関西旅行(6) ~清水寺・方広寺・豊国神社・三十三間堂~

前回の記事はこちら

※関連記事
 関西旅行(1) ~大阪心斎橋~
 関西旅行(2) ~彦根城・安土城跡~
 関西旅行(3) ~本能寺・八坂神社~
 関西旅行(4) ~高台寺・四条河原~


 今回で京都を巡るのは最後です。

 平安神宮の近くのバス停から京都市営バスに乗り、清水寺の方へ南下。

 京都市内の路線バスは基本的に運賃均一料金ですが、関東圏と違い運賃は後払い制。そのせいで混んでいる時は、降りる客の運賃払いに時間がかかります。関東圏と同じように前払い制にすればいいのに…。


 清水寺近くのバス停に到着。ここから坂を登って清水寺に向かいます。坂を登っていくと、清水寺へ通じるお土産屋さんが並ぶ通りがあります。途中の焼き物屋さんで、ショウウィンドウに飾られている「諸葛孔明」の像が! 京都に来て三国志関係のものを見れるとはありがたや。

関西旅行(6) 清水寺近くのお土産屋
▲お土産屋さんが並ぶ通り

関西旅行(6) 清水寺近くの諸葛孔明
▲諸葛孔明(ちなみにお値段は10万5千円! 何気に欲しいなあ…)

 坂を登り切り、いよいよ清水寺へ入ります。残念ながら、周りの木々はまだ枯れ枝状態でしたので若干殺風景ですが、建物の壮大さは見事。

関西旅行(6) 清水寺側面
▲清水寺側面

関西旅行(6) 清水寺前面
▲清水寺前面(なんと釘を1本も使わずに建てたといいます)

関西旅行(6) 清水の舞台
▲清水の舞台(昔はここから死体を投げていたといいます)


 清水寺近辺を散策した後、歩いて方広寺へ。方広寺は豊臣秀吉が建立した寺で、彼の亡き後に大坂の陣の火種となった「国家安康」「君臣豊楽」の文字が刻まれた鐘があります。かつては大仏があったようですが、焼け落ちてしまい、その後再建されなかったそうです。

関西旅行(6) 方広寺
▲方広寺の鐘(問題の文字はかなり小さい)


 方広寺のお隣は、豊臣秀吉を祀った豊国神社。ほんとにすぐ隣にあります。ここは中にある博物館を見て終わりで、特に言うことなし…。すぐ近くには耳塚があります。耳塚は秀吉の朝鮮出兵で、倒してきた朝鮮兵士の耳鼻を切り落として日本へ持ち帰り、それを供養した塚です。戦において、自分の武功を示す証として敵の首を持ってくるのが一般的でしたが、かつての中国では耳がその証だったそうです。なぜ朝鮮出兵では耳鼻だったんだろう…?

関西旅行(6) 豊国神社
▲豊国神社

関西旅行(6) 耳塚
▲耳塚


 またまた歩いて、三十三間堂へ。三十三間堂はご存知、千体もある観音像がずらりと並べられている所。残念ながら写真撮影はダメでしたが、屋外からの写真はOKということで載せておきます(といっても観音像は見えませんが)。中では観音像以外に、風神像・雷神像や絵画など様々なものが展示されています。

関西旅行(6) 三十三間堂
▲三十三間堂(かなり長い)


 三十三間堂で京都で巡りたい観光名所は終わり。阪急京都線で千里へ帰るので、鴨川を出て、河原町駅までぶらぶら歩きます。

 河原町に着いて、妹のお土産が何にするのか決めてなかったため、何かないかと思い、近くの綾小路通りをぶらり。綾小路通りは食べ物屋さんが多い通りで、観光客でごった返しています(外人さんもチラホラ来ています)。

関西旅行(6) 綾小路通り
▲綾小路通り(道は狭く人も多いので、歩くのがちょっとキツい)

 その綾小路で、ちりめん細工の専門店「ちりめん細工館」があったので、入店してみました。肌触りの良いちりめん細工で造られた小物・雑貨が売られていり、かわいいデザインのネコやウサギなどの飾りが女の子に受けること間違いなし! ここでウサギの飾りがついたポーチをお土産として買いました。

関西旅行(6) ちりめん細工館
▲ちりめん細工館(京都に何軒かあり、ここは錦店)


 お土産の買い物を終えて、河原町駅へ向かい、阪急京都線に乗ります。河原町駅は京都線の始発駅なので、時間を見計らえば座っていくことができます。千里ニュータウンに向かうには、東茨城駅で大阪モノレールに乗り換えます。さらば京都!

関西旅行(6) 阪急京都線
▲阪急京都線(東茨木駅にて)


 東茨木駅から、大阪モノレールに乗り換え。大阪モノレールの駅員さんは女性で、制服はなんとキャビンアテンダント! 大阪モノレールは伊丹空港へ向かっていることを考慮してか、駅員まで空港をイメージしたものになっているとは。羽田空港へアクセスする東京モノレールとて、ここまではしません…。

関西旅行(6) 大阪モノレール
▲大阪モノレール(ワンマン運転で、車両の運転・ドアの開閉も運転手さんがやります)


 そして、千里の伯父の家に到着。1泊2日の京都旅行でしたが、とても良かったです。なにより1人旅なので、自分の好きなように気の向くまま行動できました。また京都に行きたいです。

 明日(3月27日火曜日)は、伯母とともに神戸へ向かいます。それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する