自分のサイバースペースを持つこと≒自分で自分を動かすこと

 私の個人的な趣味でよく拝見させて頂いているサイトの掲示板でちょっとよろしくないことがあった。

 その掲示板に来たとある投稿者が、膨大な文章量で自説をえんえんと書いて、掲示板に書き込んだのである。サイトの管理者は「自分で述べたいことがあるなら、ブログなりなんなり自分でやってください」と返信し、該当のスレッドを削除。その後さすがに懲りたのかと思ったら、またその投稿者は同じような膨大な文章のスレッドを投稿(!)。真偽のほどは定かではないが、さすがに管理者もウンザリしたのか、そのスレッドを問答無用で削除した。

 今回の一連の出来事について思うのだが、「自分のサイバースペースを持たずに、他人のサイバースペースでものを言う人って、自分自身で何かをやろうとする気概のない人間なんだな」と。以前こちらの記事でも書いたことのだが、こうしたことは毎度バカバカしく思う。書かれていた内容は誹謗中傷の類のものではないとはいえ、管理者をガッカリさせるほどの言動はいかがなものか。

 自分のサイバースペースを持つことぐらい、誰でも無料で簡単に自由にできる。長文を書けるのであれば、ブログで記事の一つや二つササッと書けるだろうに。さらにTwitterと連動させて、ブログの更新を知らせることが出来るようにすれば、より多くの人に自分の文章を読んでもらえる。

 他人のサイバースペースに書き込むだけの時間と余力があるのなら、自分のサイバースペースを持って文章を書くぐらい簡単にできる。文章が打てるキーボードがあるのなら、なおさらだ。パソコンやスマホなどのネットができるITツールがあるのだから、ジャンジャン駆使して、自分なりのサイバースペースを構築していけばいい。

 サイバースペースを持つか持たないかは個人の自由だが、ネット上で言いたいことややりたいことがあるのなら、自分のサイバースペースぐらいは持つぐらいのことはしないと意味がない。それだけネットというのは開けた空間である。自分の言うこと・やることを他人に知ってもらえるチャンスがいくらでもある。他人のサイバースペースにこもって好き勝手しているようでは、いつまで経っても前に進めない。

 こうした人に覚えておいてほしいのは、自分自身で何かをやろうとするのは案外とても面白いということ。いろいろな物事が分かったり、他人と交流出来たりすることもある。それは自分で自分を動かすことにつながる。自分で自分を動かすからこそ、自分自身にさまざまな結果が得られるようにかえってくる。めんどくさがってやらないのは非常にもったいない。

 自分のサイバースペースを持つこと≒自分で自分動かすこと

 完璧なイコールではないが、ほぼ似たようなものだと考えてもいい。やってみればいい。ネットの扱いぐらいすぐに出来るようになる。扱いが分かってくれば、それをやる面白さにもつながる。


 いろいろ長い文章になってしまったが、とりあえずコレだけは書いておく。「自分のサイバースペースぐらい持ってみればいい」。これだけ覚えて実践すれば十分。


スポンサーサイト

女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」

 漫画『女神の拳』のアップで、前回の続きです。2ページ目と3ページ目は見開きになっています。

▼1ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」001

▼2・3ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」002-003

▼4ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」004

▼5ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」005

▼6ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」006

▼7ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」007

▼8ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」008

▼9ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」009

▼10ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」010

▼11ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」011

▼12ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」012

▼13ページ目
女神の拳「宮野明美vs霞紗玖羅(最終決戦4)」013

 前回の8ページから更に増えて、今回は13ページに(!)。しかも見開きページ有り。13ページというと、以前描きあげた「宮野明美vs霞紗玖羅(再戦2)」以来。長かった…。今回もあまり削らずに、北斗の拳になぞって描いています。

 今回はケンシロウである宮野明美とラオウである霞紗玖羅が無想の一撃を放つ場面。この無想の一撃ですが、北斗の拳のゲーム作品では奥義の一つとして名前がついております。『北斗の拳 -審判の双蒼星 拳豪列伝-』では「北斗滅天把(ほくとめってんは)」。『北斗無双』では「北斗把天壊拳(ほくとはけんかいけん)」。名前は違えど、奥義の一つとしてしっかり出てきます。

 この場面では、バットが解説役としての役割を担うのですが、女神の拳ではバットは出てきません。代わりにリハクであるジュエルを、バットの立ち位置にして、戦いの状況を解説してもらいました。

