初期の『名探偵コナン』って面白い

 趣味で描いている自作漫画『女神の拳』の資料として、私は『名探偵コナン』の原作単行本を買っている。といっても、全巻ではなく、自分が描きたいキャラが出ている巻数のみを買っている。当然ながら、あくまで資料なので、ブックオフで108円のものしか買わない。

 そうして買って使っていると、ふと気晴らしに読んだりすることがある。で、読んでみて、ふと思ったことがある。

 「初期のコナンって面白い」

 と。さすがに『相棒』や『金田一少年の事件簿』ほどではないが(あくまで私個人の感覚だが)、けっこう面白い。

 この記事を書いている時点で所持している単行本は、9・10・11・35・36・60巻。このうち面白いと感じているのは、9~11巻の初期の巻数である(60巻辺りになると、まともに読んでもいない)。正直9~11巻に収録されているストーリーは、私が小学生の頃にテレビアニメで観たストーリーも収録されているので、馴染みのあるものでもある。

 以前、「コナンは読みにくい」と批判したことがあったが、初期の巻数はその読みにくさがあまりない。1つのページでコマ割りされたカットシーンは多かったりするが、セリフがびっちりと埋められて描かれていない分、ゲストキャラを含めた登場人物の動きに対する描写が多くて読みやすい。このおかげで、キャラの資料となる描写が必然的に多くなるのも良い(35・36巻の平良伊江は資料となる描写が少なすぎて、いかに難儀したことか…)。

 また、亡くなってしまった被害者に対するフォローもそれなりに描かれているのも良い点だ。個人的に「資産家令嬢殺人事件」に登場する七尾米というキャラのラストの行動は、MVPクラスの素晴らしい描写だと思う。『相棒』や『金田一少年の事件簿』と比べると、それほど手厚い描写ではないが、これぐらい描かれている方が無難だ。

 ネットのレビューとかで、「コナンは20巻までは面白かったけど、それ以降は…」「正直30巻くらいで終わらせてほしかった」という声がチラホラ書かれていた。やはり初期の頃のコナンは、原作者である青山剛昌さん自身もモチベーションの高かった時期だったのだろう。9~11巻のストーリーと35巻のストーリーを読んでみても、その違いがにわかに感じられる。


 資料が欲しくなり次第、コナンの原作単行本はまた新しく買うと思う。ただ、コナンの女性被害者で、哀しみを背負えるような女性キャラって少ないから、もうと増えないと思う(実を言うと、他のキャラの配役も決まってはいる)。

 ユダ・サウザークラスの主要ボスキャラならともかく、レイやトキのような仲間となるほどの善人キャラとなれば絶望的に少ない(だからこそ、宮野明美や平良伊江というキャラの配役は特別だった)。逆に、名も無き修羅やカイゼルクラスの悪党なら、いくらでも人選が効くけど…。北斗の拳は愛を取り戻すストーリーだから、悪党じゃ配役は務まらない。悪党に墓標はいらぬ。

 話がずれてしまったが、なにはともあれ初期のコナンは面白い。最近のコナンに飽きてしまったら、原点回帰の気持ちで読んでみることをオススメしたい。


スポンサーサイト

女神の拳「四井麗花 初登場」

 女神の拳の漫画のアップです。今回は四井麗花の初登場を描いています。

▼1ページ目
女神の拳「四井麗花 初登場」_0001

▼2ページ目
女神の拳「四井麗花 初登場」_0002

 ポーズとセリフから分かった方もいると思いますが、彼女のポジションはユダです。今回はほぼ単なる登場だけなので、ページ数は2ページとかなり少なめ。ちなみに二階堂優次はダガールです。

 ユダに当たる人物を考えた際、真っ先に思い浮かんだのが、「資産家令嬢殺人事件」の四井麗花でした。原作単行本やアニメを見てもらえると分かりますが、彼女は典型的なお嬢様キャラ。高慢ちきでわがままな性格と真っ赤なドレス。美しいやらなんやらとおべっかをちやほや言われて上機嫌なところなど、個人的にユダの配役にピッタリでした。

 それでいて、ユダの強敵となるレイは平良伊江。平良伊江もまたお嬢様ですが、こちらは四井麗花ほどお嬢様であることを鼻にかけてはいません。財閥クラスのお嬢様である四井麗花と、離島のお金持ちのお嬢様である平良伊江。どちらもお金持ちのお嬢様という共通点が、今後の戦いにからみそうで面白い感じがしたので、ますます適役だと感じました(ただ、平良伊江は家を出奔した身なので、正確には元お嬢様かもしれませんが)。

