『百万円と苦虫女』

百万円と苦虫女 [DVD]百万円と苦虫女 [DVD]
(2009/01/30)
蒼井優、森山未來 他

商品詳細を見る

 私が以前書いた記事「一つの場所に留まることがいかに苦痛なことか」を読んで共感してくれた友人が、私に勧めてくれた映画。実家に帰ってきたのを機に、地元のツタヤで借りて早速観てみました。


 蒼井優さん演じる平凡な21歳のフリーター佐藤鈴子が、ひょんなことから実家を出て「百万円溜まったら、引越しする」という生活を繰り返し、その先々でさまざまなことに触れたり巻き込まれていくストーリー。タイトルの百万円は、ここからきています。

 本作で描かれている鈴子が百万円を貯めるための働き先は、ビーチ沿いの海の家、山村の桃農家、地方都のホームセンター。それぞれ従業員として働きながら、さまざまな仕事を彼女は経験していきます。

 海の家では店員として、かき氷や焼きトウモロコシなどの料理を作ったり、座席の準備。桃の農家では、人手が足りなくなる桃の収穫でそれのお手伝い。ホームセンターでは店員として、接客業に従事。

 いずれの仕事もうまくいって褒められたり、失敗して怒られたりする場面もあります。中にはそこで出会った男性が主人公に好意を寄せてくる恋愛の描写も描かれていました。「良い面もあれば悪い面もあり、良い出会いもあれば悪い出会いもある」といった彼女の人生の展開が繰り広げられます。


 観終えた感想ですが、素晴らしい映画でした。

 「ギスギスした陰鬱な展開を送る映画なのかな…?」と最初は思っていたのですが、そこまでネガティブな描写はありませんでした。むしろ鈴子をほめてくれたり、支えてくれたりする人々の温かさ・ありがたさを感じられる和やかな場面もいくつかありました。

 この映画を観ていると、北の大自然アラスカを目指して旅を続けていた青年クリストファー・マッカンドレスさん(以下:クリス)を思い出します(詳しくは映画『イントゥ・ザ・ワイルド』で)。彼も旅の途中で、どこかの誰かに働かせてもらって世話になっていました。クリスは北を目指して動いていましたが、鈴子は「とりあえず100万円貯まったら、引っ越す」という具合で、動く先はランダムのようです。

 さまざまな経験や事柄を受けつつも、百万円が溜まったらそそくさと引っ越す鈴子。彼女の生き方を観ていて、「モンゴルの遊牧民や本当のノマドライフって、こういう生き方を言うんだろうな…」と感じました。一つの場所に定住せず、ある程度時期が来たら、別の場所へ移動する。

 ちなみに、鈴子には小学生の弟がいるのですが、学校で陰湿ないじめを受けています(それも『ドラえもん』のジャイアンやスネオですら逃げ出してしまいそうなほどの)。起伏がありながらもさまざま人生経験をしている鈴子に対し、一つの場所でいじめなどの苦難に耐え忍んでいる弟の2極化した演出が印象的でした。旅に出る人の人生とその場に留まる人の人生。両者の良し悪しは分かりませんが、それぞれの道の違いをあまりにも上手く表現していて、観ていて衝撃を覚えました。

 今後の鈴子の展開が気になるところですが、エンディングを観た限りでは「百万円貯まったら、引越しする」という生活を繰り返すことになりそうです。その後の彼女の人生がどんなものか、続編か何かで描いてほしいですね(家族やこれまで出会った人たちへの再会など)。


 「各地を転々として生活するとはどういうものなか」「一定のお金貯めてから、何かするってどんなものなんだろう」と考えている方・気になっている方にオススメです。『イントゥ・ザ・ワイルド』と今作を、ぜひ合わせて観てもらいたい。


映画『百万円と苦虫女』公式サイト


スポンサーサイト

相当にやばくなってきた今日この頃

 夏の暑さもいくらか退き、涼しさが増した昨今。世間では、「過ごしやすくなった」とポジティブな半面、私はかなり陰鬱になってきました。

 ここ数日は精神疾患の悪化がひどく、それに伴う体調の悪化も悪くなってきました。腹痛や吐き気、頭痛に見舞われ、早退・欠勤を週に何度かする始末。職場にいることすら満足にできなくなってきました。「出社したくない…」、そう思ってしまう日々が多々出てきました。そんなことながら、今日も欠勤しました。

 さすがに「これではあかん!」と、昨日は現法人の社長とマンツーマンで相談。社長も困っていて、私の処遇を持て余している状態。こうした状況を見ていると、「自分は働くことに向いてないんだな…」と正直思えてくる。かといって働ける気力も、ここ数日でだいぶすり減ってきた。

