夏休み明けの子供の自殺

 今日の読売新聞の朝刊に興味深い記事があった。それが以下の内容。

【子供のSOS気づいて/自殺 夏休み明け多発】
 新学期の開始前後に、各地で子供の自殺が相次いでいる。内閣府の分析によると、夏休み明けの9月1日は年間を通じて子供の自殺が最も多い日で、文部科学省と各教育委員会などは、学校現場に注意を呼びかけている。
 内閣府が今年6月に取りまとめた2015年版「自殺対策白書」によれば、1972~2013年の42年間の18歳以下の自殺者の日付別に整理すると、9月1日が131人で最も多く、4月11日の99人、同日8日の95人、9月2日の94人、8月31日の92人と続き、自殺が長期休暇明け前後に多発していることが判明した。
 子供の自殺では遺書などを残さない傾向があり、周囲が予兆を察知するのは難しいとされる。このため、文科省は今月4日、各都道府県教委に対し、児童や生徒たちの細かな変化に注意を払うなど、自殺の予防に努めるようにした。
 <読売新聞 2015年8月31日 1面>



 こういうのを聞いて、いつも思うのだが、日本の学校教育で自殺が出てしまうのは当たり前だと思う。日本の学校というのは閉鎖的な空間だ。あまりに閉鎖的なゆえに、学校内の人間関係や学業生活がうまくいかなくなったり、途中から不調になったりすると、ポジティブに改善するのはかなり難しい。そんな刑務所のような息苦しい空間に戻されるというのは、苦痛であることは誰でも容易に想像できるはず。

 学校じゃなくても、一般的な就労の職場でも過剰なオーバーワークが過労死や自殺の原因で騒がれている。学校だろうと、職場だろうと、閉鎖的な空間ではネガティブな要素は生まれやすい。自殺問題が生じてしまうのは当然だ。

 学校も職場が閉鎖的な空間ゆえに自殺が起きるのであれば、その閉鎖的な空間を緩めるしか根本的な解決策はない。時間的な拘束時間を減らすだけでも、かなり自殺は減らせるはずだ。近年では、中学・高校で50分間だった授業時間が、現在では小学校と同じ45分間授業の学校も公立・私立問わず増えてきている。

 愚かなのは、世間はこうした問題が起こるとその元凶(犯人)捜しをやる。そんなことをしても見つからない(もしくは「木を隠すなら森」が如く、元凶はどこかに去ってしまう)のに、そればかりに注視する。そればかりか、詰め込み教育などの強化などから、余計閉鎖的な空間を強めようとする(就労も同じく)。どんだけ愚かなのか…。閉鎖的な空間で生み出されるものなど、たかが知れているのに、誰もそれを指摘せず、その空間を強めることが最善策だと考えている(この現状を余計煽るのが、取るに足らない社会の敵だったりするのだから、烈火のごとく怒りも湧いてくる)。


 今回の自殺問題からみる閉鎖的空間を巡る本末転倒の問題はいつになったら、解決のための本質に気づくのだろうか。少なくとも、「学力向上」などという名目の閉鎖的空間の強化をやっている以上、子供の自殺がなくなることは残念ながらないだろう。


スポンサーサイト

女神の拳:今岡汀

 久しぶりに一枚絵のアップ。前回初登場の今岡汀(いまおか なぎさ)です。今回は、絵についてというよりかは、今岡汀自身のことについて書いています。

女神の拳:今岡汀

 彼女の存在を知ったのは、平良伊江についてネットで調べていた時のこと。多くのコナンファンの人が「姫と孤島の竜宮城」に似ていると指摘している「足跡のない砂浜」というエピソードを知りました。どんなものかとYoutubeでアップされている動画で観たのですが、本当にそっくり!

