自由は「永続」しなければ意味がない(2)

 前回の記事にて、「自由は永続的なものでないと意味がない」と書いた。では、永続的な自由とはどのようなものか。それを具体的にすべく、以下のようにまとめた。

1.自分の有限資産(お金・時間・労力)を自分のものに
2.ネガティブな事象からの最大限に解放
3.1・2を維持できるライフスタイルの確立



 それぞれ順を追って、説明する。

1.自分の有限資産(お金・時間・労力)を自分のものに

 私たちが生きるうえで必ず持っている3つの資産は有限である。時間は生まれた時から、「死」という有限のカウントダウンが始まっている。労力も若いうちは無尽蔵にあるかもしれないが、加齢とともに減っていく。時間と労力を投資して得るお金も、両者が時を経るごとに稼ぐ手間が減っていく以上、無尽蔵に稼げるわけでははない。ベンチャー発起やギャンブルなどで一攫千金を狙う手段もあるが、これらは運の要素もあるため、皆が皆実現できるわけではない。

 すでに有限だと分かっている以上、それらを自分のために思う存分使いたいと考えるのは、自由を手に入れるうえで当然であろう。自分の資産を、やりたくもない仕事や気の合わない人間関係のために費やさなければならないのは、大変ネガティブなことだ。何かしら大きなリターンがあるのならモチベーションも上がるだろうが、無いのならば自分からさっさと退場してしまいたい。

 何ものにも縛られず、自分の資産を(もちろん自己責任の範疇で)自分の思うままに使える。皆が求めてやまない自由の一般論ではあるが、あらためて認識し直し、要素の一つとして肝に銘じておきたい。


2.ネガティブな事象からの最大限に解放

 前回の記事でも触れたが、会社や学校を辞めたからといって、完璧に自由になれたわけではない。それは一時的なもので、後々孤独や飢餓などの経済的・社会的・精神的な不安に陥ってしまうからだ。これではせっかくの自由の気持ちもかき消されてしまう。アラスカの荒野で命を落としたクリスも、死ぬ前の数日間は孤独や飢餓に悩まされた。

 これは自由の負の側面でもある。一瞬人々にとってポジティブな要素に見える。ところが、それが長期的なものでないと、一瞬にネガティブなものに変わってしまう。これの事例で典型なのは、転職先を決めずに仕事を辞めることだろう。

 とはいえ、人間は生き抜く進化の過程で、ネガティブな要素が優先されやすい思考回路を築いてきた。たとえ、ネガティブな要素を自分の周りからすべて取り除いても、またネガティブな要素はすぐにやってくる。

 残念ながら、すべてのネガティブ要素から解放されるのは困難だが、最大限にそれから解放されることは可能ではないかと考える。それについて、次の項目で述べていく。


3.1・2を維持できるライフスタイルの確立

 この項目こそ、今回の記事で私が最も言いたいことである。

 永続的な自由を手に入れるには、自由を永続できるだけのライフスタイルを確立することが重要である。当たり前のことに聞こえるかもしれないが、意外とこれが実現できない。巷の書店に行けば、それの成功例はいくらでもあるだろうが、万人に共通する不変の真理というものがなかなかない(これは金持ちになるための秘訣と同じだ)。

 とはいえ、現在はネットの普及により、自由のためのライフスタイル確立について、考察・検証・実践を行っているサイトはかなり存在する。おまけにこれらのサイトのほとんどが無料で閲覧でき、ブログやTwitterなどにあるコミュニケーションツールで気軽に質問や相談もできる。

 完璧な法則や真理などの堅苦しい発見などは難しいだろう。しかし、ネットでの情報ややりとりを駆使し、普段から何らかの実践や創意工夫をほどこして、1・2の方法や理論について、素人ながらも模索することは可能だ。フリーな空間での活動なのだから、自分がそれらに関わるでの敷居もかなり低い。


 私自身、自由の獲得に対して、まだまだ模索中の身ではある。とはいえ、永続的な自由を得るためのチャレンジを自分の人生に賭ける(投資する)だけの価値は充分にあると考えている。自由は、誰もが求めてやまない秘宝のような存在だ。海賊王を目指す『ONE PIECE』のルフィのように、そうした秘宝は人生にとってかけがえのない1つのロマンでもあるからだ。



<参考文献>
橘玲『知的幸福の技術』
橘玲『残酷な世界で生き延びるたった一つの方法』
堀江貴文『お金はいつも正しい』
堀江貴文『格差の壁をぶっ壊す!』
高村友也『Bライフ』
本田直之『自由な人生のために20代でやっておくべきこと』


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【自由は「永続」しなければ意味がない(2)】

 前回の記事にて、「自由は永続的なものでないと意味がない」と書いた。では、永続的な自由とはどのようなものか。それを具体的にすべく、以下のようにまとめた。1.自分の有限資...