いまの仕事を辞めたらどうなるのか?

 毎日の仕事のつらさとうんざり感から、自暴自棄になって「仕事なんか辞めて、自由になりたい!」と心の中で何度も叫ぶことがある。しかし、この叫びの後にいつも思うことがある。「いまの仕事を辞めたらどうなるのか?」、と。


 この疑問について、(記事に書ける範囲で)軽くシュミレーションをしてみた。

 まず、当たり前のことだが、収入はゼロ。生活に必要な私の経済的基盤は、会社への労働で支払われる給料しかない。株やFXなどの副収入も無いため、無一文になる。

 収入ゼロじゃ生きていけないから、ハローワークや東京仕事センターなどで求職活動をする。といっても、私のような新卒で就職したような人間には、特別なスキルや実績もないため、市場で売りにできる人的資本がない。さらには履歴書にブランクができてしまうため、雇い主からはネガティブに見られる。就職先はなかな決まらないのは言うまでも無い

 私は現在実家暮らし。仕事をしていれば給料は家計費として家族に渡せるが、仕事を辞めればそれができなくなる。世間の言葉で言うなら、この状態はニートにあてはまるだろう。親の資金力で生活していくことになるから、世俗のしがらみが一層苦しくなる。

 自分自身の具体的な生活はどう変わるだろうか。私の性格と照らし合わせて考えてみると、ネガティブな感じになるのは目に見えている。求職活動しまくるも、就職できずに四苦八苦しているニート。現代日本の社会問題の当事者の一人になっていることには変わりがない。

 こうして考えてみると、やはりせっかく就職できたのだから、「辞めることは先送りにして、これからどうするのかをもっと考えて、行動を起こした方が良いな」と考えるようになり、気持ちも落ち着いてくる。


 とはいえ、このまま働いて、自分が幸せに感じるかどうかを考えてみると、「それはない!」と断言できるほど強く感じる。やはり今の仕事にせよ生活にせよ、少なからず不満がある。最近は精神疾患が悪化するくらい、その不満の許容範囲が越えてしまっている。

 なにより私が欲している自由が何一つない。私にとっての自由は、高村友也さんが述べた「誰もが知っている単純な欲求」であり、誰もが求めてやまない秘宝のような存在である。自由を得ることも無く、追うこともできないのに幸せな生活を築くのは、私にとって魅力的だとは思えない。


 私はいまの仕事(あるいは生活)を死ぬまでやろうとは、決して考えていない。なにかしらのことが起きた時に「もう辞めた方が良いな」と、キレイさっぱり気持ちを切り替えるつもりだ。もうその時になったら、私が自由を求めて人生という名の航海に出る日も近いだろう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する