やっぱりまだ安心はできない…

 精神疾患による症状はまだ波があり、安心できる状態ではありません。

 車や自転車などの運転は無理。遠出も無理(和歌山県や広島県のような距離なら尚更)。

 薬を規定通り服用しつつ、まだまだ様子を見るよりほかありません。


スポンサーサイト

『先人たちの底力 知恵泉』

Eテレ『先人たちの底力知恵泉(ちえいず)』

 最近私が父と一緒によく見ているNHK(Eテレ)の歴史番組です。元々は父が観ていたのですが、父の勧めで一緒に観て以来、毎週観るようになりました。毎週火曜日の22時から45分間の放送です。

 この番組では、歴史上の人物達が実践してきた知恵や行動などを紹介し、そこから現代社会においてどのように活かすのかをひも解く教育(教養)系の番組です。

 最近放送された内容ですと、今月20日の放送で二宮尊徳(二宮金治郎)の知恵が紹介されました。学校によく設置されている銅像で有名なあの御方です。問題解決のために「小さなことからコツコツと!」と言わんばかりの行動で功を成したり、崩壊しかけていた農村の立て直しなどで、さまざま功績を残しました。

 この番組ではVTRによる解説だけでなく、取り扱う人物に精通している専門家を招いての解説もされています。先ほどの二宮尊徳では、専門家曰く「たとえ短期的な損があっても、農村が立て直すことができれば、農作物の収穫量アップや治安の改善も見込めるのだから、長期的に考えたら大変得である」という主旨の解説をしています。

 私は歴史が好きですし、こうした番組などで歴史上の人物や出来事から、役立つ知恵を学ぶのは大変興味があります。私達が歴史を学ぶ意義は、「過去の人物達の功績や出来事を学んで、その事象をこれからの活動に活かすこと」だとされています。この番組はその意義を、視聴者である私達に大変わかりやすく教えてくれる貴重な番組です。

 現代社会は巷にあふれる自己啓発や経営理論などで物事の改善などを図ろうとする動きがあったりしますが、どれも短絡的な内容だったりして、傍から見ても疑わしいものだったりします。しかし、歴史上の人物達から学ぶことになれば、話は別。何より彼らは物事を実践して(良いも悪いも)結果を残してきました。人間の本質というのは根本的な所は、どんなに年月が流れようとそうそう変わるものではありません。だからこそ、巷にあふれる自己啓発や経営理論なんかよりも、ずっと信頼できる肉付けされた知恵が歴史からは学べます。


 私は最近ほとんど実用書を読まなくなりました。ですが、実用書を読まず本番組を観るだけでも、大変いろいろな事象の勉強になります。「歴史から大事なことを学んでみたい!」という方はぜひご覧になってください。


女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」

 漫画『女神の拳』のアップです。ここ最近は体調不良でなかなか筆が進みませんでしたが、なんとか完成できました。前回からの続きです。

▼1ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0001

▼2ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0002

▼3ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0003

▼4ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0004

▼5ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0005

▼6ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0006

▼7ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0007

▼8ページ目
女神の拳「平良伊江vs今岡汀(2)」_0008

 ついに、レイである平良伊江とシンである今岡汀との肉弾戦です。(私にとっての)ドリームマッチであるレイとシンの対決が実現しました!

 レイが繰り出す技は今回2つ。ザコ相手には、南斗鶴翼迅斬こと水龍鶴翼迅斬(すいりゅうかくよくじんざん)。アーケード版や『北斗無双』でも登場している技。私はそれらの作品での詳細を知らないので、再現性については重視してません。再現うんぬんよりも、一斉に襲いかかる敵にズバァと斬りかかっていく技を描きたくて、こちらの技を使わせていただきました。

 もう一つは、汀との接戦で繰り出している南斗凄気網波こと水龍凄気網波(すいりゅうせいきもうは)。こちらもアーケード版や『北斗無双』でも登場している技。

 シンである今岡汀が繰り出す技は、南斗千首龍撃こと水龍千首流撃(すいりゅうせんしゅりゅうげき)。「龍」の字が被るので、後者は「流」の字に変更。シンの技といえば、南斗獄屠拳も有名ですが、こちらも有名。パチスロ北斗の拳でも、技名こそ出ませんでしたが、再現はしっかりされています。それらの印象から私もぜひ描きたかったので、今回描きました。

 さっそく内容について。前半戦は『北斗の拳』でのユダ戦の最初の方をそのまま流用。ザコ敵が襲いかかる場面ですが、そこを水龍鶴翼迅斬のお披露目場面にしました。そして伊江と汀とのタイマン戦。水龍千首流撃と水龍凄気網波の衝突。「レイとシンも実際こんな感じで戦うかな?」と想像しながら描きましたが、やっぱり肉弾戦は描いていて楽しい!