 ちなみに、作中にある金城町子という名前ですが、これは平良伊江(金城都)の母親の名前です。私が勝手に命名しました。


 四井麗花がユダとなれば、当然次に来るは平良伊江と四井麗花の戦い。現在執筆中なので、しばしお待ちを。


ブログの更新ペースについてのお知らせ

 ここ最近、またしてもブログの更新が危うくなりそうなので、それに関するお知らせを。

 まずブログの更新ですが、更新は絶対します。3年以上もやってきたブログですし、そう簡単にはやめたくありません。なにより、まだブログを通して、書きたいことがあるので。

 更新のペースですが、これまでは2~3日間隔で更新することを目処にやってきましたが、それが難しくなりました。ですので、更新のペースなどはあまり考えずにやろうと思います。決めてやっても難しいのならば、決めずにやってみる。「押してダメなら引いてみる」の感覚でやっていきます。

 とはいえ、まったく更新しないのも味気ないので、更新しないと出てくる広告バナーが程度にやる予定です。広告バナーが出ないほど更新してないと、さすがに危ういですし、なにより更新停止が長引きます。かといって、そこまでギリギリ放置しようとも思いません。なるべく更新できるよう心がけます。

 当ブログをご覧くださっている皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。


女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(2)」

 女神の拳の漫画のアップです。姫野弥生戦の第2弾。今回で姫野弥生戦はラストです。第1弾はこちら

▼1ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(2)」_0001

▼2ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(2)」_0002

▼3ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(2)」_0003

▼4ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(2)」_0004

▼5ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(2)」_0005

▼6ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(2)」_0006

 前回同様、今回のストーリーの流れも劇場版を参考にしています。

 さて今回の漫画ですが、実を言うとかなり端折っています。前回もかなり端折りました。ジャギ戦はかなり描く内容が多いのですが、私の気力と画力ではすべてを描けませんでした。なので、神龍羅漢撃の描写と姫野弥生の最期のシーンのみを選別して、描きあげました。それ以外のシーンを期待された方、まことに申し訳ない。劇場版を参考にしたものの、個人的にジャギ戦は原作の方が好みです。

 漫画には描いていませんが、姫野弥生は平良伊江の家族である伊江ママと家政婦の松本嘉子を捕らえ、伊江ママは四井麗花に売り払いました。松本嘉子は、北斗の拳でいうアイリの立ち位置です。かなり端折っているくせに、無駄に設定は作っている私のパロディ。今度文章でいいから、補足の内容でも書いた方が良いかな…。


 女神の拳ですが、現在描いている四井麗花戦の執筆がかなり長引いているので、しばらくアップするのは先になります。このまま未完で挫折してしまわないか不安なところですが、なんとか描きあげたい…。


女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(1)」

 女神の拳の漫画のアップです。姫野弥生戦の第1弾。

▼1ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(1)」_0001

▼2ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(1)」_0002

▼3ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(1)」_0003

▼4ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(1)」_0004

▼5ページ
女神の拳「宮野明美vs姫野弥生(1)」_0005

 前回書いた「平良伊江 初登場」でも書きましたが、今回はジャギ戦です。技名は「神龍羅漢撃(しんりゅうらかんげき)」。ストーリーの流れは、全体的に劇場版を参考にしています。

 ジャギをコナンキャラに置き換えるにあたって、「コーヒーショップ殺人事件」に登場した姫野弥生に決めました(余談ですが、この事件は毛利蘭の母親である妃英里が初登場したストーリーでもあります)。ジャギを姫野弥生にあてる決め手となったのは、やはりウェイトレスをどなりつけた彼女の悪態。あのシーンが個人的に強烈に印象に残って、それをそのままジャギにあてはめてみました。

 私が言うのもなんですが、この人選は後々考えてみれば、けっこうハマり役でした。北斗四兄弟の中でも一番劣っているジャギですが、ジャギ外伝や『真・北斗無双』での前日譚の描写から、彼も悲痛な過去を持った哀しいキャラであることが明らかになりました。あのジャギが、です。

 かくいう姫野弥生も、あの悪態でコナンからも良い風に見られていませんでしたが、根っからの悪人ではありませんでした。コナンの被害者によくある「殺されて当然」と言われんばかりの非道なことをしでかしたわけではないですし、殺された理由も完全に犯人に非があります。そうしたことから、姫野弥生は不条理に殺された被害者なのです。そんな殺害をされたら、誰だって悪態つく性格が歪みますわ。

 ジャギのシンボルと言えば、あのヘルメットですが、姫野弥生にかぶせるのもどうかと思い却下。でも頭の秘孔の傷は表現したい。どうするか考えた末、頭の傷は描いて、それをヅラ(部分ウィッグ)で隠すという形で表現しました。「コナンの女性キャラにジャギの頭をさせるのも、いかがなものか?」と悩みましたが、あの傷がないと主人公への恨みが減るので、そこはなんとしても表現したかった。

 平良伊江の初登場に引き続き、今回も全体的に劇場版の流れを参考。ですが、羅漢撃の描写が…。アホっぽくなってしまった…。


 次回の第2弾で、姫野弥生戦は最後です。