Nさんが広島県大崎上島町に移住

 去年共育学舎でともに生活したNさん(仮名)が、今年の2月末に広島県の大崎上島町に移住したことを、自身のFacebookに書いていました。

 Nさんとは共育学舎で別れて以降は、去年の夏ごろに東京でお会いしたぐらいで、直接はお会いしてませんでした。彼はFacebookをやっているので、そこで書かれた情報から、彼の近況については知っていました。

 彼が移住した広島県の大崎上島町は、瀬戸内海にある島々の地域。彼にとって、ここは最適なフルサトだと言います。Nさんがこの地域を選んだ理由について、下記のようにFacebookに書いていました。

・地理的な魅力があった。
①温暖
②災害が少ない
③晴れの日が多く日照時間が長い
④海と山があり両方遊べる
⑤島だけど程よい閉鎖性の島
⑥海も内海で穏やか
⑦瀬戸内海のど真ん中にあり、岡山・広島はもちろん四国・山陰・近畿への利便性も良くさらに広島空港からも近い
・いろんな人とのつながりができて、島にいると居心地がいい。



 地理的な魅力に目をつけているのは、Nさんらしい合理的な考え方があって、私も思わずうなずいてしまいました。どれも好条件の自然環境であり、島々でありながら交通の利便性が良いところも、確かに魅力的。Nさんは海が好きだということもあり、その辺りのことにも理にかなっています。

 フルサトづくりについてphaさんと伊藤さんが提唱して以来、いろいろな方が実践し始めていると思いますが、Nさんのように合理的(地理的)な観点から地域を選ぶのはやっぱり必須でしょう。特に交通の利便性は生活するうえで欠かせません。

 あと、人とのつながり。これはメンタル面に影響が出る要素でもあるので、線引きが難しいところでもあるのですが、これも欠かせない要素。熊野に移住された方の中には、このつながりが決め手となった方もいるらしいですから。

 私も機会ができたら、Nさんがいる広島県大崎上島町に訪問してみたいです。


スポンサーサイト

辞めたバイトの給料もらってきました

 辞めたバイトの給料もらってきました。先ほど帰宅し、中身を確認。

 金額は約6万8000円(そのうち約5000円分は交通費なので、実質約6万3000円)。

 この金額を見て、「うわっ、やっすぅ~!!」と一言。去年従事した郵便局の年末年始アルバイトが5万3000円。絶対額で見れば郵便局のそれより多いですが、相対的にいろいろな要素(拒否反応が出るほど体調崩したこととか)を考慮すると割に合わない。

 ただ、もらえるだけもらえただけでもありがたい。とりあえず貯金しよう。


これから給料を受け取りに行きます

 今月半ばにポカになった洋菓子屋さんのアルバイト。辞めたとはいえ、辞めるまでに働いた分の給料を、今日受け取りに行ってきます

 辞めることを電話で先方に通達した際に給料の受け取りについても訊いたのですが、受け取りは手渡しとのこと。手渡しかぁ~。いくら給料をもらうためとはいえ、辞めた職場にもう一度行くのはさすがに気まずい…。とはいえ、もらえるものはきっちりもらう。以前ポカになった茨城の農業法人ですら、辞めた月の給料分はもらえずじまいでしたから。

 お金に余裕ある人とか精神状態が不安定な人は給料を諦めるのでしょうが、私はもらいたい! あと数分したら、自宅を出て、行ってきます。もらって帰宅したら、いくらになったのかをブログに書いておきたいと思います。


In now, I am HIKIKOMORI!

 ここ最近、またもブログを書かないでいる日が出てきました。ちょっとした近況報告ならぬ生存報告を。


 今月中旬にバイトがボツになって以来少々ひきこもっています。といっても、「完全に外に出れない!」とか「精神状態がひど過ぎて、生活に難が出ている!」というわけではないです。

 ただ、何となく就活することに前向きになれなくなっています。次のリハビリ名目のバイトを探すべく、バイト求人誌などを軽く漁ってはいるものの、あまり目に入らず…。そんな現状に「はぁ~っ…」と弱々しい溜め息を吐いて、バイト求人誌を机の上にポイッと置く。そして簡易本棚にしまう。

 数日前にかかりつけのお医者さんと相談したのですが、私の場合は精神疾患発症の原因となるストレス因子が大したことなければ(私の体の限界に達しなければ)、正社員のようなフルタイム勤務でも問題ないとのこと。ただ、それを妨げてしまう複雑な人間関係をはじめとしたストレス因子がひどい場合は、やはり発症のリスクを高めてしまうとのこと。この線引きが難しく、どう譲歩していくが今後の見極めどころになるのだとか。ああ、なんとかしたいぞ…!

 あとやっていることと言えば、漫画『女神の拳』執筆か、ゲームか、ネットサーフィンかのいずれか。自分がひきこもりであることを意識しだしたのか、ここ最近はひきこもり名人である勝山実さんのブログをよく観ています。勝山さんとは、去年の共育学舎での長期滞在以来、お会いしていないのですが、やはりあの方のブログを読んでいると、自然と元気な気持ちが湧いてきます。勝山さんのブログを読むことが、私にとってちょっとした心の支えとなっています。また、お会いしたいなぁ…。

 勝山さんに続いて、漫画『女神の拳』執筆も心の支え。相変わらず描いていますが、ここ最近ペースが少々落ちてきました。ネタ切れではなく、描きあげるペースが落ちたのが原因です。現在描いている漫画がまた10ページと長め。これでも自分が描けるようにだいぶ削ってはいるものの、ページによってはさらに削るかもしれません。漫画を描くことやページを削ることは、苦ではありません。漫画を描き始める第一歩を踏み出すのが、難しいのです。とはいえ、ペースづくりのためにも「1日1枚もしくは数分間デッサン」という具合に細かな小目標を設けています。


 とりあえず、私の現状としてはそんなところです。それでは、今日はこの辺で。


「てめえらの血は何色だーっ!!」の組み合わせ画像