親子の餓死事件を無駄にしないために、真のセーフティネットを構築すべき時!

 数日前に、大阪府に住んでいた親子が、餓死で発見された。

【<大阪母子死亡>「もっと食べさせたかった」母親のメモ発見】
 母子とみられる2人の遺体が見つかった大阪市北区天満のマンションの部屋から「子どもに、もっと良い物を食べさせてあげたかった」という趣旨のメモが残されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。室内には食べ物がほとんど残っていなかったことなどから、大阪府警は餓死した可能性が高いとみて詳しい経緯を調べている。

 府警は、2人は部屋の住人の井上充代さん(28)と息子の瑠海(るい)ちゃん(3)とみて、身元の確認を進めている。メモは請求書のような紙の裏に残っており、充代さんが書いたとみられる。2人の遺体は今月24日に見つかった。
 <毎日新聞 5月27日(月)13時5分配信>



 私を含め、都会に住む人々は、なぜ彼らを救ってやれなかったのか? 悲しさのあまり、自分自身の無力さと愚かさを悔いてならない。この悲しさは、震災の年に起きてしまったワタミの女性従業員の自殺事件を思い出す。

 上記の事件の一方で、今月半ばに韓国人女性による生活保護の不正受給が発覚し、逮捕に至る事件があった。この女性は、クラブ経営によって1億円以上の莫大な収入が合ったにも関わらず、抵触者向けの公営住宅に住み、なおかつ生活保護の不正受給を働いていた。

【年商数千万円で生活保護受給 韓国人のクラブ経営者逮捕 警視庁】
 韓国人クラブを経営しながら生活保護を受給していたとして、警視庁組織犯罪対策1課は、詐欺容疑で、韓国籍の韓国人クラブ「パートナー」(東京都新宿区歌舞伎町)経営、許愛栄容疑者(54)=同区戸山=を逮捕した。同課によると、「病気で働けないと言ってだました」と、容疑を認めている。

 許容疑者は平成17年3月から生活保護を毎月14万円受給。同店は20年9月~25年4月、クレジットカードだけで1億2700万円を売り上げており、同課はその間の生活保護費840万円をだまし取っていたとみている。
<産経新聞 2013.5.19 11:28 >



 上記のような生活保護によるセーフティネットがうまく働いてない状況をみると、多くの人がこう叫ぶだろう。

 「生活保護が機能していないぞ! 行政は今まで何をやってきたんだ!」
 「不正受給をする輩がいるから、本当に困っている人に生活保護がいきわたらないんだ!」
 「不正受給を減らすためにも、受給資格のハードルを厳しくすべきだ!」

 このような声が出ることはよく分かる。しかし、こうした叫び声は、残念ながら問題解決には結びつかないのが現状だ。特に最後にある「受給資格のハードルを厳しくすべき」というのは、かえって逆効果である。

 2007年に北九州市で起きた「おにぎりが食べたい」というメモを残して、男性が餓死してしまった事件のように、行政による水際作戦(受給者を減らす為に窓口での申請時点で不当な追い払いをする)によって、本来受給が必要な人に届かなくなる可能性が大いにあるからだ。これは生活保護に関わらず、法規制を強化したり、物事のハードルを挙げたりすることは、かえって行政(それに従事する担当者)の負担を増やすことになり、運営維持でのコストがかえってかかってしまうのだ。


 こうした不正受給などの問題が起こるのは、そもそも生活保護自体に制度上(構造上)の問題があるからだ。たとえ不正受給者の撲滅に躍起になったところで、制度上の問題は解決されないのだから、不正受給者はいっこうに減らない。これは年金やその他の社会保障制度でも同じことだ。制度そのものを改善しなければ、問題は解決されない(以前こちらの記事でも、同じことを書いたので参照いただきたい)。


 では、私たちが今回のような生活保護など含めたセーフティネットについて、どのような解決案を出すべきなのか? 現実的に観るのか、多少大げさに観るのかによっても違うが、私なりに解決案をこの場で提示していきたい。

1.生活保護の受給資格のハードルを下げる。

 現実的な側面から考えたら、まずはこれが出てくるだろう。この案は、私が以前通っていた大学のゼミの先生が教えてくださったものだ。

 先生曰く、「社会的弱者は、社会変化の影響をまず最初に受けてしまうので、社会に大きな変革が起きた時に困惑してしまう。それを考慮して、まずは既存の社会保障である生活保護のハードルを下げて、社会的弱者の救済(格差社会への対応)をするべきである」とのこと。

 確かに大きく制度を変えるというのは、既得権との軋轢などいささか難しいところが老いので、既存の制度を徐々に変えていくというのは、もっとも現実的であろう。

2.ベーシックインカムの導入

 当ブログで何度か取り上げているベーシックインカム。生活保護や年金など、既存の社会保障の大半をカットし、不要な法規制や公共事業のカット、公務員数の大幅リストラなどを行い、それらに使われていた費用をすべてベーシックインカムに回す。

 1番に比べると導入には大がかりな問題がいくつかあるが、受給できなかったことによる餓死者の救済や、不正受給対策などに必要な審査・手続きの緩和が大いに期待できる。

 ベーシックインカムの説明そのものは当ブログでも何度か書いてきたので、省略で申し訳ないが、説明は以下の関連記事を参照してもらいたい。

ベーシックインカムに賛成!

