橘玲さんのベーシックインカムに対する私の意見(2)

前回の記事はこちら


 前回は橘玲さんの「素晴らしきベーカムの未来」に対する私の意見を書いた。今回は橘玲さんのもう一つの記事である「「素晴らしきベーカムの未来」の追記」についての記事に対する意見を書いていく。

 この記事で、橘玲さんはベーシックインカムに対する対する反対意見や見解についての追記を、以下のように書いている。

(1)日本国憲法の定める「健康で文化的な最低限度の生活」とは、「所得」の保障ではなく、「効用水準」の保証である。
(2)働くと給付が減額される生活保護制度が「貧困の罠」だとしても、負の所得税ですべての問題が解決するわけではない。
(3)低所得者の労働インセンティブは、負の所得税やベーシックインカムでなくても、勤労所得税額控除で改善可能だ。
(4)低所得者層に対する一律の現金給付は望ましくない。
(5)現物給付よりも現金給付が優れているとはかぎらない。
(6)勤労者への所得税額控除が望ましいとしても、不正受給の問題は避けられない。
(7)公的年金による最低所得保障は一種のベーシックインカムだが、大規模なモラルハザードを引き起こす。



 上記の各項目について、私なりの意見や見解を一つ一つ書いていく。

 まず1番の項目だが、「効用水準」の保障として幸福度を挙げているが、そもそも幸福度自体抽象的なものである。いくら数値化しても、それが必ずしも社会における格差や所得の不満を改善できるものにならない。何によって幸福を感じるかはさまざまな要素があって決められるものにも関わらず、それを限定して一定の幸福度に到達しようとすること自体矛盾がある。

 橘玲さんの記事には、生活保護受給で幸福度が3になることが述べられているが、そこに就労の義務を加えては、そもそもベーシックインカムの概念にそぐわない。それは現行制度における生活保護の範疇であり、自由を最大限保障するベーシックインカムにあてはまることでは決してない。

 2番については、以下のような詳細述べられている。ここでは主に負の所得税のことから就労インセンティブの変化について、書かれている。

たとえば年収300万円の者が、負の所得税の導入で、年収250万円でも50万円の還付金が受け取れることを知ったとすると、彼(彼女)は経済合理的な判断から、より多く働いて収入を増やすよりも、労働時間を減らして還付金をもらうことを選ぶだろう。

負の所得税による労働供給の減少効果は、すでにアメリカの一部地域で社会実験が行なわれている。それによると、負の所得税の導入によって、労働時間は5~25%程度減少し、雇用率も1~10%程度減少している。

負の所得税(ベーシックインカム)はフェーズイン段階ではプラスのインセンティブによって労働供給を増やすが、フェーズアウト段階では就労意欲を減退させるため、両者を合算すると、全体として労働供給は減少してしまうのだ。

日本では、負の所得税(ベーシックインカム)によって労働供給が増えることが当然の前提として語られているが、欧米の理論ではこうした効果は疑問視されている。



 負の所得税はミルトン・フリードマンが提唱した概念で、所得に応じて税金の還付と税金の増額を行う制度である。橘玲さんはベーシックインカムと負の所得税を同じ概念として捉えているが、ここに疑問を感じる。

 負の所得税は、労働によって得られた所得がないと生じない。所得税自体、働くことで得た収入によって成り立つものにも関わらず、それをベーシックインカムと混合すること自体大きな違いがある。

 ベーシックインカム(財源の概念についてはここでは述べないが)は、所得の有無に関係なくもらえる。働いた収入に上乗せされれば、その分個人の収入は増える。個人の労働で得た収入には大きな影響が無い。さらに現在は、マックジョブクラス・バックオフィスクラスの労働は、機械やコンピュータにとって代わられている。人手が必要な仕事も徐々に効率化・マニュアル化され、それほど人手を割かなくてもいいようになってきている。元々労働供給は減る一方なのだ。

 そこにベーシックインカムというセーフティネットを加えて、そうした事態に備えて、個人の生活や自由を保障する。それができるのは、労働に依存する現行の社会保障制度ではなく、ベーシックインカムのような労働に依存しない制度から成る

 3番の勤労所得税額控除だが、私はこうした制度こそ、現行制度における不正受給の温床になっていると考える。

 現行制度にある累進課税や還付のように、所得の額に応じて税金が変化しては、そこにどうしても「不正してでも税金で取られる所得を減らしたい」という欲望を持った輩も出てくる。そこにつけこみ、紙一重の脱税と節税を繰り返し起きてしまう。還付によって低所得者の労働インセンティブは下がらないと言うが、それこそ先ほどの負の所得税のように、還付を狙ってわざと低い所得を申請する輩が出てしまっては、現行の社会保障制度の不正受給問題と変わらない。

