女神の拳「宮野明美vsジード」

 前回の記事で書いたパロディ企画漫画『女神の拳』。続くかどうかもわからないこの企画の最初のストーリーは、ジード戦です。技名は「神龍百裂拳(しんりゅうひゃくれつけん)」

▼1ページ
女神の拳「宮野明美vsジード」1

▼2ページ
女神の拳「宮野明美vsジード」2

▼3ページ
女神の拳「宮野明美vsジード」3

▼4ページ
女神の拳「宮野明美vsジード」4

 今回は、北斗の拳の記念すべき第1話の北斗百裂拳のシーンのパロディ。『北斗の拳』でジードといえば、モヒカン頭の大男であり、最初のボスであり、かの有名な北斗百裂拳を喰らったキャラでございます。北斗の拳の敵キャラをイメージづけるキーキャラでもあります。

 一連の流れや構成は原作を参考にしていますが、いくつかのカットは真救世主伝説シリーズの演出も参考にしています。最初に主人公の足が映る場面、百裂拳の無数の拳を前面から見る場面、「お前はもう死んでいる」で終わる場面は真救世主伝説シリーズの演出で描いています。作中の助け出す少女はリンということになりますが、今回のパロディにあたって特に名前や設定などはまだ決まっていません(リンのポジションになることは確実ですが)。後々決めていく予定。

 ジードを描く際、青山さん風に描くことも考えましたが、オリジナルである原先生の作風で描くことを決めました。正直ジードを描いていて、楽しかったです。個人的に美しい女性よりも、筋骨隆々の男を描くのが好きなので。

 めんどくさがり屋な性分の私には、今回の漫画はいろいろと粗が出てしまっています。百裂拳の描写で素早い手の動きを出せていなかったり、ジードの服装の陰の表現ができてなかったり…。次回は、もう少し描き方を工夫してみようかと。


 それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト

パロディ漫画『女神の拳』・宮野明美

 以前、名探偵コナン漫画「平良伊江が生きていたら…」を描いた際、北斗の拳のパロディ描写を入れました。そこから「名探偵コナンの女性被害者を使って、北斗の拳のパロディ漫画を描く」という企画を考えました。私が考えるパロディなんてこんな感じですが、なにはともあれ、まずは描いてみることにしました。

 その最初は、タイトルロゴと主人公のイラスト。タイトル名は『女神の拳』で、副題は「冥界救世主伝説」。主人公は宮野明美

▼タイトルロゴ
女神の拳 ロゴ

▼宮野明美
女神の拳:宮野明美

 宮野明美は、御存じコナンのレギュラーキャラである灰原愛(宮野志保)の実姉です。女性被害者の中で、ケンシロウのように哀しみを背負う人物にふさわしいと思い、彼女を主人公に選びました。

 コナンの女性被害者を北斗の拳のキャラに当てはめる理由ですが、コナンの被害者の中でも哀しい過去や背景ゆえに亡くなってしまうキャラは(少ないですが)います。そこで、前回の平良伊江のように、何かしら活躍の描写を描きたいと思いつきました。副題の冥界という言葉通り、彼女達が活躍するのはあの世です。あの世で活躍するバトル漫画というと『幽遊白書』がありますが、そこは意識していません。単純に私個人が、あの世を世紀末な所という設定にしているだけです。

 彼女の服装は、南斗最後の将であるユリアや真救世主伝説シリーズ・ラオウ外伝のレイナの鎧を参考にしました。ケンシロウのような薄着ではなく、あえてマント付きの鎧にしたのは訳があります。

 詳しくは別の機会にお話ししますが、北斗神拳ならぬ神龍拳と呼ばれる一子相伝の最強拳法は、五龍拳と呼ばれる五大流派拳法の頂点に君臨します。神龍拳の伝承者となることは、他の四つの流派の拳法を制する長(おさ)にもなりうるわけです。この設定は、南斗六星拳と南斗最後の将の設定からパロっています。

 タイトルロゴも描いたので、あの有名なイントロ文も考えてみました。

199X年、日本は殺人事件の嵐に包まれた!
血は枯れ、肉は裂け、あらゆる人々が絶望したかのように見えた。
だが、女達の魂は死滅していなかった!