それでもベーシックインカムに反対できない(1)

それでもベーシックインカムに反対できない(2)

それでもベーシックインカムに反対できない(3)

被災者救済も含めてベーシックインカムを導入すべき!

3.生活共同体(コミュニティ)による人的セーフティネット

 これは活動する個人や団体に大きく異なってしまうのだが、何かしらの生活共同体(コミュニティ)が形成されて、そこに各個人が望んだ団体に入って、お互いに助け合いながら生活できるのが狙いだ。三枝さんの「共育学舎」や勝山実さんの「ひきこもり村」のような感じに(もちろん入るかどうかは個人の自由)。

 金銭的・制度的な面のセーフティネットだけでなく、精神的な面でのセーフティネット(ここでは「人的セーフティネット」と呼ぶことにする)を構築して、お互いに生存安否の確認や生活状況の把握を間接的に行うことができれば完璧だ。

 また、共感できる思想や考え方を持った人々同士が集まれば、彼らの発想や活動によって何かしら物事が生まれる可能性も大いに期待できる(図画工作技術者による木工技術や、地産地消の資源を活用したワークショップなど)。

 ただ、こうした人的セーフティネットの構築はすぐにできるものではない。まずはすでに活動している団体や個人とコンタクトし、彼らの活動がどんなものか知る必要がある。


 以上が私なりに提示したセーフティネットについての解決案である。より具体的な詳細まで考えつかないでいるのが残念であるが、私の案(意見)から世の中のセーフティネット構築の必要性に対する考えが少しでも強まってくれれば幸いである。

 今回の事件は、自然災害ではない人間の死である。東日本大震災による被災者救済が整っていてない中、こうした事件が起きてしまったことは、誠に残念でならない。この事件を、今後のより良い社会構築に動きださなければならないことの戒めとして、私たちは強く受け止めるべきである


 最後に救えることができなかった親子の命、謹んでお悔やみ申し上げます。


スポンサーサイト

『孫正義名語録』

孫正義名語録 事を成すためのリーダーの心得100 (単行本)孫正義名語録 事を成すためのリーダーの心得100 (単行本)
(2011/02/02)
三木 雄信

商品詳細を見る

 ソフトバンク社長である孫正義社長の名言を集めた名言集。副題は「事を成すためのリーダーの心得100」。たまたまブックオフにて105円で売られていたものを購入。孫社長の考え方や人物像について知りたいと思っていたので、さっそく買って読んでみました。

 著者は孫社長、ではなく、元ソフトバンク社員の三木雄信さん。本書は孫社長がビジネスや人生におけるさまざまな経験や局面において、発した言葉をまとめ、三木さんがその言葉について解説したもの。

 名言は仕事で直接公言したものから、Twitterでつぶやいたものまで、さまざまなところからまとめています。解説は端折ってしまいます(スミマセン)が、本書で書かれている名言をいくつか紹介。

・やりましょう。
・7割の成功率が予見できれば事業はやるべきだ。5割では低すぎる。9割では高すぎる。
・迷ったときほど遠くを見よ。
・遅すぎる決断というのは決断をしないに等しい。
・発明の方法を発明することにした。
・少なくとも今後百年間、関係省庁の天下りを自主的に受け入れないことを宣言する。
・多様性が会社を永続させる。



 読み終えた感想は、参考になるところはあるものの、正直微妙でした。名言集自体読むのは初めてですが、名言の解説にもう少し説明が欲しかったり、名言だけだと特定の局面でしか発言者(孫社長)の意図を知ることができないので、じっくりいろんな情報を得ることはあまりなかった。参考になる名言もあるにはあるのですが、解説が少なかったりして、詳細が少ないところもあるので、ちょっと物足りない。

 ただ、名言集ということで一つ一つの名言がページごとにしっかり分けてまとめられているので、手軽にサクッと読めます。奥深く知ろうとしなくても、「どんな感じの人なのかな…?」と知る分にはちょうどいいと思います。「この名言良いな」と感じるものがあったら、付箋貼っておくとその名言がよりサクッと確認できて効果的。