 8ページ目の最後のコマですが、描き終えてみると、これはちょっと無理がありました。「この戦いが水龍拳の神髄だ」みたいなことを描きたかったのですが、いかんせん説明臭くなってしまいました。

 8ページ目の女性は、レイ外伝よりリンレイ。過去戦でもワンカットのみ登場させましたが、今回もワンカットのみの登場。以前描いた時よりは、ある程度模写できました。


 漫画を描いていて、妹が「以前よりも(漫画の描き方が)上達している」と言ってくれました。まだまだ研究している部分が多いですが、最初に描き始めたことよりも、いろいろと描き方の勝手がわかってきました。このまま何とか描き続けていきたい。

 女神の拳まだまだ続きます。


飲み薬に漢方薬が追加 & 変更

 以前こちらの記事でも書きましたが、私はここ最近精神状態が非常に悪く危険な状態でした。19日に緊急で行ったお医者さんの診察では、これまでの薬に加えて、漢方薬が新しく処方されました。

 この漢方薬ですが、精神疾患の症状悪化を起こすフラッシュバック(個人にとって耐えがたい不快・憎悪を呼び起こす出来事の鮮明な記憶が発作的に思い出されること)を減らすものです。先生の治療方法としては、この漢方薬を服用し続けることによって、フラッシュバックの頻度を緩和させて、精神状態の悪化を防ぐそうです。

 19日ではとある漢方薬が処方されたので、まずは今週きっちり服用していましたが、効果があまり実感できず…。それを今日の診察でお医者さんに相談すると、別の漢方薬を服用して、再度上述の治療を試みるそうです。

 今回処方された漢方薬は、以前のものとは別のもので2種類あります。その2種類を朝・夕食前に服用します。これらの漢方薬と同時に錠剤タイプの精神安定剤も分量が増えたものを処方されました。こちらは夕食後に飲みます。

 そうしたこともあり、現在飲んでいる薬の種類は計6種。↓がそれらの内訳。

・漢方薬2種
・錠剤の精神安定剤2種(うち1種は大・小の大きさで別れた2つのものを服用)
・睡眠薬1種
・市販の整腸剤1種



 漢方薬は粉薬なので2種類で2袋。それ以外は全部錠剤タイプの薬。錠剤の精神安定剤は3粒、睡眠薬は日によって1~2粒、市販の整腸剤は6粒となります。粉と錠剤を合わせて計12~13個もの薬の服用ということになります。けっこう多く感じますが、精神状態の劣悪なピーク時だと、これくらいの量の薬はかなり出ていました。今回でもこんだけ薬を飲んでるので、遠出や車の運転はやっぱりできませんし、自重しています。


 さて、今回私は自分の薬のことについてつらつらと書いてきました。なぜこんな記事を書いたかというと、「薬を服用している人間のことをもっとよく理解してほしい!」ということを言いたくて書きました。

 世間ではあまり精神疾患系の薬について軽視している人々が多く、私のような人間に対し「服用するな!」といった無責任で安易な発言をされることがあります。

 ですが、一口に薬といっても、それにお金を出しているのは私を含めた患者です。それを飲むのも患者です。なぜお金を出してまで薬を飲むのかは当たり前ですが、体や精神の異常を治したいからです。そのためには上述のような薬も飲む必要があるのです。そうした背景で薬を飲んでいる人々のことを忘れないでほしい。そういう想いでこの記事を書きました。

 念のため、私は上述の薬をさっそく今日から服用していますが、薬そのものについて別段ネガティブに思ったことはありません。薬はお医者さんと相談して処方してもらっているものなので、それを認知したうえで服用しています。


 お医者さんからは、これらの薬を服用しつつ2週間様子見という診断が下りました。次回の診察は2週間後なので、それまでは薬の服用方法をしっかり守って経過を見ていきます。その間の経過記録も欠かさず書いていく予定です。

 ちょっとキナ臭い文章が入りましたが、今日はこの辺で。


心疲れた時の地元の銭湯

 最近あまり密閉した空間にいると、情緒不安定になるほどの精神悪化になることが多々あります。そこで、最近はあまりそうした密閉空間に長居しないようにするために、ドアを開けたり、窓を開けたりして、なるべく密閉空間をつくらないようにしています。

 そうした日々の中で、最近行き始めたのが地元の銭湯

 自宅の浴室は密閉空間になりやすいので、最近は入浴してもシャワーでチャチャッと済ませていました。長居すると何が起きるか分からないので、なるべく避けています。この状況に私の両親は、「あまり入浴をしっかり取れないのは健康に悪い」ということで、地元の銭湯で入浴をするように勧めました。私も銭湯には行きたいと思っていたので、さっそく行ってきました。

 地元の銭湯であるS湯(仮名)は、どこにでもあるような普通の銭湯。建物は古く、ここに来ると自分が昭和40~50年代の頃にタイムスリップしたかのような感覚がします(といっても、私はその世代の人間ではないのですが)。ちなみに料金は大人460円(2015年10月現在)。

 銭湯の湯はとても熱く、体が温度に慣れるまで少々厳しかった。ですが、2度目の来訪にもなれば、その温度に体が少しばかり慣れて、入浴がしやすくなりました。湯船は普通のお湯の風呂と泡風呂、入浴剤で白濁色の濁り湯の風呂の、計3つ。一番適温なのが濁り湯。これが私にはちょうどいい湯加減。

 今日も行ってきて、計2度の地元の銭湯。いまどき都市部で銭湯なんて珍しいかもしれませんが、たまに入浴したりすると、案外気持ちが良いです。もっと可能ならば、どっか都市部近郊の街に泊まりに行った際にも、銭湯を入ってみたいですね。銭湯はどこに行っても、人間社会にはありがたいものです(その素晴らしさは漫画『テルマエ・ロマエ』で詳しく書かれていますので、そちらを参照)。


 頻繁に行くほどではないですが、気分転換にザブンと入浴できたら幸いです。それでは、今日はこの辺で。