 「足跡のない砂浜」はアニメオリジナルのストーリーなんですが、「スタッフは「姫と孤島の竜宮城」の平良伊江からインスピレーション受けたんじゃないか?」と言っても過言ではないくらい、共通する要素が多いです。この場でザッと挙げてみても、

・被害者が20代半ばの褐色肌の美人
・犯人は被害者の身内の中年男性
・死因は絞殺
・遺体発見場所は砂浜
・被害者は自前のウェットスーツ持ち



 というぐらいに。これだけ共通する要素が多かったので、「女神の拳でも何かのキャラに使えないか?」と思い、資料目的で上記の絵を描き上げました。この記事を描いている現在では、最後の一枚絵です(四井麗花の一枚絵も描いたのですが、出来が悪く、そちらはボツに)。現時点では、こうした一枚絵は描いてないです。

 さて彼女の立ち位置ですが、描きあげた当初は真救世主伝説シリーズのジュガイを想定していました。平良伊江のパチモンがごとく、伝承者になり損ねた同門としての感じに。ですが、女神の拳のストーリーの構想を練っていくうちに、彼女をシンとして登場することに決めました。

 決めた理由はいろいろあって、まずシンを登場させたいと考えるようになったこと。南斗六聖拳の立ち位置である女神の拳の四天拳ですが、レイ・ユダ・サウザー・シュウの4人の配役は決めていましたが、シンだけは決めていませんでした(南斗最後の将のユリアは拳士ではないので、初めから除外)。シンは北斗の拳における重要キャラの一人ですが、女神の拳ではユリアがいないので、シンの立ち位置であるケンシロウの恋敵が成立せず、出すことができませんでした。とはいえ、北斗キャラで重要なシンをぜひ出したい。そう思った私は出すことを決めました。

 次にレイとシンの戦いを観たいと考えていたこと。ケンシロウである宮野明美のとの接点がない分、彼女との戦闘は描けませんでした。その代わり、私は彼女のそっくり元(?)である平良伊江と戦わせることにしました。平良伊江と今岡汀との共通要素から戦わせたというのもあるのですが、レイとシンの戦いは、私個人が観てみたい戦いだからです。

 私は以前から、レイとシンの戦いを個人的に観てみたいとずっと思っていました。ロン毛のイケメンであることや、互いに愛する女性のために果てた拳士であることなど、共通することがあったからです。また南斗水鳥拳と南斗孤鷲拳は、ゲーム作品では両者の使い手がそれぞれの技を使える場面がありました(ただいずれのゲームもクソゲー扱いされるほどのひどい作品なのですが)。ユリア外伝で描かれた南斗施鷲斬は、(笠井晶水先生の腕もあって)とても美しく描かれています。そうしたことから、個人的にどことなく南斗水鳥拳と南斗孤鷲拳は通じるものがありました。

 ですが、公式作品でもレイとシンもあまり絡む場面が少なく、外伝作品ではシン自身があまり他の六聖拳と接触する場面が少ないです。『真・北斗無双』の幻闘編では、レイとシンが対話する場面はあるものの、大した進展はありませんでした。

 そうしたこともあり、私は女神の拳でレイとシンの戦いを再現すべく、平良伊江と今岡汀との戦いを描くことにしました。

 今岡汀もシンだけではなく、伝承者になり損ねたジュガイ、かつてレイを慕うも後に覇の道に堕ちたカレンという役割も担いさせました。服装も上記の絵では適当な私服を着させましたが、本編ではレイ外伝に登場したカレンの服装を参考にしました(というか、まんまカレンですが…)。


 長い文章になってしまいましたが、最後に余談を。

 今岡汀を演じた声優の半場友恵さんは、『新・北斗の拳』でマインという少女の役を演じています。北斗作品に縁のある声優さんですが、演じたキャラがいかんせんマイナー過ぎる…。Wikipediaで彼女の出演歴を見ても、それ以降北斗作品とは音沙汰ないようです。せっかくの縁だから、もう少しいろいろな北斗作品に登場しても良い気がするのですが…。

