共育学舎からのヒッチハイク体験記(2)

前回の記事はこちら


 ついに共育学舎を去る日がきた5月30日。三枝さんを始め、共育学舎の方々と別れた後、ヒッチポイントに向けて出発。ヒッチポイントまでは、同じ滞在者のYさん(仮名)に軽トラで送ってもらった。

 ヒッチポイントに着いた後、事前に作成しておいた「田辺まで」と大きく書いたダンボールの看板を持ち、早速ヒッチハイク開始。

 車はちらほらと通っているので、ニッコリ笑顔で看板掲げてヒッチハイクするものの、ヒットせず…。まあ、バスが来るまで40分もあるので、そんなに焦ることではないのですが、こうもヒットしないと「なぜヒットせんのや…?」とぼやいてしまう。

 ふと気づいたのが、ヒッチハイクでおなじみの親指を立てるのをしてなかった。そこで、左手で看板を掲げ、右手で親指を立てた拳を突き出して、ヒッチハイク再開。

 ヒッチハイクを開始してから10分後。とある1台の中型トラックがヒッチポイントに停車。そのトラックの中から運転手さんが開口一番に…。

 「おう、兄ちゃん! どこまで行くんや?」

 ついにきたぁああああああああ!!!! 開始から10分でヒット。初めてのヒッチハイクとはいえ、ヒットできた。これはうれしい。

 で、先ほどの言葉に対して紀伊田辺駅までと答えると、運転手さんは「紀伊田辺か…。ちょっと待ってな」と、スマホで調べながらルートを確認。すると、「紀伊田辺ではない方向に向かうから、途中までしか乗せていけないけどええか?」とのお言葉が。「途中まででも乗せてもらった方がいい」というてつじいさんのアドバイスにならって、途中まで乗せてもらうことに。後々、私が和歌山・大阪経由で京都へ行くことを知った運転手さんは、海南市の方まで送ってくれることに。

 だが、トラックの中は荷物であふれかえっており、どう乗ればいいのか分からず。運転手さんが「荷物の上に乗ってくれ」と言うことで、荷物の上に乗ることに。まさかこのような形で車に乗るとは…(乗せてもらえるだけでもありがたいが)。シートベルトはというと、私が右手で支える形で、かけているように見せるだけ。運転手さん曰く「ポリ公に見つかったら、あかんからな」。ありえへん…。

 道中乗りながら、自己紹介。私を乗せてくれた運転手さんは、運送業のトラック運転手であるIさん(仮名)。大阪府出身の方で、現在は和歌山県内に住んでいるのだとか。

 Iさんは仕事で、新宮市から和歌山市へ移動する最中だったそうで、その時にヒッチハイクする私を見て、乗せたのだとか。Iさん自身ヒッチハイカーを乗せるのは初めてのこと。乗せてくれた理由を話してくれたのだが、「(周りに何もない)あんな所に立ってて、かわいそうやったから」とのこと。私は憐れんだ表情とか素振りをしていたわけではないのですが、そう思われていたとは予想外…。

 Iさんとは、道中さまざまな会話を楽しんだ。

 まずは農業のこと。私が共育学舎で農業をやっていたことについて、とても興味を持ってくれた。というのも、Iさん自身も自分の敷地で(食べる分だけの)農作物を育てているのだそうで。そういうこともあって、農業の話題はかなり盛り上がった。どんな農作物が育てやすいか、どんな獣害にあってしまったか、など興味深い内容ばかり。偶然とはいえ、ヒッチハイクで出会えた方と農業に関する会話をできるのはとても良かった。

 次に関西地方のこと。私は共育学舎への滞在経験や京都が好きであることから、関西地方についてとても興味がある。というよりは、もう関西を含めた西日本が好きと言ってもいいかもしれない。関西地方の地理のこと、関西弁の違いのこと、などいろいろと参考になる話でこちらも盛り上がった。やっぱり関西はいいなあ。

 そうした会話を楽しんでいくごとに、Iさんは私にとても興味を持ってくれていた。道中運転しながら、他の同業者の方に今回のヒッチハイクの出来事を誇らしげに語っていた。「今俺が乗せてるヒッチハイクの兄ちゃんはえらいで! 同年代であるおまえも見習えや!」との声が。横で聴いていた私は、さすがに恥ずかしかったが…。

 先方の都合で、海南市ではなく、有田市の簑島駅で降ろしてもらった。当初の予定だった紀伊田辺駅よりも、より和歌山市に近いところでの下車となった。

 ヒッチハイクで使ったダンボールは、Iさんが記念に欲しいということで差し上げた。私は今回のお礼として、共育学舎滞在中に造ったポン菓子もプレゼントした。Iさんは大喜びだった。

