『「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い』

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)
(2008/02/15)
山田 真哉

商品詳細を見る

 前回紹介した山田真哉さんの著書『食い逃げされてもバイトは雇うな』の下巻。副題は「禁じられた数字〈下〉」。

 上巻同様、身の回りにある数字から、物事の本質や理解を深めることについて書かれていますが、上巻とは違い、本書では思わず「ええっ、うそ!?」と言いたくなるほどの驚愕の事実が書かれています。というのも、本書の副題にもなっている「禁じられた数字」。この禁じられた数字とは、「事実だけれど、正しくない数字」という意味。これは誰でも使おうと思えば使えるが、人の判断を惑わし、人をだます武器になるほどの影響力がある恐ろしいもの。

 具体的にどんなものがあるのか、本書の例をいくつか紹介します。

 「1億円が12本出たという宝くじ売場で、宝くじを買えば当たる!」という話がある場合、そこで宝くじを買った方が当たる確率は高いのか? 答えは否。宝くじ自体、当たるかどうかは完璧に運なので、基本的にどこで買っても当たる確率は大差がありません。「1億円が12本出た」という数字(話)に惹かれて、宝くじ売場に長蛇の列ができてしまうのです(それ以外の要因も考えられますが)。

 「Amazonの書籍ランキングで堂々1位の大ベストセラー」という広告付きの本があった場合、その本は本当に人気が高い本であるのか? 答えは否。書籍に限らず、何かしらのランキングには、ランキングの操作がなされている場合があります。「1位」という数字に皆惹かれて、その本がそれだけ人気があるものだと錯覚してしまうのです。


 上巻では、数字を見て物事の本質や理解がどうなのかを解明していきましたが、本書では数字以外の(数値化されていない)要素も見極めて物事の本質や理解を深めていきます。特に経営の分野では、この数字以外の要素がとても大事になってきます。

タイトルにもある『「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い』というのは、食い逃げされたラーメン屋について経営の視点から考えた場合、お店の信用や安全性など数値化できない要素を考慮したら、バイトを雇う方が経営手段としては合理的ということ。


 読み終えた感想ですが、上巻に引き続き、大変素晴らしく面白い内容でした。上巻を読んで好感を持たれた方に、ぜひオススメ。現在なら、ブックオフで105円で安く買えます。



公認会計士 山田真哉工房


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する