 そんな中で明日はかかりつけのお医者さんに通う日々です。昨今の状況を、洗いざらいぶちまけて、今後の治療方針・生活の過ごし方をどうするか相談する予定です。


『そこまで言うか!』

そこまで言うか!そこまで言うか!
(2010/09/02)
勝間 和代、堀江 貴文 他

商品詳細を見る

 ホリエモンこと堀江隆文さんと、2ちゃんねる元管理人のひろゆきこと西村博之さん、経済評論家の勝間勝代さんによる対談本。以前から本書については知ってはいましたが、たまたまブックオフにて105円で売っていたのを機に購入。

 対談は、都内の某ホテルで7時間に及んだというかなりのもの。本書は、3人がお互いの考えや価値観を吐露(暴露)しながら、社会情勢のこと、経済のこと、人生のこと、趣味のことなどなど、幅広く語っています。7時間分の対談を記録したこともあってか、本書の厚さは3cmもあります(!)。

 対談していて、お互いに意外な印象があったりして、けっこう面白いです(ホリエモンが意外とナイーブだったり、勝間勝代さんは以前ゲームが大好きだった時期があったりなど)。

 全部を紹介するのはさすがに難しいので、本書の中で個人的に一番印象深かったところを紹介。

西村 お金を使うの、ダメなんですよ。嫌いなんですよ。
堀江 なんで?
西村 使った分、稼がないといけないから。缶ジュースも金持ちが飲むものだと思っているから、買わないんです。



 これは同感。お金というものが自分の労働との引き換えによって、得られているものだとしたら、ポンポン使いたくないです。以前こちらの記事で、お金持ちがお金を使わないという事実について書きました。ひろゆきさんもこのことに気づいているのだと思います。


 読み終えた感想は面白かったです。

 出てくる理論や考え方については、3人の著書でもすでに書かれていることなので、そうした既知のところでは新鮮さはあまりないですが、読み物としては面白い。私はひろゆきさんも勝間さんの本も読んだことありませんでしたが、本書を機にいずれ彼らの本を読んでみようかと思います。


続・とある方からのコメントへの回答

 数日前に、当ブログにある方から非公開のコメントが来た。そのコメントを投稿した方は以前、私の就農についていくつか質問してきた方と同一人物である(詳しくはこちら)。

 この方は「自分なりの生き方を模索している最中の者」ということだが、就農に興味がある様子。今回私の方から「(就農に関する)具体的な行動は何かされているんですか?」という質問を投げかけてみた。後々、その質問の回答に、更なるコメントが付いてきた。

 その内容が大変興味深かったので、今回はそれへの回答も兼ねて記事を書いていく。まずは、肝心のコメントの内容から。今回は原文・全文をそのまま引用している。

今はまだ情報収集をしている段階ですが、ある程度の方向性は決まっているので、後は実行に移すだけと言った所です。

現在、茨城で研修しているとの事ですが、将来就農するとなると研修先となっている茨城で就農するのが一般的ですよね。
新規就農者の場合、農地を借りるのに、長い時間をかけて近隣の農家の人と信頼関係を築かないといけない訳ですから、2年の研修が終わった後に、"やっぱり長野で就農するわ"と言って簡単に長野で農地を借りる事は出来ませんよね。
当然、関東と中部での農法も違えば標高や気候も違います。これも状況をより難しくさせている原因ですね。

ですが、そこは農業に恵まれた農業大国茨城です。
利益が出る農地も先5年の間に、空きが出てくる事と予想されます。
今からめぼしい農地を見つけて、県の就農相談センターか農協長に相談に行った方が良いかもですね。
ちなみに、茨城の場合は旭・鉾田・大洋・北浦 波崎 八千代
この辺を中心に儲かる農地が転がっているようです。
ですが、世代交代が進んでいるようで、中々空きが出ないような事も県の人が仰っていました。それと、茨城の北側は儲からない土地みたいなので県の人から進められたら断わった方が良いかもYo!



 さて今回のコメントだが、失礼なことを承知で書くと、文章を読み終えた際に「この人は、机上の空論でしか物事を語ってないな」と正直感じてしまった。

 当人がまだ情報収集の段階で農業の実践をしていない、というのも一理あるが、問題だったのは、コメントの大半を占める私への茨城県への就農への勧めだ。

 確かに私は茨城県内にある農業法人で就農した。しかし、だからといって、茨城県で農業をやろうとはまったく考えていない(何より私は研修生ではなく、単なる農業法人の一従業員だ)。

 以前この方からの質問でも答えたが、私が茨城県の現法人を選んだのは、実家に近いということが一理あるからだ。自分自身に精神疾患がある以上、そう遠くで農業することはできない。実家にある程度近く、東京でかかりつけのお医者さんにも何とか行ける範囲での距離を選んだ結果、現法人を選んだのだ。茨城県だからという特別な理由はない。