 それでは、今日はこの辺で。次回からは本編に戻ります。



女神の拳「今岡汀 初登場」

 女神の拳の漫画です。今回は久々の新キャラ登場です。その名は今岡汀(いまおか なぎさ)。ストーリーは拳王である霞紗玖羅との戦いの二日後から始まります。

▼1ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0001

▼2ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0002

▼3ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0003

▼4ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0004

▼5ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0005

▼6ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0006

▼7ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0007

▼8ページ目
女神の拳「今岡汀 初登場」_0008

 ストーリーは前半部と後半部で大きく分かれました。

 前半部は、秘孔心血愁に苦しむ伊江を気遣う明美との描写。描写全般は北斗の拳とあまり変わりありませんが、会話の内容は「レイがケンシロウに出会えて、人間の心を取り戻せたことに感謝する」ものから、「伊江が生前犯した罪で悲しい思いをさせた家族のために償いをしたかった」ことを述べる内容に変更。徐々に体が蝕まれる平良伊江にとって心残りなのは、家族である金城町子と松本嘉子のこと。これは彼女にとっては死活問題なので、当漫画でも強調させておきたく、今回のような会話の内容に変更しました。

 後半部となる5ページの4コマ目から当漫画のオリジナルの展開! 水龍拳の紋章を掲げ、村を包囲するほど軍団を率いて現れた拳士、今岡汀。彼女の立ち位置はシンです。そう、ケンシロウとユリアを巡って戦い、勝利し、ケンシロウの胸に七つの傷を突けた南斗孤鷲拳伝承者である、あのシンです。

 「なぜレイとシンなの!?」と、北斗ファンならお思いになること間違いなしのこの展開。レイである平良伊江とシンである今岡汀。彼女達の関係・設定について書くとかなり長引くので、そのことについては次回の記事に書くことにします。

 最後に余談ですが、明美と伊江に軍団の知らせを来た男性は、ゼンギョウさんです。といっても、ここでの彼は名もない村人なので、大した役ではないです。特に深い意味はありません。


 それでは、今回はこの辺で。


Nさんのいる広島県大崎上島に行ってきます

 私は来月、去年共育学舎で共同生活をともにしたNさん(仮名)がいらっしゃる広島県大崎上島に行ってきます。Nさんのいる大崎上島については、Nさんにお会いするがてら、ぜひ立ち寄りたいと考えていました。今回は、共育学舎以外に訪れたい場所として、大崎上島に行くことを決めました。

 数日前に、NさんとLINEで通話したのですが、その際に聴いたNさんの大崎上島移住に関する事柄がとても興味深いものでした。簡潔にまとめると下記の内容となっています。

1.「大崎上島定住支援プロジェクト」という定住支援があること。
2.移住者同士のコミュニティもあり、つながりを深めてくれるコーディネーターもいる。
3.移住を検討したい人向けのシェアハウスがあること。
4.スーパーやホームセンターがあり、生活品の購入には困らない。
5.交通の便の良さなどから来やすく、仕事もある。
6.生活コストも安いので、お金のプレッシャーもあまりない。



 Nさんは大崎上島を選んだ理由として、以前Facebookに地理的魅力と人とのつながりの良さを挙げていましたが、上述の内容を聴いても、本当に魅力的。やっぱりNさんは目の付けどころがとても素晴らしい。

 Nさんは1番にある定住支援プロジェクトに参加して移住したそうですが、なんとこのプロジェクトのオーナーは、てつじいこと新宮市議会議員の並河哲次さんの知り合いだそうです! その縁で熊野にも何度か訪問しているそうです。熊野との縁があるのは驚きました。

 このプロジェクトによって移住された方は100人以上いらっしゃるとのこと。この人数だけでも、かなりの実績です。上述の移住者向けのシェアハウスもあるので、受け入れ態勢が整っています。

 今回行くことを決めたのは、私自身が将来生活したい・できる場所・環境探しの参考にさせてもらうためです。私は現在東京で実家暮らしですが、もう実家を出て生活したいです。なにより、共育学舎で過ごしたような田舎暮らし・共同生活を夢見ています。大崎上島はNさんのツテを通じて、いろいろと学びたいと考えております。大崎上島への移住はいまのところ考えていませんが、もし現地に訪れて強く響くものがあれば、移住もぜひ検討したいと考えています。

 Nさんの都合もあるで、訪問日程はいまだ調整中ではありますが、暫定的には9月14日から11日間ほどの滞在を希望しています。大崎上島までの交通機関は、広島空港行きのLCCを使うことに決めました(大崎上島自体が広島空港のほぼ南に位置していて近いので…)。飛行機を自分で手配するのは初めてですが、いろいろ調べて問題がなければ、それで行きます。