 Iさんと別れて、簑島駅の駅舎へ。有人改札だったので、窓口で京都駅までの切符を普通料金で購入。数分後に列車も到着したので、タイミングがとても良かった。


 こんな感じで、私の初めてのヒッチハイクは無事成功した。今回の以外の場所でヒッチハイクするかどうかは分からないが、とりあえず今回やって良かったと思っている。


スポンサーサイト

共育学舎からのヒッチハイク体験記(1)

 私は5月30日に共育学舎を去る際、京都を寄ってから、東京へ帰ることを決めた。その際田辺まで行くがてら、ヒッチハイクすることも決めた。このヒッチハイク体験記の記事を書こう書こうとずっと思ってはいたのだが、半年もろくに書いていなかった。せっかくのヒッチハイク体験を書かないのはもったいないと思い、さっそく今回書きあげて、アップすることに決めた。

 ヒッチハイクのことは、以前共育学舎滞在中に書いていた雑記に記録してあるので、それを参照しながら書いていく。


 本題に入る前に、ヒッチハイクと京都に行くことを決めた経緯について書いておく。

 私は共育学舎での長期滞在中、帰る日についてどうするか、暇があればずっと考えていた。というのも、今回の滞在で行きは夜行バスで新宮まで来たのだが、帰りのチケットは用意していなかった。帰る日は長くても5月の終わりごろまでとは決めていたが、実際にいつになるか分からなかったからだ(結局30日までいたのだが)。

 それと以前からずっと思っていたのだが、「せっかく関西地方まで来ているのだから、大阪・京都方面に寄ってから帰りたい」という気持ちがあった。和歌山まで来ているのに、そうした関西の名所に寄らないというのは非常にもったいなかったからだ。特に私は京都の街が好きなので、なおさら寄りたい気持ちが強まった。

 長期滞在中に出会った人々の帰りを見送るたびに、「自分はどうしようか…」と考える日々。そして、5月の半ば辺りでついに決めた。京都に寄ってから東京へ帰ることを

 決めてから、京都に行くまでのルートをいろいろと調べたのだが、とりあえずJR線で紀伊田辺駅から和歌山駅・大阪駅経由で京都駅に向かうことを決めた。で、紀伊田辺駅までの足をヒッチハイクで行くことにした。ヒッチハイクは以前から興味があったので、今回を機にやってみることにした。

 この紀伊田辺駅までヒッチハイクで行くルートだが、共育学舎ではかなり有名な話である。このルートを考えたのが、新宮市議会議員であるてつじいこと並河哲次さんだ。てつじいさんは「ヒッチハイクの達人」と呼ばれるくらい、ヒッチハイクでいろいろな場所へ移動してきた。今回のルートも彼のヒッチハイク経験で生み出されたもの。

 紀伊田辺駅までのヒッチハイクだが、ヒッチポイントは渡瀬温泉のバス停。共育学舎でよく利用しているクアハウスへ行く際に、よく通る場所にある。なぜ、そこがヒッチポイントになるかというと、下記の図を見てもらうと分かりやすい。

田辺ヒッチポイント


 ヒッチポイントとなる渡瀬温泉のバス停には、バスが停車するための引き込み線がある。この引き込み線のおかげで、ヒッチハイクに応じてくれる車が楽に停車できる(バスは本数が少ないので、頻繁には来ない)。しかも、引き込み線は渡瀬温泉に行くための道と直結しているため、結構長い。それなりの大型の車でも停車しやすくなっている。

 それだけでなく、このヒッチポイントに接している道路はほぼ直線的に田辺市街まで向かっているので、紀伊田辺駅まで行く車に高確率でヒットするのだ。道路の交通量がそこそこ多いことも、高確率でヒットする要因になっている。

 高確率でヒットするといっても、当日乗れなかったという事態も考えられるので、バスの時刻表も調べておいた。渡瀬温泉のバス停は、紀伊田辺駅行きのバスが来る。どうしても乗れなかったら、このバスに乗ることにした。時刻表の時間から逆算して、当日はバス到着40分前までにヒッチポイントまで送ってもらって、到着までヒッチハイクにチャレンジすることを決めた。


 経緯については以上。次回から、ヒッチハイク当日の体験談について書いていく。


つづく


何か映画を観たい

 ふと日常がつまらなくなったり、何か物足りないと思っていると、「何か映画を観たい!」と強く思うことがある。私はゲームが好きなのでゲームをやっているが、そのゲームもここ最近はコレといって、欲しい作品がかなり減ってきた。そうなってくると、より映画を観たくなる。

