『ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人』

ソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人 (技評SE新書002)ソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人 (技評SE新書002)
(2006/01/19)
荒井 玲子

商品詳細を見る

 私の父がブックオフでたまたま見つけてきた本。IT業界で働いている身の私には、参考にしたいと思ったので、読んでみました。


 ソフトウェア開発者であり、コンサルタントとして多くの技術者と接してきた著者が、ソフトウェア開発に関わる人で伸びる人と伸びない人の特徴や条件について、まとめたものです。

 伸びる人と伸びない人の特徴や条件はいくつかありますが、伸びる人の特徴や条件について、大まかにまとめると以下の通り(以下の内容の逆が、伸びない人の特徴や条件ということにもなります)。

1.物事を積極的(自発的)に取り組む
2.仕事に必要のない技術やスキルも積極的に学ぶ
3.自分が分からない技術・スキルを理解している
4.取り組む物事の目的や本質をできる
5.他者にアピールできる技術やスキルの「強み」を持っている



 著者は、他にもソフトウェア開発者や技術者として、幸せになれる人(仕事を楽しく出来る人)の特徴や条件についても述べています。


 読み終えた感想ですが、とても良い本でした。難しい専門用語はなく、単元ごとに内容もきちんとまとめられていて、とても読みやすいです。抽象的な表現のアドバイスがあっても、それに対する具体的な解説も書かれているので、分かりやすいです。

 ちなみに個人的な話ですが、IT業界で働く私はどうかというと、伸びない人に当てはまりましたorz。 本書の理論だけとはいえ、読んでいくうちに「自分に向いてないのか…」「転職をするべきかな…」と若干ネガティブになりました。それぐらい説得力があります。

 私個人の向き不向きの話は置いといて、ソフトウェア開発に関わる人(あるいは関わりたい、関わる予定の人)なら、読んでおいて絶対に損はない本。IT業界に関わる人にもオススメです。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する