PS2の出荷終了に「待った!」と申したい

 前回私がピックアップしたオススメのPS2ソフトの記事を書いたが、肝心のPS2が出荷終了になっていたことをつい最近ソニー・コンピュータエンターテイメント(以下:SCE)の公式サイトで知った。

 このことについては、非常にショックだった。PS2に思い入れが深かったというのもあるが、各ゲーム会社への「最新作よりも、過去に発売された名作・良作をユーザーがもっと気軽に楽しめるような仕組みを整えるべきだ!」という個人的な憤りもある。

 私はゲームが大好きだが、もうここ最近はゲーム雑誌などで取り上げられるような最新作のゲームソフトやハードについて、興味がなくなっていた。私自身がそうした新しいものよりも、少し前に発売された準新作・旧作のものに目を向けていたというのもあるが、それでも最新のソフトやハードの情報はチェックしていた。当時次世代機として期待されていたPS3やレボリューション(Wiiの旧名)には、最新の情報を知るたびに心躍ったものだ。

 ところが最近はそうしたことがなくなった。現在の次世代機として騒がれているPS4やXboxONEなどについて、ほとんど興味を失っている。個人的に現行のハードであるPS3に対する期待が私の中にあるのだ。

 「別に新しい機種出さなくても、現行のハードでも頑張れば充分に良い作品ができるのではないか?」
 「現行のハードですら、ユーザーが満足できる作品が少ないというのに、次世代機に望みを賭けるのは早計ではないか?」


 こうした疑念から、次世代機に移行して再起を図るゲーム業界を、肯定的に賛同することができない。

 次世代機が浸透した現在でも、PS2ソフトはかなりの可能性を秘めている。PS2は2000本以上のタイトルが出回り、無双シリーズやデビルメイクライシリーズなど、新たなジャンルを築いたゲームを数々と生み出した。それに現在はインターネットの普及により、一ユーザーが書いたソフトの評判やレビューなどを手軽に知ることができるようになった。ネットの情報からユーザーがまだ見ぬゲームを知り、それを実際に手に取り、面白さを体感できる。これはPS2以外のハードでも同じ効果が出るが、ネットの普及とともに時代を歩んできたPS2だからこそ、まだ見ぬ作品を発掘できるチャンスが他機種よりも大いにあるのだ

 現在はゲームアーカイブスなど、ソフトのダウンロード販売がされていたことで、ユーザーが手に取るきっかかができてきたが、それでもゲーム会社側の方でまだまだ納得のいく作品を出しきれていない感じは否めない。

 だからこそ、PS2の出荷終了に「待った!」とSCEに申したい。まだまだ可能性があるのだ。ソフトのダウンロード販売がより充実するまで、PS2の生産と販売はもう少し続けるべきであろう。「もうだいぶダウンロードでの販売が充実したな」と思えるようになったら、出荷終了にすればいい。無理に新しいものに目を向けなくても、これまで築き上げてきた実績と信頼あるソフトで通用する可能性は大いにある。


 今回は個人的な感情ばかりを述べてしまったが、それでもPS2の出荷終了に「待った!」と申したかった。ゲームの世代が移り変わっても、ゲームソフトが「過去だから」という理由で排斥・淘汰されてしまうのは、寂しいもの。最新作に目ばかり向けるのではなく、過去に発売されたゲームに多くの人が目を向ける日が来ることを願っている。


スポンサーサイト

オススメのPS2ソフト

 PS4の発売が決まり、ますます影が薄くなるPS2。数年前にPS2との互換性がなくなり、PS2ソフトもあまり見向きされなくなってきました。個人的にPS2には思い入れが深く、私が過去に触れてきたハードの中でも、一番よく使っていました。そんな折に、PS2が徐々に薄くなっていくのは、時代の移り変わりとはいえ、やはり寂しい。

