今週末は実家に帰ります

 今週末は実家に一旦帰ります。

 かかりつけのお医者さんの診察があったり、まだまとめたい荷物もあったりとあるのが、戻る理由です。

 一人暮らしは自由に感じるところもあれば、面倒に感じるところもあって、いろいろなことがわかってくる。

 もう少し自分なりに一人暮らしをカスタマイズできると良いのですが。いずれ考えておこう。


スポンサーサイト

野菜炒め

 今日の夕飯は自炊で野菜炒め作りました。

 不器用ながらも野菜を切り、炒め、出来上がりました。

 肝心の味ですが、うまい! ご飯が進みます! 野菜炒めを初めて作りましたが、こんなにうまいとは。野菜は今回スーパーで買ってきたものですが、いずれは法人で育ててる野菜を使って、作りたいですね。


法人の人と夕食

 昨日、法人の同僚Mさん(仮名)が私を夕食に誘ってくれました。返事はイエス。

 場所は法人近くのラーメン屋さん。居酒屋で酒飲みに興味がない私には、こうした食堂で食事する方がうれしい。

 Mさんは現在の法人に就職して、3年目。年齢も30代前半と若い。将来独立を目指して、農業をいろいろ試行錯誤しているとのこと。

 夕食に誘ってくれたのは、気まぐれだそうです。

 食事中はいろいろな会話しました。職場のこと、法人の職員のこと、将来のことなどなど…。

 Mさんは将来独立を目指していますが、具体的なプランはまだ決まってなく、現在は目の前に仕事に追われているそうです。

 Mさん自体は悪い人ではないのですが、一緒に働いていると本当に忙しそうで、最近は見た目がボーッとしているように見えます。

 「職場の上司を見れば、その会社(職場)で働く自分の将来が分かる」と何かの本で聞いたことがありますが、「自分もいずれ忙しさのあまり、何もできなくなるのか…」と思うと、労働の過酷さを改めて感じます。

 そう思うと、「本当に農業をやり続けられるのだろうか…」「また前職のように、途中で嫌になって、辞めたりしないだろうか…」と不安になります。ただ考えども考えども、不安ばかりなので、なるべく考えずに目の前のやるべきことをやろうと思います。

 ともかく、会話はなごやかに進み、ポジティブな雰囲気で過ごすことができました。

 前職で無理矢理行かされた飲み会に比べると、なんとポジティブなことか!(飲み会を強要する輩に「これくらい見習えや、どアホ!」と言いたくなる)

 夕食代は「引っ越し祝い」ということで、Mさんがおごってくれました。ラッキー!

 自分も仕事の忙しさに飲み込まれないように、本読んだり、共育学舎で書きまとめてきたメモ読んだりして、将来のプラン考えねば!


自転車借りたど!

 勤め先の農業法人の社長の好意で自転車を借りて、チャリ通ができることに!

 これはいい! 自転車があれば田舎といえども、移動範囲が広がります。

 ビバ、チャリ通!


今日から一人暮らし開始!

 今日、不動産屋からアパートの鍵を受け取り、職場近くのアパートへ引っ越ししました。日曜日ということで、父がいろいろと手伝ってくれて、おかげで引っ越しも何とかすますことができました。

 実家を離れ、初めての一人暮らし。この先どう転ぶのか分かりませんが、何とか過ごしていきたい。

 一応現在一人暮らししている茨城県から、東京の実家まではそう遠くないので、週末に帰省したりすることは可能です(ただ交通費がけっこうかかるのが痛い…)。

 いくらか時を経たら、一人暮らしの感想を書きたいと思います。

 それでは、今日はこの辺で。