 4番では、橘玲さんがカテゴリー別の公的扶助政策がより効率的であることを述べ、さらにはそれを経済学的に正当化できると述べている。

 しかし、私はこの見解についてまったくもって賛同できない

 現状の日本をみればわかるとおり、日本の現行制度においてカテゴリー化は失敗している。浮いた年金問題や生活保護の水際作戦などによって、本来社会保障制度によって救われるべき対象だった人々が、該当されないという事態が起きている。それどころか、現行の社会保障そのものがうまく機能していない。

 山森亮さんの指摘では『ベーシックインカム入門』では、生活保護で5人のうち4人は受給できてないとされ、セーティネットの機能すらしていないという強い指摘がある。そうしたことからカテゴリー化による社会保障制度自体、失敗だったと言っても過言ではない

 そうした現状を取りあげずに、「経済学的に正当化できる」としてカテゴリー化を述べるのは、現状を無視した机上の空論に他ならない。プロの作家である橘玲さんが、そうした机上の空論になるような物事を書くこと自体、いかがなことだろうか。

 5番では、フードスタンプなどによる現物支給が現金支給より優れていると述べている。

 しかし、フードスタンプ(現在は改称されて「SNAP」)の場合、『ルポ 貧困大国アメリカ』の著者である堤未果さんが指摘しているように、アメリカでは政府と大企業の癒着によって、SNAPで食べられるものは不健康になりやすいジャンクフードに偏っている。国家と大企業との癒着によって、個人の食生活すら自由を奪われているのが現状だ。またWikipediaによれば、フードスタンプの不正受給による転売が、問題となっているという。

 こうしたことから、現物支給が必ずしも一律の現金支給より優れるとは限らない

 6番の不正受給が避けられない問題だが、ベーシックインカムのみならず、どんな社会保障制度でも不正受給問題(フリーライダー問題)はついてまわる

 とはいえ、それだけでベーシックインカムに対する反対を述べるには無理がある。橘玲さんは述べていないが、ベーシックインカム反対意見として「不正受給が増える」という指摘がある。しかし、不正受給自体どうやっても完璧に防ぎようがないのだ。とはいえそこであきらめずに、不正受給に対処しつつ、より一般的な受給者が受給できる仕組みを整えることが大切なのではないだろうか。これは7番についても同じことが言えるだろう。


 以上が橘玲さんに対する私のベーシックインカムの意見・見解である。「橘玲さんがベーシックインカムを認めてくれないのが問題なんだ」といったことを言うつもりは毛頭ないが、矛盾を感じるところ・疑問を感じるところをあらいざらい書き出した。

 橘玲さんが本記事を読んでくださる可能性は低いと思うが、この記事でベーシックインカム導入に対する敷居が少しでも低くなってくれれば、幸いである。


<参考>
山森亮『ベーシックインカム入門』
堤未果『ルポ 貧困大国アメリカ』
Wikipedia「ベーシックインカム」
Wikipedia「フードスタンプ」


スポンサーサイト

日系パワハラ

日系パワハラ

 たまたまネットサーフィンしていたら、見つけたブログサイト。ブラック企業に蔓延するパワハラまみれの惨状を8コマ漫画にして表現している。

 作者である山下和馬さんは就職氷河期に新卒で就職するも、そこはパワハラが蔓延するブラック企業。作者曰く「10年近く耐えたものの繰り返されるパワハラジェノサイドと、ブルータスも真っ青になる社内裏切りの連続、顧客全力軽視の方針に限界を感じ、ついに脱北を決意」と言うほどのひどさだったとか。

 8コマ漫画ということもあり、パワハラの惨状を読みやすく分かりやすく描かれている。漫画なのでパワハラの中には多少誇張して書かれているものもあるだろうが、日本企業独特の不条理な職場や慣習は労働者なら「あるある!」とうなずいてしまうようなものもけっこう多い。

 さて、こうした不条理なパワハラを生み出しているのは日本独特の雇用情勢や社会情勢というのもあるが、一番目立つのはその原因を生み出してばかりいる輩の存在だ。

 ここで問題となっている輩は、どれも取るに取らない存在の人間ばかりだ。大した存在でもないのに、会社内における地位や特権を掴んでしまったがために、立場の弱い人々(社員)にそのシワ寄せがいってしまっている。

 以前、私はこちらの記事で「本当の社会の敵とは取るに足らない輩である」と述べたが、日経パワハラで描かれている輩は、まさにその取るに足らない輩の特徴とほとんど同じ(!)だった。あまりに同じで驚いたのだが、所詮は不正受給者もパワハラする輩も同じ穴のムジナということであろう。