 思えば、私は小さい頃はかなり映画を観ていた。昔親が録画した映画のビデオが何本かあって、それをよく観ていた。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『インディ・ジョーンズ』などの名作がそれなりに置いてあって、それらをよく観ていた。小学生になってからも、『メン・イン・ブラック』や『ジュラシックパーク』、『スターウォーズ』などをよく観ていた。たぶん、その影響だろう。

 私の映画好きは、母のDNAを受け継いだのかもしれない。母は若い頃、よく映画館に行って、さまざまな洋画を観ていた。『ウエスト・サイド・ストーリー』や『明日に向かって撃て』などの名作を観てきたと言う。それらの映画を観て、私の母は欧米文化に対するあこがれがとても強い。私も子どもながらに、映画の中で描かれている欧米の世界に「欧米って良いな…」と思った。

 最近はツタヤの108円でDVDを借りられることもあり、より観たい気持ちが強まっている。今からでも行こうかな…。


こういう動画を公式でやってほしい!

 ポケモンに出てくる成長要素で「3値」というものがある。この「3値」について詳しく解説している動画があった。それが以下の動画だ。



 とても分かりやすい。私は赤・緑時代のポケモン世代なので、近年のポケモンの要素についてはいろいろとついていけないことが多い。この動画で解説している「3値」についても、まったく分からなかった。それがこの動画でようやく分かるようになった。

 で、先ほどの動画を見終えて、「新要素についての解説動画を、公式でやってほしい」!と本当に思った。

 特にポケモンのようなシリーズごとに要素の追加や進化がされていくゲームではなおさらだ。かつてのシリーズを楽しんだ人でも、これからシリーズを楽しむ人でも、こうした分かりやすい解説動画はとてもありがたい。

 ゲームによっては公式サイト上でそうした解説が書かれたコラム記事があったりした。それらは単なる新要素の紹介というよりも、「新要素をいかにうまく使いこなすか」という視点で書かれているものが多い。すなわち、そのソフトを購入したゲーマーに対して、そのゲームをより面白くプレイできるようにするためのアドバイスなのだ。

 公式サイトで書かれている新要素というのは、宣伝目的の紹介文であることが常なので、購入後のフォローとしての解説分がないのは仕方のないことでもある。

 だが、家庭用ゲーム業界の情勢がいろいろと厳しい昨今、上記のような解説動画を組むなどの創意工夫はぜひ公式でもやってほしいと思う。そうした創意工夫があれば、ゲーマーの間でもそのゲームに対する盛り上がりが増えていくだろう。


『龍が如く2』レビュー

龍が如く2 PlayStation 2 the Best(「龍が如く 見参!」予告編DVD同梱)龍が如く2 PlayStation 2 the Best(「龍が如く 見参!」予告編DVD同梱)
(2007/12/06)
PlayStation2

商品詳細を見る

 数年前に従兄弟からもらった『龍が如く 見参!』が面白かったので、シリーズ初期の作品である『龍が如く』の1と2をプレイすることを決意。ブックオフにて中古250円と安かった双方を購入。今回は、1の続編である2のレビューを書いていく。

【概要】
 セガから発売されたPS2のアクションアドベンチャーゲームである『龍が如く』の続編。前作の発売から約1年後の2006年に発売。前作同様に、今作も話題となった。

 ヤクザの抗争や裏社会のリアルティを描いている点は前作と変わらない。今作では、新宿歌舞伎町のモデルである「神室町」と、大阪の道頓堀がモデルである「蒼天掘」という2つの歓楽街が舞台となっている。2つの街で繰り広げられる桐生達の仁義厚き漢たちのストーリーは今作にも健在だ。

 それ以外の要素は基本的に前作と相違ないが、続編ということもあり、改善されたところも多々ある。詳しいことは後述のレビューで書いていく。全体的に前作と比較してのレビューとなっているので、事前に前作のレビューを読むことをオススメする。

【レビュー】
[壮大さが増した仁義貫く漢のストーリー]
 古き良き時代のヤクザである桐生一馬。今作でも、(勧善懲悪じみてはいるものの)仁義・人情に厚いストーリーが繰り広げられる。

 前作同様、ストーリーにはいろいろな伏線が張られており、ストーリーを進めるごとにどの伏線もしっかり回収され、真相が見えてくる。今作では、登場する組織やキャラの設定もいろいろ深く描かれており、伏線の真実と壮大さに磨きがかかっている。

 舞台が東京だけでなく、大阪にも拡がったことも、ストーリーの壮大さやインパクトがより大きくなっている。前作では、神室町をはじめとした関東近県だっただけに、大阪という他方の都市まで登場すると、より世界観が拡がったように感じる。私は大阪にそれほど詳しくないのだが、蒼天掘の街の作りは実際の道頓堀と近い作りになっている。かに道楽の看板だったり、グリコもどきの大看板だったりと、作り込みも素晴らしい。