 それでは今日はこの辺で。


『ザ・ノンフィクション 27年ぶりの「運動靴」』




 先月の7月19日に放送されたドキュメンタリー番組。27年間引きこもり生活を送っている男性の2年にも及ぶ取材記録をもとに、制作されましたもの。

 番組を企画・制作したのは、以前当ブログでも取り上げたひきこもり名人である勝山実さんの特集を企画・制作した制作会社と同じ企業です。この制作会社では、私が以前お会いした女性のYさん(仮名)が勤めていまして、今回の番組制作にも関わっています。

 私は上記のツイートで今回の番組のことを知り、録画をセット。その後録画したものを何度か観たものの、当ブログにアップする感想を書くのに、時間が長引いてしまいました。一月も経ってしまいましたが、とても興味深い番組でしたので、今回はその感想をアップします。


 27年間引きこもり生活を送っている男性の真樹さん。1971年生まれの43歳(ひきこもり名人の勝山さんと同い年!)。真樹さんは、静岡県内の団地の一室で、69歳の母親の淑子さんとともに暮らしています。

 住まいである団地の一室は、雑誌や本などのモノに溢れていました。人一人分が通れるくらいのスペースしかないくらいモノだらけで、寝る時はモノをどかして何とかスペースを確保してから、真樹さんも淑子さんも就寝するそうです。勝山さんの部屋はあまりモノがないスッキリした空間でしたが、真樹さんの部屋はモノに溢れた正反対の空間でした。

 中学時代の真樹さんはサッカーが好きで、プロの選手になるのが夢だったそうです。しかし、ある時膝を痛めて、運動ができなくなってからはサッカーもできなくなりました。それに追い打ちをかけるがごとく、プロへの夢も諦め、学校でいじめにもあい、彼の学校生活の歯車が狂っていき、最終的にひきこもるように…。その後、社会復帰のためのアルバイトなどもやろうとするも、いつも人間関係でつまづき、うまくいかず、対人恐怖も大きくなっていったといいます。

 部屋に溢れているモノは、真樹さんがひきこもってもなお、自分が社会と唯一つながりを持てる媒介だということ。その媒介を捨ててしまうことは、彼にとって社会とのつながりをシャットアウトの状態になってしまうこと。真樹さんはモノを捨てず、今まで家に貯め込んできたんだそうです。今回の番組中には、モノの整理をするために棚を買って、それ組み立て整理するという変化も現れました。

 それでも真樹さんと淑子さんに重くのしかかるひきこもりの辛い現実。その現状を打開すべく、淑子さんは真樹さんとともに車で8時間かけて、とある場所を訪れました。

 そこは、和歌山県新宮市熊野川町にある共育学舎。そう、私や勝山さんにとってはお馴染みの、あの共育学舎です! なんと、ここに来て共育学舎が取り上げられるとは…!

 真樹さんは、農業やパン作りなどのお手伝いにしたりしながら、三枝さんとともに数日間の共同生活をしてきました。生活中はとても元気になり、お手伝いを積極的にやったりするなど、とてもポジティブな雰囲気に変わったといいます。

 その後、地元で開催されるマラソン大会に参加。27年ぶりに運動靴を履いて、練習し、参加。見事完走しました。その後もコミュニケーションツールとして、パソコンを購入したりと、かなり積極的に動くようになった描写が映されました。共育学舎での生活で学んだこと・教わったことが、真樹さんの中で大きく影響をうけたようです。


 観終えた感想ですが、とても興味深く、素晴らしい内容でした。変な精神論などで一喝するような茶番劇がないのはもちろん、変に綺麗事の演出を織り交ぜた似非感動秘話でもない。ありのままの真実を着実に取材し、取材対象が行ってきた活動から、ひきこもりの現実や在り方をどうするか。そのことを深く考えさせてくれます。

 勝山さんの特集を観た時にも思いましたが、こういった番組は今後も増えていってほしいです。



セイビン映像研究所公式サイト(今回の番組を企画・制作した企業)