 日本の労働者ならぜひ読んでおきたいブログサイト。ブラック企業によるパワハラの被害は、明日の我が身かもしれないということをひしひしと感じさせてくれる。


橘玲さんのベーシックインカムに対する私の意見(1)

 以前、私は自分のブログにて、橘玲さんのベーシックインカムに対しての意見を書いた。

それでもベーシックインカムに反対できない(1)
それでもベーシックインカムに反対できない(2)
それでもベーシックインカムに反対できない(3)

 橘玲さんはベーシックインカムについて、反対の意見を述べている。そうした中で、橘玲さんは自身の公式サイトで、ベーシックインカムに対する更なる反対意見や見解を書いている。

橘玲公式サイト「素晴らしきベーカムの未来」
橘玲公式サイト「「素晴らしきベーカムの未来」の追記」

 以前から上記の記事を読んだ際、私は橘玲さんの反対意見について、ずっと大きな疑問を抱いてきた。反対意見そのものを非難するつもりは毛頭ない。だが、橘玲さんの意見は個人的に疑問を感じざるを得ないくらい、反対意見としては粗末さや物足りなさを感じる文章だった。

 単に反対意見だけで粗末さや物足りなさを感じるのではない。橘玲さんがこれまで述べてきた主義主張や考え方や価値観と照らし合わせると、彼の反対意見にどうしても矛盾を感じてしまうのだ。

 私のような凡人が書く文章で矛盾を感じているのならば、単なる「よくあるネットの書きこみ」として相手にされないだろう。しかし、橘玲さんはプロの作家(モノ書き)だ。プロである以上、彼が述べてきた主義主張と、今回述べているベーシックインカムの物事に矛盾を感じてしまうのは、彼のプロとしての信頼に大きく関わる。

 私は橘玲さんを尊敬し、彼の本を何冊も何度も読んできた。だからこそ、今回の反対意見の粗末さや物足りなさからくる矛盾には、どうしてもその疑問を拭いきれないのだ。

 今回は橘玲さんのベーシックインカムの反対意見について、疑問に感じたことをもとに私なりの意見や見解を述べていく。なお、私は橘玲さんがベーシックインカムを反対しているからといって、彼を無暗に卑下したり敬愛の念を捨てたりといったことをするつもりはないことを、読者の方はご了承いただきたい。


 では本題に入ろう。まずは「素晴らしきベーカムの未来」についての、意見や見解を述べていく。

 橘玲さんは前者の記事で、日本でベーシックインカムを導入するのは財源の問題から荒唐無稽な話だとして、「そんなことができるわけがない……」として真っ先に取り上げている。ベーシックインカムの財源については、これだけでいくつもの記事を書けてしまうので、ここでは取り上げないことを明記しておく。

仮に、日本にベーシックインカムが導入できたとしても、下記の3つのことが確実に起きると橘玲さんは述べている。

1.強制労働
2.超監視社会
3.鎖国



 まず強制労働だが、これは財源となる税金を納めてくれる納税者を納得させるために、「健康なのに働かない者」を働かせる“正義”だという。ここで言う正義とは「国家がすべての国民の生活最低保障をするのは正義だ」という、国家による納税者を納得させるための正義だ。

 この正義を貫くためには、働かない自由を認めずに、働かせることを強制させないと筋が通らない。そのために強制労働が起きるという。

 超監視社会では、以下のように述べている。

また、誰でも気づくように、ベーカムでは所得をより少なく申告することで収入を最大化できる。300万円の所得のひとはほんとうなら50万円の税金を納め なければならないが、所得を200万円に減らして申告すれば納税はなくなるし、所得ゼロなら100万円を受け取れる。このようにベーカムは、税金をごまか したいという強い誘引を納税者に与える。



 上記の内容では、ベーシックインカムは就労インセンティブを下げ、不正受給を更に呼ぶということになる。そうした事態を避けるべく、社会が監視社会になるというもの。

 鎖国については、貧困にあえぐ外国からの移民がベーシックインカムを求めて、移住してくるという問題から、日本はそれを防ぐべく“鎖国”になるという話だ。

世界では、10億人を超えるひとたちが1日1ドル(80円)以下で暮らしている。そんなグローバル世界で、「日本国民なら誰でも年間100万円(1 日あたりおよそ34ドル)が支給される」ベーカムが実施されたとしよう。このとき世界の貧しいひとたちにとって、日本国籍を取得するか、それが無理なら日 本国民となる子どもをできるだけたくさん持つことが、貧困から脱出する魔法の杖になる。