 孫社長に興味がある方。孫社長の経営理念、人生観に興味がある方にオススメ。


孫正義社長の公式Twitter


一条工務店の「住まいの体験会」に行ってきました

 昨日の土曜日(25日)、住宅メーカーである一条工務店が主催する「住まいの体験会」というイベントに、参加して来ました。

 私の父がここ最近住宅のことについていろいろ考えており、相談先である一条工務店の営業の方からの勧めで、今回のイベントに参加することに。父は「せっかくの機会だから」ということで、私にイベントの参加を誘ってくれました。特に用事も無い私も興味があったので、即決定。

 朝9時近くに、都内の住宅展示場に集合し、そこから先方が手配したバスに乗って、イベント会場に。イベント会場は、山梨県上野原市にある一条工務店の倉庫・配送施設。参加費は無料で、昼食・ドリンクも無料。11時頃から16時頃の約5時間で、床暖房や免震住宅の体験、専門家による住宅構造を学べるセミナーなどを受けてきました。参加者も東京以外に、神奈川県や長野県などの近郊の地域からの方々もいて、その日は300人も来たのだとか(おそらく累計の数値)。

イベント会場
▲イベント会場

 イベント内容について話す前に、一条工務店についての説明を。一条工務店は住宅メーカーの一つで、自社製品の開発・使用による販売価格の安さや、高気密・高断熱による住宅構造での光熱コスト削減事前に工場で製造したパーツを組み合わせて造る技術などを売りにしています。他の大手住宅メーカーとは違い、宣伝にお金をかけない代わりに、徹底したコスト削減を目的とした自社製品の開発や耐久性を高める独自技術の開発に力を入れているのだとか(宣伝にお金をかけないだけあって、私も一条工務店の名前は最初知りませんでした)。


 では、イベントの内容について紹介します。

 まず最初に案内されたのは、「温室環境実験室」。2~3度という冷蔵庫のような空間に5分間ほど待機された後、一条工務店の技術で造られた部屋と、一般の住宅の部屋に入って、どちらの部屋が優れた保温性機密性があるのか身を持って体験するコーナー。

 私と父は、半そでだったのでガチで寒かった…。ですが、部屋に入ると床暖房と機密性を高める樹脂サッシと換気システムのおかげで暖かい。樹脂サッシは一般のアルミサッシと違い、熱気や冷気を通さないので、触っても冷たくありません。換気システムは、外の熱気や冷気を通さず、室内の熱気や冷気も出さないので、部屋の快適な温度を保つことができます。一般のアルミサッシや換気システムで造られた部屋も、それなりに暖かいのですが、先ほどの一条工務店の部屋と比べると、床暖房がなかったりして、微妙。

 次に案内されたのが、免震住宅の実験設備。それぞれに小屋に免震・制震による地震対策が施された小屋に入り、震度7の地震を体験するというもの。

免震体験
▲免震住宅と制震住宅

 私と父もさっそく体感しましたが、本当にやばい! 制震の小屋では地べたに座って体感するのですが、絶対に立ってられないうえに、座っても倒れてしまうそうなほどの揺れの強さ。制震では低い震度の地震では効果あるそうですが、大震災クラスの揺れとなるとほとんdp意味がないのだとか…。

 免震では、震度は4くらいまで抑えられています。それほど強くないので、立っていても大丈夫だとか(ただし、それでも怖いですが…)。壁には、着色された水槽が付けられていて、どのくらい揺れが強いのかを目視で確認することができます。

 スケジュールには明記されていませんが、他にも生きているシロアリを生で見て生態系を少し観察したり、紫外線で汚れを落とすコーティングがされたタイルで実際に汚れを落とすなどの実演も見れました。家の基礎の構造を説明した模型があったりして、説明も分かりやすかった。

模型による説明
▲模型による説明

 セミナーでは、住宅事情の研究をしている足立博先生による高断熱・高気密住宅の説明がなされました。欧米に比べて日本は住宅事情が遅れている点や、高断熱・高気密住宅などの取り入れは北海道ですでに行われていたことなど、住宅事情にはど素人だった私でも、とても勉強になりました。


 帰って来てからの感想ですが、とても勉強になった。一条工務店の商品宣伝の場ではありますが、一般住宅の構造はどうなっているか、高気密の住宅とはどういうものなのか、など私には未知のところが多かったので、新鮮でした。私はDIYによる家造りに興味があるので、こうした情報はとても参考になりそう。

