関西旅行(1) ~大阪心斎橋~

 3月24日から5泊6日の関西旅行へ行ってきました。旅行中にあったことを書きまとめました。


 10時27分発の品川駅発新大阪行きの「のぞみ号」に乗り、まずは親戚が待つ新大阪へ。品川駅は土曜日ということもあり、乗客はそれなりにいましたが、乗客の半分は名古屋で降りてしまいました。

関西旅行(1) 新幹線
▲今回乗った新幹線

 新幹線の中では、最初本を読んでいましたが、熱海駅を過ぎたあたりから眠気が出てしまい、読書をキリの良い所で辞めて眠りに。起きた時は三河安城駅を通過中でした(「名古屋駅過ぎたかなあ」と思いましたが、間違いでした)。

 名古屋駅を発車してしばらくして、新幹線は関ヶ原を通過。(話が脱線しますが)関ヶ原といえば、1600年に東軍である徳川家康公の軍勢と、西軍である石田光成公の軍勢が合戦を繰り広げた地。西軍は小早川秀秋の裏切りにより、東軍が勝利し、後に徳川の天下が成就。関ヶ原の風景を見て、「小早川秀秋が裏切らなければ、歴史はどうなっただろう…」とふと思いました。


 (話を元に戻し)新幹線は新大阪駅に到着。親戚の伯母と会い、関西の「SUICA」・「PASMO」に当たる「ICOKA」を購入。ICOKAは今後の旅時の交通のお供として、しばしのおつき合い。

 24日は伯母と一緒に大阪の街を歩きました。場所はミナミの心斎橋。かに道楽の看板である巨大ガニやくいだおれ人形などを見たり、商店街の町々をぶらりと歩きました。

関西旅行(1) 心斎橋
▲心斎橋

関西旅行(1) グリコの看板
▲グリコの看板

関西旅行(1) 道頓堀橋
▲阪神優勝時にファンが飛び込む道頓堀橋

関西旅行(1) くいだおれ人形
▲くいだおれ人形(写りが悪く、ぶれてしまいましたが)

関西旅行(1) かに道楽
▲かに道楽のかに

 といっても、この日の大阪は天気が不安定で、晴れたり雨降ったりと、移動が大変に。淀川橋近くの官庁街も寄ろうという話もありましたが、天気のため頓挫。そのまま千里ニュータウンの伯父の家に帰ることにしました。


 伯父の家では、明日の京都旅行の計画を練っていました。正直言うと、関西旅行の計画はあまり立ててなくて、本能寺以外にどこへ行くかあまり決めていませんでした。伯母から京都・大阪の観光雑誌を借りて、どうするか決めた結果、明日は本能寺以外に、八坂神社、祇園の街をぶらり行くことに決めました。

 それと、明日は午前中に伯父と伯母が彦根城と安土城に連れて行ってくれることになりました。安土城に行けるのは大変うれしかった。生きているうちに、織田信長公の居城と死に場所を拝めることができるとは!

 まだまだ始まったばかりの関西旅行。明日は京都へ一人旅。鴨川沿いの京の街をぶらり歩いて、歴史の風流を楽しみたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する