『金持ち父さん貧乏父さん』

金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
(2000/11/09)
ロバート キヨサキ、シャロン・レクター(公認会計士) 他

商品詳細を見る


 2000年ぐらいにベストセラーになった、お金にまつわる本です。「お金持ちがお金持ちでいられるのはなぜか」「貧乏人はあくせく頑張っても貧乏人のままでいるのはなぜか」といった身近な疑問などを通して、お金(経済)に関する知識や考え方を分かりやすく教えてくれます。

 本の構成として、前半は著者の少年・青年時代に金持ち父さんとの交流を通して、お金の話やお金持ちに必要な要素を教わっていくという、ストーリー形式の内容になっています。後半は、お金持ちになるために必要な知識・行動・心構えについて解説する内容になっています。後半の解説は「~~をしなさい!」といった具体的な内容よりも「あなたの心の在り方をまずは変えましょう」といった自己啓発に近い内容です。

 本書の内容を一部紹介すると、貧乏な人々の消費スタイルは「ラットレース」と呼ばれ、借金や請求書の返済にあくせく働けども、お金の知識(フィナンシャル・リテラシー)がないために、借金の返済はおろか資産も貯まらない、という悪循環ができてしまうとのこと。出口のない迷路をひたすら走りまわるネズミに例えて、この名がつきました。

 私は従兄弟がたまたま持っていたので、借りて読んでみました。この本を読んだ方々の感想やレビューには「もっと早く読んでいれば」といった後悔の念を示すものが多かったのですが、私もまさにそう感じました。人生において、お金のことを考えることがいかに大切なことなのかが、この本を通してもの凄く理解できました。

 一応実用書ではありますが、本書はとても分厚いです。表現もストーリーを交えて話している分、重要な単元が遠まわしの文章で表現されているため、「重要な部分だけをパパッと知りたい」という方には面倒かもしれません。お金に対する教訓やアドバイスは抽象的なものが多く、具体的に何をすれば良いのかまでは書かれていないので、この本1冊でお金持ちになれることはありません。あくまで「お金に対する考え方がいかに重要か」を知るきっかけ作りになる本です。

 とりあえず読んで損はありません。お金のことを考えて、より良い人生を送りたい方はぜひオススメの1冊です。


Rich Dad 日本オフィシャルサイト

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する