 くどいようだが、ストーリーの壮大さは本当に磨きがかかっている。これだけ磨きがかかっていれば、今まで以上にストーリーをより楽しめるのは言うまでもない。

[若干陳腐なところ]
 ストーリーは全体的に良い出来なのだが、若干陳腐に感じるところもある。

 ネタバレ防止の範疇でいうと、「あのキャラがまさか!」という感じで裏切り工作などを仕掛けられる場面が多い。裏切りの演出自体が悪いわけではないのだが、いかんせん裏切りが多すぎて、主人公勢力の体制が弱々しく感じる。また、「身近なあの人が本当の黒幕だった!」という演出もあるのだが、英雄伝説シリーズなどの他作品のストーリーでもこの流れが多いため、真相に対する驚きや斬新性が薄い。

 作中のキャラの言動について、ちょっとくさいところを感じることもある。桐生達が、「神室町に危機が迫っている!」という状況になった際に、「俺はこの街が好きだ! だから俺が守る!」といった趣旨のセリフを吐くことがある。これがちょっとくさい。

 ヤクザの人々が地域愛を語ること自体は悪いことではないのだが、ストーリーの流れやキャラの設定からすると、ちょっと噛み合っていない。まるで神室町の町内会や行政職員のようになってしまい、ヤクザとしてのキャラ付けをかき消してしまっている。地域愛よりも、「愛する者のため」とか「組に対する御恩のため」とか、人や組織相手の愛を語る方が、ここは自然だと思う。

[ボリューム満点のサブイベントだが…]
 サブイベントは前作以上に充実した内容となっている。特に、キャバクラ経営やホスト接待など、長期に渡って楽しめるサブイベントが増えている。また、商品や企業とのコラボも前作以上に増えた。これにより、パチスロに実機であった『アラジン』などが収録されるようになった。

 サブイベントの中には、失笑してしまうくらい、痛々しいイベントもあったりする。実際に見てもらえれば分かるが、「よくCEROの審査が通ったな」と思えるほどの内容となっている。

 サブイベントの数もかなり多くなっているのだが、あまりに多いうえにいつどこでそのサブイベントが発生するかが分かりづらい。後で攻略サイトの情報を参照してみて、見逃していたサブイベントが多くあったことを気づくくらいに多い。すべて楽しもうとするなら、攻略情報はないとかなり厳しい。この厳しさは次回作の『龍が如く 見参』にも引き継がれてしまっている。

[より爽快になった戦闘システム]
 戦闘システムは、前作に比べパワーアップし、より爽快になった。

 まず、売りであるヒートアクションの発動タイミングが増えたことで、ヒートアクションによる攻撃のバリエーションも増えた。ミニマップでは、ヒートアクションができる場所は青色で表示される他、特定の条件を満たすことでこちらが一方的に攻撃できるものもある。これにより、ヒートアクションによる攻撃がしやくなっただけでなく、単調になりがちだった戦闘に面白さが増した。

 また、難易度設定も前作ではNORMALが基本で、EASYは3回連続でゲームオーバーにならないと選択できなかったが、今作ではゲーム開始時に初めからEASYを選択できる。前作はNORMALでも難しい場面があったので、初めからEASYを選択できるのはとても評価できる。

[カメラアングルが変わらず…]
 前作のレビューでも触れたカメラアングルだが、今作では一部の場所(主に建物内など)のみにフリーアングルが適応される。神室町と蒼天掘では、それが適応されず、前作同様固定アングル緒なっている。

 この固定アングルにより、ストーリーのあるイベントで弊害が出てしまっている。とあるイベントで制限時間内に指定された場所へ急行しなければならないミッションがあるのだが、道中には警官がところどころにおり、それらをかわして進まなければならない。

 固定アングルだと、死角の位置に警官がいたりするので、アングルの切り替わり時などでそれに気づかず、失敗してしまうことがある。それだけでなく、PS2の処理能力の限界なのか、死角にいた警官が画面上に表示されるのが遅れるというラグが生じることもある。

 処理能力の限界については仕方のないところではあるのだが、上記のような弊害はもう少し改善できる余地があったはずだ。

【総評】
 前作に比べ、ゲーム性やボリュームがパワーアップし、完成度が高くなっている。ストーリーは前作から引き続きつながっている内容なので、可能なら前作をプレイしてから今作をプレイすることをオススメする。


オリジナルティ:4
グラフィックス:3
サウンド:3
熱中度:4
満足度:4
快適さ:4
難易度:2

総合点:77


『龍が如く2』公式サイト