じつはこれは、法律上はものすごく簡単だ。日本の国籍法は血統主義だから、日本国民の父親か母親を持つ子どもは無条件で日本国民になれる。貧しい国の女性たちは、日本人男性との間に子どもをもうけるだけでベーカムの恩恵を受けることができるのだ。

そうなれば、日本人男性との偽装結婚ばかりか、セックスすらも闇市場で売買されるようになるだろう。これは想像するだにおぞましい世界だが、ベーカムの持つとてつもない魅力を考えれば、世界じゅうの貧しい女性たちが貧しい日本人男性に殺到するのは避けられない。

この道徳的退廃を解決する方法は、日本国民の男性と女性のあいだに生まれた子どものみを「日本人」とする純血主義しかない。これによってベーカムの支給範囲は限定できるが、同時に、外国人の父親か母親を持つ子どもは「非日本人」として差別されることになる。もちろん移民が日本国籍を取得することなど まったく不可能になるだろう。



 いずれの話も橘玲さんはベーシックインカムを導入することは、日本にとって更なるネガティブな事象をもたらすという風に述べている。

 しかし、橘玲さんの主張には、大きく指摘しておきたいことがある。それは「現行の社会制度を引き継いだままでのベーシックインカムをやる」という点だ。

 先ほど出た強制労働への正義だが、そこには「働かない自由」を認めていない記述が一切書かれていない。本来ベーシックインカムは働かない生活も認めたうえで、人々の自由を保障するものである。もし、ベーシックインカムが導入されても人々を労働から自由になれないというのであれば、はっきり言ってそれはベーシックインカムではない。現行の生活保護と同じであり、本来提唱されている概念に沿っていない。その時点で疑問を提唱する人が必ず出てくるはずだ。

 仮に納税者の税金が何らかの形で還付されるのが“正義”だとされるのであれば、全国人にベーシックインカムを支給している時点ですでにその“正義”は達成されている。自分がベーシックインカムをもらって、そのうえ使い道は自由なのだから、ここで働かない者へのスティグマを敵視することに今さら意味がない。すでに平等にベーシックインカムが支給されるという以上、あとの生活や活動の是非は個人の行動にゆだねられるので、それ以上バッシングされるのはお門違いである。

 「税金を払いたくない」として脱税に走る者ももちろん出てくるだろう。しかし、それはベーシックインカムに限った話ではない。それに、ベーシックインカムはこれまでの税制を大きく変えたうえで、成り立つ制度であることを忘れてはならない。人を脱税に走らせてしまうほどのネガティブな税制ならば、それにNOを突き付け、改善できるように行動できるのが、私たちの立派な務めでもある。「脱税した奴が出たから、他人を監視しよう」ではなく、「脱税するほどの税制ならば、皆が納得できる範囲での税制に改善しよう」という考え方や働きが出てきてもおかしくはない。

 超監視社会においてのベーシックインカムが就労インセンティブを下げ、不正受給を更に呼ぶことも、現行の所得税などの税制度をそのまま用いたらそうなるだろう。しかし、ベーシックインカムは必ずしも現行の制度で行うものではない。むしろ現行制度に問題があるからこそ、それらをより簡素なものに変えてベーシックインカムを導入するのである。

 国家の監視が問題となるが、それはあまりに制度が複雑化し、個人の生活を不自由にするという事態から来ている。ならば制度をより簡略化し、国家が強く介入できないような仕組みを目指せばいい。そうすることでベーシックインカムの計算や受給もしやすくなり、不必要な監視もいらなくなる。

 鎖国の問題だが、これは皮肉にも日本独特のムラ社会(社会構造)が、移民の進入を拒み、自然と彼らを追いやっていくだろう。不法移民が仮にベーシックインカムを受給できたとしても、日本の風土や独自の文化や風習などに耐えきれず、精力的な活動はできなくなることは必須だ。結局、彼らはベーシックインカムを得られたというだけで、それ以上の生活や活動はできなくなってしまうのだ。不法な取得による移民は特別な方措置などを取らなくとも、自然に淘汰される。

 いずれにせよ、現行の社会制度の引き継いでベーシックインカムを実現する方が、荒唐無稽であることが分かる。橘玲さんはそのことに気づいているのだろうか?


