『臆病者のための株入門』

臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
(2006/04)
橘 玲

商品詳細を見る

 2002年にベストセラーとなった『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』の著者である橘玲さんの株に関する本です。私が初めて読んだ橘玲さんの本は、この本でした。

 株式投資の理論について分かりやすく書いた内容で、
  「株で儲けている人の実態って何?」
  「ホリエモンの株式騒動ってどんなものだったの?」
  「本当に株で儲けるにはどうすればいいの?」
 といった身近な疑問に答えてくれます。

 巷に売られている株の儲け本とは違い、株式の理論をしっかり説明・理解したうえで、株での利益を得る方法が書かれています。安易な株の儲け話とは違い、「株で儲けるとは実際はこんなもんだよ」と世間では知られていない実情を教えてくれます。無知な素人が「株で儲けよう」ということがどんなに危険で浅はかなことか痛感すること間違いなし(実際に私がそうでしたorz)。

 表紙に付いていた帯には「カモられずにお金を増やす方法」と書かれていますが、何度も読んだ感想としては「そんな大層なこと書いてあったか?」と思いました。あくまで株式投資の理論と実態について知る本であって、「株でジャンジャカ儲けよう!」という本ではないかと(その手の本は巷にたくさんあるので)。

 株に興味がある方は是非最初に手をとって欲しい本。橘玲さんの本に興味があるという方にもオススメ。


橘玲 公式サイト


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する