやりしたものだ。これが仮に集団生活のルールや人とのコミュニケーションのとり方を指すのであれば、アルバイト以外の手段でもこういう能力を身につけることはできる。自分を殺して会社に尽くすという社畜精神のことを指すのであれば、実際に就職してから嫌というほど学ばされるので、何も学生のうちから身に着けておく必要はない。



 個人的な話であるが、私は大学時代のアルバイトは1度やったのみ(学校職員の事務作業の補佐仕事)で、あとはまったくしなかった。カネをジャブジャブ使って遊び呆けるよりも、さっさと家に帰って、ゲームやるなり、本読むなり、昼寝するなりして、のんびりぐうたら過ごすのが好きだった。当時は親から2万円の小遣いをもらうだけで、後はたいしてカネを欲しいとも思わなかった(先ほどのアルバイト代も未だ手つかず)。アルバイトであくせく自分の時間と労力を払ってわずかな給金をもらうというのも、あまり良い印象がなかった。

 学業に支障をきたしてまでアルバイトして浪費を繰り返しのはもうやめにすべきだ。自分の生活に少しでも居心地の悪さや違和感を感じているなら、自分とお金の在り方を見つめ直し、自分の貴重な時間と労力を何に使うかじっくり考えるべきだろう。

 「うるせえな! そんなの俺の勝手だろ! おめえに口出しされたかねえよ!」

 確かに最終的にどうするかはあなた自身であるし、そこを強制するつもりはない。ただし、どんな行動をとるにせよ、自己責任であることを意識する必要がある。アルバイト代を浪費してお金がなくなろうが、大学で落第または留年しても、それは誰のせいでもない。それを「アイツが悪いんだ!」「金持ちが俺のカネを奪ったんだ!」と叫んでも、誰も振り向いてくれないし、物事は解決しない。

 大学生の中で、アルバイトばかりしている自分、浪費ばかりしている自分に違和感を感じたり、ポジティブな感情を持てないと感じたら、心落ち着かせてじっくりと考えてみてほしい。「それが本当に自分にとってためになっているのか?」「自分が満足してやっていることなのか?」と。もし、そうでないならば大学生活を通して、いろいろと行動を起こしてみるといい。本を読んだり、ネットで情報収集したり、大学の先生と相談したり…。そうしていくうちに自分にとって驚くような発見や情報がまい込むかもしれないからだ。

なんだかんだでネガティブな物事が叫ばれるこのご時世だからこそ、何かしら行動を起こして、ぜひ大学生活を有意義に送ってほしい。学生がそうしたことを少しでも行動してくれることを願ってやまない。


スポンサーサイト

『お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし』

お部屋も心もすっきりする持たない暮らしお部屋も心もすっきりする持たない暮らし
(2010/12/11)
金子 由紀子

商品詳細を見る

 妹が持っていた本。興味が湧いたので、借りて読んでみました。本書は、2006年に出版されたものを再編集し、文庫化したもの。


 本書はタイトルの通り、自分の家や自室にあるものを処分し、持たないようにするためのアドバイスについて、書かれた本。

私たちの身の周りをふと見回してみると、大して使っていないものやあまり必要としないものであふれています。そうしたものを処分しようにも、なかなか捨てられなかったり、捨てる前に違うものをまた買ってきてものを増やしてしまったりと、結局片づかず。そうした経験をされた方は多いはず(私もその一人)。

 本書では、ものを片づけられない・整理できないという方に向けて、具体的な処分・整理方法を述べたり、ものを選ぶ際の効率的な選択方法などについて、具体的に述べています。

 処分・整理は「何でもかんでも処分する」といったり、ものを買う際は「とにかく買わずにケチる」といった極端な考え方や方法はありません。あくまで自分にとって本当に必要なもの・不要なものは何かを見極め、それらを(楽しんだりするために)享受するというポジティブな考え方。

 工夫できるところは最大限にしつつ、余裕が出てきたら、ちょっとお金を出して、自分の好きな物事を謳歌する。好きなブランドものを買ってみたり、何か別の物事に新しくチャレンジしてみたりと、ゆとりあるライフスタイルが望めます。