 原作ではリハクは、ケンシロウとラオウの最終決戦に間に合いませんでしたが、テレビアニメ版では部下たちとともに間に合っています。しかし、なぜか次の回になった時にはそれがなかったことにされているという設定ミスが出ています。今回の女神の拳でのジュエルの登場は、北斗の拳のテレビアニメ版にならって、登場させました。


 ついに無想一撃が決まった宮野明美。それを受けて膝をつく霞紗玖羅。女神の拳まだまだ続きます。


バイトの面接 & 今後のバイト探しについて

 昨日は雨が降った中、とあるバイトの面接日でした。このバイトは食品のデリバリー業者で、そこの調理補助のバイトでした。

 大崎上島から帰ってきてバイト探しをしていた際に、タウンワークでこのお仕事の求人を見つけました。シフトは週1日3時間から勤務可能ということで、融通が利きそうでした。そういうこともあり、「裏方業務だし、とりあえずやってみっか!」と思い立ち、一昨日に応募しました。その日のうちに先方からの電話連絡で、面接が急きょ昨日になり、さっそく行ってきました。

 が、結果は不採用

 不採用の理由は、お互いの提示するシフト勤務が合わないとのこと。こちらは土日を含めた日中の勤務を希望していましたが、先方は夜勤(23時まで)の勤務を希望してほしかったとのこと。そうしたこともあり、その日のうちに結果は不採用に終わりました。

 面接自体はたったの6~7分ほどで終了したのですが、「その日のうちに結果って出るものなのか?」と驚きました。今までバイトは郵便局と大学の雑務くらいしかやったことがなかったので、今回の面接結果は驚きました。それと同時に、ちょっとガッカリしました。まあ、所詮はバイトなので次をどんどん探せばいいだけの話。気を取り直して、次のバイトを探しています。

 で、その今後のバイト探しについて、考えていることがあります。それは接客業のバイトにチャレンジしてみること

 これは今年大崎上島に行った際に、Nさんとの会話から始まりました。Nさんと今後のバイト探しのことで話し合っていて、「CHAGEAS-FANくんが接客業をやってみてもいいんじゃない?」という話が出てきました。接客業と一口に言っても、仕事内容はさまざまななので、「もしかしたら自分でもできる接客業のお仕事があるかもしれない」と思いました。社会勉強の一環で接客業もやってみようと思いました。

 島から帰ってきて、サポステで相談員のTさん(仮名)にそのことを相談。Tさんも仰っていましたが、やはり接客業といってもいろいろあるので「まずはタウンワークなどでどんなお仕事があるのか探してみると参考になる」とのこと。接客業のバイトにどんなものがあるのかはまだ調べている最中ですが、まずはタウンワークやフロムAなどを通して探していきます。


 それでは、今日はこの辺で。


大崎上島を去ってから今日でまる1年

 大崎上島を去ったのが、去年の5月17日。今日でまる1年経ちました。1年経つのはあっという間。私はその間はどうだったかとうと、特にネガティブになることもなく、平穏な日々を過ごすことが出来ました。

 去年、島に来る前はどんよりとドス黒いオーラが周囲に悟られるほど精神的にダウンしていました。ですが、大崎上島での日々の生活やNさんをはじめとした島の方々との対話により、かなり精神状態を持ち直すことができました。おかげでいろいろな結果を得ることができました(詳しくはこちら)。

 去年もそうですし、今年もそうですが、大崎上島に来て本当に良かったと思います。それだけ島の方々や生活に親しいご縁ができたんだと感じています。今年の滞在は2週間でしたが、島へ来て2~3日も経つと大崎上島に長い間生活しているような錯覚も覚えました。去年の長期滞在の感覚を、体が覚えているんだと思います。

 また来れる時があったら、ぜひ行きたい。そんな魅力が大崎上島にはあります。今後は就活を例年通りやっていくので、今年はもう島に寄る予定はないのですが、島の方々との交流はSNSを通じて今後もやり取りしていきます。

 それでは、今日はこの辺で。


ブログの筆が進まない…

 ここ数日ブログの筆が進みません。

 書きたいことがあるのですが、文章として書き表すのが億劫になっています。どうしても筆が進まなければ、ブログ更新の停止も考えます。

 とりあえず、今日はこの辺で。