 そこで、今でも十分楽しめるオススメのPS2ソフトをピックアップしました。

 本題に入る前に、まずはピックアップする際の基準について、説明します。

1.自分がプレイした経験のあるソフトから選ぶこと。
2.他機種に移植されてない作品を選ぶこと。
3.取り扱うのは日本国内で発売されたものに限る。



 1番については、当たり前と言えば当たり前なこと。

 2番ですが、今回のPS2ソフトを紹介するうえで欠かせない要素。最近ではPS3やPSPなどの他機種(特に上位機種)に移植される作品が増えてきました。そうした移植作品の場合、追加要素があったりゲームバランスやバグが修正されていたりするので、皆オリジナル版よりもそっちの方を選ぶと思います。

 今回はPS2で楽しめるものが前提なので、取り扱う作品は他機種(特に上位機種)に移植されておらず、PS2じゃないとプレイできない作品を取り上げていきます。3番についても同様です。

 では、さっそくピックアップした作品を紹介しましょう。分かりやすくジャンル別にまとめます。

【アクション】
『サルゲッチュ2』
サルゲッチュ2 PlayStation 2 the Bestサルゲッチュ2 PlayStation 2 the Best
(2005/03/10)
PlayStation2

商品詳細を見る

 各ステージに点在するピポザルを捕まえるアクションゲームの『サルゲッチュシリーズ』。子供向けのかわいらしいキャラクターデザインと簡単な難易度とは裏腹に、ゲッチュした時の爽快感はかなりの快感。ギャラリーなどのオマケ要素もあるので、気軽に楽しめます。

『サルゲッチュ3』
サルゲッチュ3 PlayuStation 2 the Bestサルゲッチュ3 PlayuStation 2 the Best
(2007/07/05)
PlayStation2

商品詳細を見る

 各ステージに点在するピポザルを捕まえるアクションゲームの続編。主人公が2人になり、新要素であるへんしん機能が追加。ピポザルを捕まえた時の爽快感がさらに倍増。操作する主人公によってストーリーのムービーも若干変化するので、1つで2度おいしい作品です。

『スパイフィクション』
SPY FICTIONSPY FICTION
(2003/12/25)
PlayStation2

商品詳細を見る

 「何気に隠れた良作」と、友人が勧めてくれた作品。メタルギアシリーズなどでおなじみのステルスアクション(敵に見つからないようにこっそり進むゲーム)。今作では変装したり、壁に張り付いてカモフラージュしたりしながら、ステージを進みます。某スパイ映画を彷彿させるシーンがあったりして、けっこうハマります。

『絶体絶命都市』
絶体絶命都市 PlayStation 2 the Best絶体絶命都市 PlayStation 2 the Best
(2004/09/16)
PlayStation2

商品詳細を見る

 迫りくる地震や災害に立ち向かいながら、脱出を目指すサバイバル感漂うゲーム。震災の考慮から、生産が打ち切りになり、公式サイトも閉鎖してしまいました。好きなゲームだったので残念ではありますが…。今作のゲームテーマは、当時画期的だったこともあり、個人的に思い入れの深い作品でもあります。

『絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-』
アイレムコレクション 絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-アイレムコレクション 絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-
(2008/02/07)
PlayStation2

商品詳細を見る

 迫りくる地震や災害に立ち向かいながら、脱出を目指すサバイバル感漂うゲームの第2弾。前作同様、生産が打ち切りに。プレイヤーキャラが増え、各々のストーリーに応じたアクションやシステムが組み込まれ、ゲーム性がパワーアップ。正当進化とはまさにこのこと。


【RPG】
『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』
アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
(2006/07/20)
PlayStation2

商品詳細を見る

 説明不要の日本を代表するRPGの『ドラゴンクエストシリーズ』で、初のPS2作品。売りは何と言っても、トゥーンレンダリングで表現された美しい世界観。オープンワールドゲームのように、フィールドの隅々まで歩くことができ、遠くまで見える景色は絶景。新要素のスキルシステムや錬金釜も好評。

『ファイナルファンタジーXII』
アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIIアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXII
(2008/06/26)
PlayStation2