 読み終えた感想ですが、読んで正解でした。処分・整理整頓に書かれている本は巷にたくさんありますが、本書は単に処分・整理整頓するだけでなく、自分にとって本当に価値があるものや魅力的なものは手放さず、それを享受するという考え方には大変共感できました。そのうえで持たない生活をするのですから、高村友也さんの著書『スモールハウス』に描かれているようなスッキリとした生き方に精通するところがあります。

 女性向けに書かれていますが、男性でも充分参考になる内容。オススメです。


ゲームパッドコンバータで快適プレイ

 以前こちらの記事で、私が普段使っているさまざまな機械の調子が悪いと書きました。今回はそれら機械の一つであるPS3のコントローラーの問題が解決できました。

 解決策として用いたのは、↓のゲームパッドコンバータ

ELECOM JC-PS101USV USBtoPSゲームパッドコンバータELECOM JC-PS101USV USBtoPSゲームパッドコンバータ
(2002/09/25)
エレコム

商品詳細を見る


 PS3のコントローラーはかなり高く、ソニー純製のものでも5000円ほどかかります。ソニー純製ではない、他者製のコントローラーでも2000~3000円ほどかかります。さすがにPS3のコントローラーで、ここまで値段を払うのはさすがにどうかと思い、新しいものを買うのは辞めました(今使っているコントローラーも完璧に壊れたわけではないので、もったいない)。

 どうしようか考えていたところ、ふと思い出したのがゲームパッドコンバータでした。これはパソコンにPS2コントローラーを繋げるようにするための周辺機器で、ELECOMのものはPS3への接続にも対応しています。私の友人がこれと同じものを持っていて、2人プレイ時にはそれを使ってPS2のコントローラーを使ってました。

 値段も都心の大手家電量販店で980円と、大変お買い得。私が持っているPS2コントローラーはソニー純製が2つ、連射対応の他社製のものが1つの計3つあります。いずれもまだまだ現役なので、ゲームパッドコンバータ経由でつなげて使えば、使い道がかなり拡がります。

 以上のことから、「これだ!」と思い、さっそく都心の大手家電量販店で買ってきました。


 買ってきたものをつなげて使ってみると、かなりいいです。PS2コントローラーでゲームをプレイしても、申し分ない使い心地。PlayStatinStoreでも、問題なく使えました。

 とはいうものの、この場合PS3コントローラーにあるPSボタン、L2・R2ボタンのトリガー(銃の引き金ののように微妙な押しこみ具合を感知する構造)、モーションセンサーはなし。これらを使ったゲームプレイは、PS2コントローラーではできないので、その場合は専用のPS3コントローラーでないと×。PSボタンの場合は、PS3コントローラーをあらかじめ手元に置いておき、押す時だけ使うという感じで対処しています。


 とりあえず感想は「買って良かった!」の一言。「PS3のコントローラーが不調で、現役のPS2コントローラーを持て余している」という方がいましたら、オススメです。


『超簡単 お金の運用術』

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
(2008/12/12)
山崎 元

商品詳細を見る

 経済評論家である山崎元さんの本。私がネットサーフィンをする際によく閲覧しているサイト『脱社畜ブログ』にて紹介されていた本の1冊。記事を読んでいて気になったので、たまたまブックオフで105円で売られていたものを買って、読んでみました。


 山崎元さんが巷で疑問になっている資産運用の考え方・やり方について、山崎さんなりの意見や考え方で具体的に書いています。「投資をする際、どの分野でどの銘柄を選べばいいのか?」「××という運用は本当に信用できるものなのか?」など、具体的な名前や運用を挙げて、解説しています。本書で取り上げられているのは、銀行預金、株、借金、保険、年金など多岐に渡ります。

 「資産運用」という言葉から、これを聴いた人の中には「簡単にガッポガッポ儲かることができて、ウハウハ!」という楽天的な金儲けをイメージされる方がいるかもしれませんが、残念ながらそうした類の話ではなし。山崎さん曰く、

