『ニートの歩き方』

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法
(2012/08/03)
pha

商品詳細を見る

 京大出身のニートであるphaさんの本。副題は「お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法」。帯にはちきりんさんの推薦文が書かれています(ちきりんさんも、自身のブログで本書を紹介しています)。

 数日前からphaさんの生き方に興味を持っていたので、本書が発売されるとすぐに買いました。


 本書では、社会の規範や価値観にとらわなくても、自由に楽に生きられることを述べている本です。phaさん自身学校や会社などの社会生活になじむことが出来ずに、自らニートとなって悠々自適な生活を送られている方です。

 人間は本来、会社に勤めなくてもあんまりお金がなくても、いくらでも楽しいことをできるはずだ。こんなに技術が発達して価値観が多様化した世の中で、固定した生き方に縛られる必要はない。
 世間体だとか、一般的に「これをするべきだ」と決められていることなんか気にせずに、本当に自分が欲しがっているものだけ手に入れればいいのだ。人生は有限だから全てを選ぶことはできない。自分に本当に大切なこと以外は諦めるのが大事だ。いろんなことを諦めると人生はわりと楽になる。



 まさにその通りです! 人生は「死」というタイムリミットがあるにも関わらず、何の恩恵もない社会の規範や価値観を押しつけられ、「○○をしなければならない」「自由を得た先に意味がある」という(リベラルな)考え方に押しつぶされては、せっかくの人生も自由ではなくなります。そうした価値観や考え方の恩恵を享受できるのは、ほんのごく一部の人間だけです。

 現在の日本は「技術が発達して価値観が多様化した世の中」になったのだから、社会もより自由な生き方や考え方に寛容になるべきだと思います。phaさんのニートとして生き方も、その自由な生き方や考え方の一つと言えます。

 僕だってみんなニートになればいいと思っているわけじゃない。普通に会社に通って働いて満足できる人はそれでいい。人はそれぞれ自分に合っている居場所があるし、ニートにも社畜にも向き不向きがある。適材適所だ。



 上記の考え方も同感です。世俗的な生き方には人によって向き不向きがあるのは当然です。自由な社会ならば、世俗的じゃない生き方をするのも個人の自由ですから、無理して世俗的な生き方をしなくても良いわけです。世俗的な生き方を目指したとしても、皆が皆同じように幸せになれるとは、限らないのですし…。


 phaさんのニート生活がどのようなものなのか、具体的な説明があったり、その生活方法などが公開されています。ニート生活におけるネットワークや生活像、ニートとして生活する際のお金や衣食住はどうするのか、ニートと社会との関連性などのお堅い話題まで、取り扱っている話題はさまざま。

 phaさんは「ギーグハウス」というシェアハウスを運営しており、その住人の方々と気軽にコミュニケーションをとったり、部屋にこもってネットをしたりして過ごしているといいます。本人は「ダラダラしている」とは述べていますが、社会の規範や価値観にとらわれずに自分の時間をめいっぱい持って生きているのは、まさに「自由」。

 生活におけるお金については、phaさんの体験や知識に基づいて、さまざまな方法や手段が紹介・解説されています。アフィリエイトやせどりなどのネット上の収入獲得のやり方、国民年金や国民健康保険などの社会保障のこと、生活にどうしても困った時の職業訓練や生活保護の受け方など。この辺りはニートで無い人・ニートを目指していない人でも気になる項目でしょう。「ガッポガッポ儲かる!」という上手い儲け話はないですが、こうした収入や法制度などは知っておいて、損はないでしょう。


 読み終えた感想ですが、とても素晴らしい本でした。本書で書かれている考え方や主張は、ちきりんさんの『ゆるく考えよう』や山崎寿人さんの『年収100万円の豊かな節約生活』、高村友也さんの『Bライフ』と重なる点が多かったです。本書を読んでいて、「自由」の考え方や在り方について、私自身ようやく形が見えてきたように感じます。

 ニートという一つの生き方・考え方を知る本として、とても良いと思います。昨今にはいびこっている「ニートは悪い!」「社会の規範や価値観に文句言わず従え!」という考え方を持つ方には、ぜひとも読んでほしいくらい。たぶん考え方がガラリと変わると思います。

 ニートじゃなくても、「自由」な生き方を求めている方にもオススメ。山崎寿人さんの本や、ちきりんさんの本とは違った理論や考え方を学べると思います。


phaのニート日記

pha著「ニートの歩き方」特設ページ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』 pha (著) その3

昨日の記事の続きです。 怠惰が美徳とはどういうことだろうか。それは、怠惰な人間ほど、できるだけ仕事を減らして効率的にしようとするということだ。 (中略) 「怠惰が美徳」っ