商品詳細を見る

 こちらも説明不要の日本を代表するRPGの『ファイナルファンタジーシリーズ』。ストーリーは少々賛否両論でしたが、オンラインRPGを彷彿させる独特な戦闘システムと、掲示板に依頼されたモンスターを倒すモブはかなりハマります。私もこれにハマり、ラスボス撃破して、プレイ時間が177時間を記録。

『ゼノサーガ EPISODE Ⅲ [ツァトゥストラはかく語りき]』
ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]
(2006/07/06)
PlayStation2

商品詳細を見る

 難解なストーリーながらも、哲学や心理学、宗教などあらゆる要素をもとに構成された世界観が魅力のRPG。残念ながら前作が大コケしたため、今作はあまり売れませんでした。その汚名を返上すべく、グラフィックの強化やゲームシステムの改善などパワーアップ。シリーズ通してプレイしていないとストーリーは理解できませんが、やる価値はあります。


【対戦格闘】
『KOF マキシマムインパクト2』
SNK BEST COLLECTION KOF マキシマム インパクト 2SNK BEST COLLECTION KOF マキシマム インパクト 2
(2007/05/24)
PlayStation2

商品詳細を見る

 格闘ゲームで有名な『キングオブファイターズシリーズ』。今作は元来の2Dから3Dによる美麗なグラフィックで描かれた『マキシマムインパクトシリーズ』の2作目。3Dグラフィックになったで、キャラの個性やモーションがより際立ち、演出もより豊かになりました。次世代機で出る予定だった3は、残念ながらおじゃんに…。

『ドラゴンボールZ2』
ドラゴンボールZ 2 PlayStation 2 the BestドラゴンボールZ 2 PlayStation 2 the Best
(2004/09/16)
PlayStation2

商品詳細を見る

 海外でも大人気のドラゴンボールZの格闘ゲーム。今作はPS2で発売された『Zシリーズ』の2作目。収録されているキャラは基本的にサイヤ人編から魔人ブウ編まで。他のシリーズとは違い、ゴタンやヤム飯などの今作オリジナルキャラも登場。ストーリーは、ボードゲーム感覚で進めていく仕様で、操作するキャラなども選べます。


 以上がピックアップした作品です。「他機種に移植されてない作品を選ぶ」ということで、『メタルギアシリーズ』や『バイオハザードシリーズ』などはありません(すでに移植されてしまっているので)。

 どの作品も、現在はほとんどブックオフなどで中古2000円以下で手に入るものばかりです(もっと安いとワンコイン以下)。PS2をお持ちの方、上記の紹介された作品にもし興味が湧いたら、ぜひプレイしてみてください。「PS2もまだまだ捨てたもんじゃない!」と思えるようになりますよ!


ノジマで大学のゼミ仲間と…

 今日は、ちょっとした私事の雑談を。


 一昨日の土曜日、某大手デパートへ家族と買い物に行った際、私と父はデパート内の家電量販店ノジマにぶらついていた。店内をぶらついていたら、いきなりポンッと軽く腕をたたかれた。顔を向けると、たたいた相手は大学のゼミ仲間だった。正直驚いてしまい、しどろもどろで言葉が出なかったし、まったく気がつかなかった。

 彼は、大学時代同じ社会学を学んでいた友人で、入ったゼミも同じだった。付き合いは2年生からで、社会学の授業ではおなじみの顔ぶれだった。彼は元々地元の市民運動や地域行事の参加に積極的だったことから公務員を志望していたのだが、不合格ということもあって、別で合格していたノジマに就職した。就職して以来まったく会っていなかった。

 出会った場所であるノジマは、私の家から近く(と言っても電車を乗り継いで行かないとたどりつけない場所なのだが)。そんな近くで、彼が配属されているとは思いもしなかった。向こうもこちらの姿を見た時は驚いたらしく、「正直別人だったらどうしよう…」とヒヤヒヤしながら、私の腕をたたいたという。そんな彼から、卒業後のことをいくつか話してくれた。