 一条工務店では月1回でこのイベントをやっているので、住宅事情について気になる方は来月いかがでしょうか。


一条工務店 公式サイト

足立博先生の紹介ページ


『就活のバカヤロー』

就活のバカヤロー (光文社新書)就活のバカヤロー (光文社新書)
(2008/11/14)
大沢 仁、石渡 嶺司 他

商品詳細を見る

 電脳くらげさんのブログサイト『脱社畜ブログ』で紹介されていた本。副題は「企業・大学・学生が演じる茶番劇」。本書の帯には、福満しげゆきさんのマンガが描かれています。

 以前から本書自体については、ブックオフの新書売場で目にしていたのでタイトルだけは知っていましたが、特に目をかけていませんでした。電脳クラゲさんの記事を読んで興味を持ったので、さっそくブックオフにて105円で買って読んでみました。


 本書は、日本の就職活動(略して「就活」)で繰り広げられている茶番劇の実態について調査・分析したもの。就活の実態を書くにあたって、本書では就活生(学生)・大学・企業・インターン・就職情報会社の5つの対象について、各チャプター別に分けて書いています。

 「私は納豆のような粘り強い人間です」という抽象的な決まり文句で、巷の就活マニュアルに沿って就活する学生。就活による大学教育の妨げを叫ぶ講師の傍らで、入学者増加のための就職実績を何とかして取り繕う大学。仕事体験などを名目にするも、大した仕事をすることなくやり過ごしてしまうインターン。就活事情を就活生や企業に誇大的に煽るマッチポンプ(自作自演)を繰り返す就職情報会社。

 どの対象でも起きている出来事や問題について、「こんなんじゃ、うまくいかなくて当然だろ!」と(著者なりに)荒っぽくダメ出ししたところがあっても、そうしたことをやめることがなかなかできない構造上の問題があります。

 どれも、「○○が悪い」「△△が悪い」といった単純なことではないのが現実で、「今やっていることをやめようにもやめられないし、かといってやっていることは気持ち悪いし、良いもんじゃない」というのが、就活に対する学生や企業の本音のそうです。

 就活の実態は読んでいて、「そうした事実があったのか!」と驚くところが多いです。特に就職情報会社による就活ビジネスの仕組みが「何ともやりきれないが、見事」といわんばかりの広告事業やサービス。学生も企業も、就職情報会社が出す情報やサービスに踊らされ、満足のいく就職や採用がやりにくくなっているといいます。

 そうした中で、満足に就活が上手くいっている学生や企業は、そうしたことに踊らされずに、就職や採用ができているとのこと(とはいえ、就職情報会社が諸悪の根源かといえば、そうでもないのが本書で指摘されています)。


 読み終えた感想ですが、面白かったです。問題の対象を一方的に悪いと責めたているのではなく、構造的な要素を指摘したうえで、日本の就活が抱えている問題を取りあえげているのは納得できる内容でした。

 ただ、読み終えてみて「惜しいな…」と感じてしまったところが1つ。それは問題に対する具体的な解決案(代替え案)が書かれていないところ。

 問題については数多く指摘していましたが、「じゃあ、その問題に対して具体的に何をすべきか?」という文があまりないです。「学生は、就活ではこうすべき」という著者なりのアドバイスもありますが、いずれも学生などのピンポイントで書かれたアドバイスで、具体的な解決案としては押しが弱い。

 城繁幸さんが指摘している解雇規制の緩和で雇用の流動化を図る、就活に囚われずに初めから求職者を就労させて相性をみる、などの解決案がいろいろあったら良かったんですが…。問題の指摘自体は納得できる内容なので、著者なりの具体的な解決案まで書かれていれば、なお良かった。

 誰でも、読んでおいて損はない一冊。求職活動中の方、人事に関わっている方、就職を考えている大学生・高校生の方はぜひ読んでもらいたい。現在はブックオフにて105円でけっこう売られているので、手に入れやすいです。。


大沢仁の人材多事争論(著者である大沢さんの公式ブログ)

ライター石渡嶺司のブログ(著者である石渡さんの公式ブログ)


マニュアル免許ゲットだぜ!!

 マニュアル免許取得の申請のために、一昨日の月曜日に試験場へ行くと言っていた私ですが、寝坊したり雨で気分が萎えてしまったりしてしまい、結局行ったのは昨日でした(こんなことでグダグダしてしまっていてはいかん…)。

 既定の試験場に着いて、書類を提出し、登録料金を払って、マニュアル免許の取得が完了。時間は10分もかかりませんでした。

 私の免許はオートマ限定で取ったので、表の記載は「普通はAT車に限る」になっていますが、裏の備考欄に「普通車限定解除」の記入がされました。これで晴れてマニュアル車の運転が可能になりました。

 現在マニュアルの車を運転する機会がありませんが、就農したり、熊野に出向いた際はマニュアルの車に乗ることになるので、実践はその時です。となると運転はまだ先になるのかな…。