 本書の目的は、
 (一) 極めて簡単だけれども、
 (二) 現実的にほぼベストに近くて、かつ、
 (三) 無難なお金の運用方法を、

 読者にお伝えすることにある。
 多くの人にとって、「お金の運用の方法はこれだけを知っておくと十分だ」という分かりすくて体系的な方法を説明したい。実用上は、これまでのマネー運用本の九九%以上が、もう必要なくなるはずだ。これらの中には、著者がかつて書いた本も含まれることになるが構わない。



 とのこと。膨大なリスクをかかえるほどの大がかりなものではなく、かといってジャブジャブ儲かるような安直なものでもなし。メリハリをつけるところはしっかりつけて、堅実にやるところは無理をしない範囲で対処する。(安定的とはいえなくとも)そうした必要なポイント・不要なポイントを押さえて、資産運用の心構えや方法を述べています。

 とはいっても、「資産運用」という言葉につられて、プライベートバンクのように「お金持ちだけが得できる特別な儲け話(運用)があるんじゃないの?」と疑われる方もいると思います。それについて山崎さんは、「お金持ち向けのすごい運用なんてない!」として、以下のように書いています。

 個人が少々お金持ちであっても、金融市場全体でみると、そんなに大きな単位ではない。たとえば一○億円や一○○億円でも、金融市場からいえば「たかだかそれくらいの金」に過ぎない。自分は上客だから大事にされるはずだと思ったり、その結果、一般の人にない素晴らしい利回りが期待できるはずだと考えたりするのは、全くの世間知らずだ。



 橘玲さんも自身の著書で何度か書いていますが、「誰もが簡単に大儲けできる方法」なんてあったら、皆儲けているはずです。あるいは誰かがその方法に気付いたとしても、それを公開したりせずに、自分だけで儲けようとします(私だってそうしたい…)。そうしたお金儲けに関する基本的な概念についても、本書では解説しています。


 読み終えた感想ですが、とても良かったです。多少初めてみる専門用語が出てくるものの、解説はシンプルで読みやすいので、分かりやすかった。

 ただし、本書は2008年に出版されたものなので、本書に書かれている投資の銘柄や金融商品が現在も効果があるのかどうかは、さすがに分かりません。ただ、資産運用に関する考え方や知識を身につけるための実用書(参考書)としては良書です。

 資産運用の本ついては、橘玲さんの本でもいくらか出ていますが、本書は橘さんの本に比べてだいぶシンプルな説明となっています。本書で資産運用について興味が持てたら、橘玲さんの『臆病者のための株入門』『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』などもオススメです。


評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」


床張りワークショップのナリワイに参加

 昨日の16日、ナリワイ実践者である伊藤洋志さんの床張りのワークショップイベントに参加しました。参加費は2500円。

 きっかけは、先月伊藤さんのTwitterで床張りのイベント開催のお知らせ。伊藤さんにお会いしたいのと、ナリワイが実際どんなふうに進んでいくのかをナマで見たかったので、さっそく応募。伊藤さんからOKをもらい、昨日行ってきました。16日・17日の2日間開催でしたが、私は私用のため16日の参加でした。


 床張りをする場所は東京都練馬区の新桜台にある木造アパート。駅からすぐ目と鼻の先にあるほどの至近距離の物件。1階はテナントスペースとしていくつか商店があり、その2階が賃貸のアパートとなっています。

 伊藤さんは建築士の方から今回のワークショップを開かないかというお誘いを受けて、開催を企画したとのこと。伊藤さん曰く、東京では10年も20年もほったらかされた古い空き物件があり、借り手がつかず、大家さんもリフォームする気が起きず、そのまま放置されている物件が多いと言います。