 それにこの方は、茨城県が全国8位の農業大国であることをしきりに押してくるが、それが農業従事者にとって必ずしも魅力的な話になるわけではない

 確かに茨城県はさまざまな農作物を栽培していて、かなり農業に適した土地である。しかし、私は今いる茨城県にはっきり言って定住するつもりはない。その土地の景観や雰囲気が好きになれないというのが大きな理由だ。とりあえず自分自身の一時的な経験の場として来ているのであって、そこで農業の何もかもをつぎ込むような場所ではない。

 私の勤め先の農業法人で働いているMさん(仮名)も同じ考えだ。彼は千葉県出身であり、茨城県には自身の独立の修行のため来ている。いずれ時期が来たら、彼は実家がある千葉県で農業をやりたいという。

 新規就農者がどこで農業を始めるかは人それぞれだろう。私が茨城県で本気で就農しようと考えるのであれば、最初から定住込みの就農研修制度をとっくのとうに利用している。たとえ農地に適した土地が多い地域でも、その地域を好きになれなければ、農業はやってられない。どんなに就農を希望しても、定住するとなると、単に「農業に適した土地」以外の要素も考慮せざるをえない。私が定住込みの就農研修制度を利用しなかったのは、このためだ。

 これは、私が和歌山県新宮市の共育学舎で農業をやらせてもらって、実感したことだ。共育学舎代表の三枝さんは新宮市の熊野が好きだからこそ、そこで農業をやりつつ、他者を受け入れる活動をするし、地元のこともいろいろと考えて行動する。

 それに私が今後の農業のことで方向転換したり、新しい物事を取り入れようと考えた際には、必ずそれを自分の足で確かめるつもりだ。私は就農に当たって、共育学舎の「いなか研修生」に参加したり、気になった求人を出している農業法人に見学に行った。それをやろうとしたのは、私が「いなか研修生」に参加する前に代表の三枝さんが教えて下さった言葉からなる。

 就農に関心があるようですが、色々な考え方があり、色々な農業のやり方は有ると思います。大規模な専業なのか、小規模の兼業なのか。いずれ にしましても農業に関する情報は一面的ですくないと思います。自分の足で確認したらいいと思います。



 私は農地探しも、まずは自分の足で探したい。それには茨城県だけにこだわろうとせず、他県の土地も十分に見てから決めていきたいと考えている。これはナリワイの伊藤洋志さんやニートのphaさんが提唱していることで、選択肢が多くあった方が今後の自分のやることに絶対的に優位だからだ。

 農業をやる場所を初めから茨城県だけと決めつけては、かなり動きづらいだろうし、何より面白くない。全国さまざまな土地を調べつつ、強く気になったらその土地まで実際に足を運ぶ。この方が五感をフルに使って探すのだから、文面上の情報よりもはるかに情報の質が違う。

 土地の取得はそこからでも十分ではないかと考えている。今先走ったところで、技術がなければ土地があっても無意味だ。


 以上、コメントの方には少々失礼なことを書いてきたが、最後に一つ。農業は基本的にトライ&エラー(試行錯誤)を繰り返して行うものだという。これは東京しごとセンターで親しい講師の方から教わった話だ。つまるところ実践あるのみということだ。

 私はニートだった期間を利用して、農業のことを調べてみたが、最終的には「なるようなる」と信じて、現在の農業法人に就職した。結果、いろいろと農業のことを学ばせてもらっている。やってみて分かったこともかなり多い。たとえ現在勤めている農業法人が何らかの理由(倒産や解雇など)で勤められなくなっても、私はどこかの場所でまた農業をやるだろう。

 たびたび失礼ながら、今回コメントを残した方に言いたいのは「そんだけ十分リサーチしたんだから、さっさと動いたらどうだ!」ということ。農業は所詮自分でやってみなきゃ分からない世界なんだから、いくらリサーチしてあれこれ問い詰めたところで分かるはずもないのだ(私は茨城県が全国8位の農業大国であることすら知らなかった)。

 コメントした方がこの記事を読んでどう思うか。そもそもこの記事を読むかどうか。それはわからない。しかし、私は黙々と農業をやり続けていくだろう。気になることがあれば、自分の足で確かめに行くだろう。自分が求めるもののために。


スマホの表示にメニューを加えました

 当ブログでスマホを見るとコメントやリンクが見れなかったのが、今まで気になっていました。

 ですが、最近になってこれが設定次第で表示できることが判明(!)。なんで今まで気がつかなかったんだろう…。

 メニューは最新記事・最新コメント・最新トラックバック・カテゴリ・月別アーカイブ・リンクの6項目を表示できるように設定。メニューはどのページでも、下部の方にスクロールすることで見ることができます。

スマホ版メニュー
▲スマホでのメニュー画面

 スマホで最新コメントやリンクを覗きたい方は、ぜひご活用ください。