 この企画自体、どこまで続けられるかわかりませんが、やれる範囲でボチボチやっていこうかと思います。


 それでは、今日はこの辺で。


更新再開&pixivはじめました

 ハワイに行って以来、ブログの更新をほったらかしていましたが、そろそろ更新を再開します。ハワイに関する記事は現在まだ書いている最中なので、出来次第随時アップする予定です。


 それと以前こちらの記事にも書きましたが、pixivをはじめました。pixivでの私のページは↓のURLをクリック!

http://www.pixiv.net/member.php?id=8950500

 ブログと同じく、CHAGEAS-FAN名義でやっております。現時点では、当ブログでもアップした漫画を投稿したばかり。今後漫画やイラストをアップしたい時は、pixivで投稿していく予定です。

 ですが、後日談のようなあとがきの文章を添えたい時は、pixivとブログの両方でアップします。画像は両方でアップしますが、文章はブログに掲載します。あとがきの文章そのものが長いとpixivのコメント欄には描ききれないので、そこはブログの記事で掲載することにしました。

 pixivについてはまだまだわからないこと・使い慣れてないことも多いですが、いろいろ使ってみようと思います。しばら経ったら、pixivを使ってみた感想の記事でも書いてみようかと思います。


 それでは、今日はこの辺で。


更新停止のお知らせ(2015年2月8日)

 前回の記事でも書きましたが、私は9日から16日までの6泊8日でハワイに行ってきます。なので、その間のブログの更新は一時ストップします。

 ハワイではホテルのwi-fi経由でネットが使えるので、それを使ってブログのチェックはします。スマホの料金使用などの都合により、国内ほどネットを利用できないので、コメントの返信はなるべく帰国してからすることになると思います。

 ブログの更新は難しいですが、Twitterはぼちぼち使おうと考えています(こちらも頻繁には更新できそうにはないですが)。

 更新の再開は、帰国後の翌日である17日以降を予定しています。当ブログをご覧の皆さま、何卒ご了承のほどをよろしくお願い致します。


ハワイへ行ってきます

 突然ですが、私は今月の9日から16日までの6泊8日でハワイに行ってきます。なぜハワイに行くのかというと、私の従兄弟の結婚式がハワイで行われるからです。ハワイへは、私と私の母と二人で行くことになりました。父と妹は、家の用事の都合で行けないので留守番に。

 ことの顛末は、およそ半年ほど前のこと。その頃、私の従兄弟が結婚しました。従兄弟は私の8歳年上の男性で、親戚が少ない私にとって、とても身近な存在。従兄弟に以前から付き合っている女性がいるのは、周囲の話から聞いていました。結婚したという話が出て、挙式がハワイで行われる話も聞きました。

 ハワイでの挙式ということで、ごく一部の人しか出席しません。親族では、私の伯父と伯母にあたる従兄弟の両親と私の母と私くらいです(あと先方のご親族の方々)。あと、従兄弟夫婦の友人関係でしょうか(私もそれほど詳しくないのですが)。

 従兄弟が結婚かぁ~…。去年の6月に、私の高校時代の友人であるM(仮名)が式を挙げましたが、まさか翌年に私の従兄弟も式を挙げるとは。私の周りの人間関係において、2年連続で結婚式が行われるなんて、初めての経験。なんという偶然…。

 ハワイでの挙式は1日で終わるので、それ以外の日はほとんど観光です。母と二人ですが、日によっては伯父・伯母夫婦と合流して、終日観光を楽しんだりする予定です。

 観光するのは良いんですが、観光らしい観光をしたことがない私には、ハワイでどこを巡るかはそれほど決まっていません(京都ですら適当なプラン立てて、一人でぶらついていたくらいなもんですので)。ガイドブックはすでに購入してあるので、それを読みながら決めるくらいです。正直、母と伯母についていく形になりそうですが(個人的にハワイの本屋とゲーム屋に寄ってみたい)。


 なにはともあれ外国ですので、ブログの更新は一時停止して、帰国後に再開する予定です。その辺はいずれ、別の記事でお知らせします。