 今回の床張りをする物件もその一つ。大家さんからはリフォーム代を一切出すことなく無償でリフォームする代わり、家賃のいくらかをもらうことで収入を得るというビジネス。単にリフォームするだけでなく、床張りのワークショップを開くことで、床張りを知らない人や学びたい人のために床張りの技能を教えられるというのが今回のナリワイ(といっても収入が得られるのは伊藤さんではなく、誘った建築士の方のものになります)。


 ではワークショップでやったことを紹介。

 11人ほど来ていた参加者を班ごとに分別。私は最初に床張りはやらずに、「じゅらく壁のはがし」から取りかかることになりました。じゅらく壁とは、壁の種類の1つで、和室でよく塗られているザラザラした砂地の壁。

 はがし方は、スクレイパーという工具を用いてはがします。はじめはサッサッと表面を徐々にはがしていき、ある程度うまく深めにはがせるようになったら、一気にガーッと勢いよくはがします。コツをつかむと、極薄のロールケーキのスポンジのように、巻けた状態ではがしていくことができます。巻けるようにはがせると、かなり気持ちがいいので、参加した方々は新鮮な体験に大喜び! 壁はその後モルタルを塗り、その上から塗装を施すそうです。

ナリワイ床張り:作業場の一つ
▲壁をはがした場所(下に丸まって落ちているのが、はがされたじゅらく壁)

ナリワイ床張り:じゅらく壁
▲手に持っているのがスクレイパー


 壁をはがし終えた後、天井の梁を紙ヤスリでひたすら磨く作業をやりました。ヤスリがけした木の粉が目に降りかかるので、少々目が痛くなることも…。ですが、ヤスリがけのおかげで、黒ずんでいた梁が木の本来の色に元通りになりました。

 リフォームする部屋は、元々2つだった空き部屋を1つの部屋としてつなぎ、一部の天井を撤去(今回は3部屋をリフォーム)。天井がなくなったことで、部屋の開放感が拡がっています。梁はそのまま残し、天井のデザインとしてそのまま活かすそうです。


 最後はメインである床張り。床張りに用いる床は、1平米3000円程度の安い床材。側面が凹凸状になっており、隣り合わせで組み込めることができるように、あらかじめ加工されています。作業の手順は、最初に使う床材を組み合わせて上手くはまるかどうか確認してから、裏面に接着剤を塗り、専用のタッカーで側面を打ちこみ固定(長さの調節や特殊な部位の加工は、本日いらした専門の業者さんが担当)。伊藤さんや業者さん曰く、床の張り方もいろいろあるとか。伊藤さん自身のいろいろなやり方を聴かせてもらいました。

ナリワイ床張り:張った床
▲張った床(高度な技術が要る「斜め張り」)


 途中のお昼休憩や終了後の談話で、参加者同士いろいろと盛り上がりました。私は数日前にNPO共育学舎に参加したこともあり、伊藤さんと話がかなりはずみました。

 「熊野に住みたいですけど、ナリワイによる現金収入をどうすればよいかわからなくて…」と話したら、伊藤さんから軽快なアドバイスが! 「1軒15万円でやる片づけ屋さんをやってみるといいですよ。熊野では空き家などで室内の整理がつかなくて困っているお年寄りの住民多いから、片づけをやればかなり喜んでもらえるよ」とのこと。「15万円って高くないですか!?」と驚いてしまいましたが、その金額でも頼りたいお年寄りが意外と多いそうです。伊藤さんのナリワイの発送力に、脱帽した瞬間でした。

 それと今回の床張りワークショップでなんとニートのphaさんも参加していました! 最初phaさんを見た時、思わず驚いてしまい、「あっ…」と小声の声を漏らしてしまった…。伊藤さんのみならず、phaさんにも会えるとは夢にも思ってなかった。phaさんとも、休憩中などでいろいろと会話しました。感激とはまさにこのこと!


 参加した感想ですが、「参加してよかった」と思えるワークショップでした。床張りの知識もそうですが、伊藤さんのナリワイというものがどういうものなのか、実際に見て聴いて体験できたのは大きな収穫です。伊藤さんのアドバイス含め、いろいろなことにこれから行動を起こす糧にしていきたい。