 「K(大学時代の同じゼミ仲間)とこの間飯食ったんだけど、あいつ社畜になっててさ。忙しくて、なかなか会える暇がないんだよ(笑)」

 彼が話してくれたKは中堅のスーパー企業に就職した。スーパーという業界からしても、社畜になってしまうほど忙しいのは事実のようだ。私自身、大学の友人には卒業後ほとんど会ってないので、正直皆がどうしているかなんて分からなかった。

 Kとはよくゲームのことで、お互いにいろいろと語り合った。特にFFシリーズとテイルズシリーズについて、情報を交換し合った日々が懐かしい。社会人となった現在、もはやそうした会話はもうできないだろう。それを思うと、自分が世間からすっかり取り残されている感じは否めない。

 「機会があれば、飯でも食いに行こうよ」

 ちょっとだけの会話時間だったが、最後に食事の誘いの言葉をかけてくれた。実際に行くかどうかは分からないが、言葉をかけてくれるだけでもありがたい。


 彼からは聴かれなかったが、今の私は無職(ニート)という身分。彼らが私の身分を聞いたら、余計に驚いてしまうだろう。とはいえ、私もこのままでいるのは物足りない。「農業をやりたい!」という希望がある以上、それをかなえたい。

 もし彼から私の身分を聴いてきたら、胸を張ってこう言いたい。

 「今、田舎の農業法人で、農業やってるよ」

 と。就農できるその時まで、この言葉は取っておこう。


勝山さんのひきこもりスラム小屋

 一月ほど前の記事ですが、ひきこもり名人こと勝山実さんの公式ブログ『鳴かず飛ばず働かず』にて、ひきこもりスラム小屋が半分完成したとの記事がありました。記事には写真も掲載されています。

 3日間でここまで出来ました。左隅に写っているのが、この小屋の模型です。2mx2mx2mの巨大なサイコロサイズ。かたつむりのような家ですが、実際に中に座ってみると広々しています。1人でひきこもるに最適なサイズと言えましょう。

 ひきこもり一人ぼっち暮らし用の小屋で、対角線上に斜めに寝るという想定でこの大きさに決めました。斜めになれば長さ約2.8メートル、頭や足が壁に当たる心配もありません、完全個室プライベートハウスなのです。思う存分心を閉ざして、ひきこもることが可能。一人になりたい、自分だけのスペースが欲しい、そんな都会では贅沢でお金のかかる望みも、和歌山ならひと頑張りでかなう、かもしれません。



 写真を見てもらうと分かるのですが、2mx2mx2mという大きさ通り、まさに小屋です。これを見て最初に思ったのは、Bライフを実践している高村友也さんが住んでいる小屋。小屋を住みかに、自分が求める自由な生活を実践する。お互いに通じるところがありそうです。

 最近家という概念について個人的に思うのですが、家もやはり自分で作れるなら作った方が全然いい。最新技術を駆使したハイスペック(オーバースペック)な家だと、建築するのもメンテナンスするのも、専門の業者さんじゃないとやるのが難しいし、お金もかかる。

 勝山さんや高村さんのように個人レベルで物事を何でもできるようになれば、これほど心強いことはない。私も過去に「自分で作る」ということに強い願望を持ちたいという記事を書いたので、お二人の活動には大変共感しています。

 勝山さんのひきこもりスラム小屋製作。今後も見て、応援していきたい。


Twitterのブログパーツを変更しました

 ここ数日、Twitterのツイートを表示する公式ブログパーツが表示されなくなっていました。他のブログサイトでも見てみても、やっぱり表示されていない。

 なので、いっそ新しいブログパーツに変えることにしました。使ったのは「TweetsWind」というブログパーツ。

 枠の大きさや文字や背景の色、フォローボタンの設置など、細かいカスタムができる代物。公式ブログパーツよりもカスタマイズの幅が広い。

 ツイートの確認にはぜひ利用してみてください。