つづく


『R-Type Dimensions』体験版の感想

 実家に帰ってきて、久々にPS3をネット回線につなげて、Playstatin@Storeを見てみた(アパートではネット回線がなかった)。その際、「やってみようかな」と思ったゲームの体験版が配信されていたので、ダウンロードした。それは『R-Type Dimensions(以下R:D)』。今回はそれについての感想をいろいろ書いていく。

 このゲームについて後々詳しく知ったのは、『地震雷火事おやじ』の管理人であるKaminaribozeさんのブログでも紹介されている下記の記事。

kaminaribozeのジオログ「R-TYPEがPS3に完全復活!」

 R-Typeシリーズは20年以上も前にアーケードで稼働した横スクロールシューティングゲームで、今作はシリーズのⅠとⅡをカップリングしてリメイクしたもの。元々はXbox360のXbox LIVEで配信されていたものだが、それに新たな要素を実装している。

 R:Dのグラフィックはレトロゲームを感じさせるドットスタイルの2Dと次世代機に見合った3Dの2つが選べる。今作ではプレイ中に△ボタンで、どちらか手軽に変更できる。アーケード稼働当時の雰囲気を味わいたい場合は2D、最新機種に合わせたグラフィックに3Dでプレイできる。この機能はとても良かった。気分一つでグラフィックが変更できるので、どちらも手軽に楽しめる。

 カメラアングルや画面サイズも変更できるようになっており、画面表示のバリエーションも豊富だ。2Dの「アーケード」を設定すると画面の周りに3Dグラフィックで描かれたアーケードの機体が出てくるという凝った仕様。

 手軽なのは、グラフィックの選択だけではない。新しいモードとして「インフィニティモード」があるのだが、これはとてもいい。このモードは残機が無限で、ゲームオーバーを気にせずにプレイできる。スクロールシューティングに苦手な方や初心者の方でも安心して楽しめる。私はこのモードでしか遊んでないが、これだけでも息抜き感覚で手軽にプレイできて、爽快だった。

 従来のシューティングゲームのように有限の残機でプレイするモードももちろんある。ゲームオーバーにならないように緊張感あるプレイを求めている方でも、楽しめるようになっている。

 基本的に不満のない体験版だが、個人的に少々悪く感じた点もある。それは機体の移動が少々遅いこと。私自身、スクロールシューティングを多くプレイしてきたわけではないが、それでも今作の機体の移動速度は遅く感じる。あとゲーム開始時のロードも、長くないとはいえ、気になるところだ。


 全体的に面白く、手軽に楽しめる体験版。今作ではステージ1つしかプレイできないが、残りは製品版に期待したいところだ。オススメ。


『R-Type Dimensions』公式サイト


TSUTAYAで知った『ポケットモンスター THE ORIGIN』

 今日は家族で外食した後、ツタヤに寄りました。その際、ツタヤのフリーマガジン『TSUTAYA CLUB MAGAZINE』の12月号の裏表紙に興味深い記事がありました。それが↓。

『TSUTAYA CLUB MAGAZINE』12月号 裏表紙
▲『TSUTAYA CLUB MAGAZINE』12月号 裏表紙

 なんと、『ポケットモンスター』のOVAが出るそうなんです!! タイトルは『ポケットモンスター THE ORIGIN』。雑誌の内容によると、それも赤・緑時代の世界観に沿った内容だそうです。劇中の音楽も、オリジナルBGMをアレンジしたものとか。

 ポケモンのアニメというと、現在テレビ東京で放送しているテレビアニメ版『ポケットモンスター』が有名ですが、それとは別のもののようです。主人公がサトシではなく、ゲームの主人公レッドになっています(演じている声優さんも別)。とはいえ、このテレビアニメ版ですが、ゲームとリンクした内容ですが、ゲームとは違った内容や展開でストーリーが進んでいます。

 この記事を読んだ時、驚き喜びました。私はポケモンの赤・緑を楽しんだ最初の世代です。大人になった現在でも、当時の興奮は忘れられません。そのこともあって、現在でもポケモンのアニソンを時々聴いたりすることがあります。今回知ったOVAは赤・緑の内容をセリフの一つ一つに至るまで再現したということなので、原点回帰を思わせる作りっぷりだそうです。赤・緑世代の私としては、これほど当時の興奮を思い出させてくれるようなことはありません。

 また、本作の公式サイトで登場するキャラクターを演じる声優さんをチェックしたところ、テレビアニメ版とは違う声優さんが演じることも分かりました(テレビアニメ版でも登場したオーキド博士とタケシすら、テレビアニメ版とは違う声優さんです)。このあたりも面白さにどう変化するのか気になるところです。

 12月4日にブルーレイとDVDのレンタルと販売が同時にされるそうです。出てしばらくは新作なのですぐに観るのは難しいと思いますが、ある程度時期が経てば普通にレンタルして観れると思います。私はその時に本作を観たいと思います。

 私と同じポケモン赤・緑世代の皆さん、本作は要チェックですよ!


『ポケットモンスター THE ORIGIN』スペシャルサイト