TBSドラマ『MONSTERS』が意外に面白い

 今月から始まったTBSドラマ『MONSTERS』。いつもニコニコして奇怪な雰囲気を出している平塚平八(香取慎吾さん)と、ドジを踏みやすい新米刑事の西園寺公輔(山下智久さん)の二人の変わったコンビが、事件の真相を暴きだすミステリー・サスペンスもの。

 私は初め興味がなかったのだが、母が観ていたので、自分も試しにに観たところ、とても面白かった。2時間もののミステリーやサスペンスにあるチープさやマンネリ感はなく、どちらというとテレビ朝日のドラマ『相棒』に似たような雰囲気がある。


 主人公の平塚は、相棒の杉下右京をより強烈な個性を持たしたような、掴みどころのないクセのある人物になっている。事件の推理も、事件解決のために事件関係者にわざとカマをかけて反応を読んだり、周囲の人物が気づかない細かいところを気にするなど、似ているところが多々ある。

 その平塚を邪険に思っている捜査一課の刑事である金田一(遠藤憲一さん)は、相棒でいう伊丹警部のような存在。自分の手柄を上げようと邁進するも、良いところを主人公たちに持ってかれるスベリ役。とはいえ、伊丹警部のように憎めない存在で、彼の言動には思わずクスリとしてしまう茶目っ気なところもある。

 ストーリーの展開はというと、他の推理ものと変わらず、「事件の犯人は関係者のだれか」というのは変わらないのだが、カマをかけて事件の真相を暴いたり、主人公が変に犯人に同情したりしないところが、巷の2時間もののサスペンス・ミステリードラマと違うところ。


 「なんだ、結局『相棒』と変わりないじゃないか」と思った方もいらっしゃると思うが、相棒とは違い日本ドラマ独特の軽いノリ(笑い)があるので、『相棒』に比べると若い方には馴染みやすいと思う。オススメのドラマ。



『MONSTERS』公式サイト


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【TBSドラマ『MONSTERS】

 今月から始まったTBSドラマ『MONSTERS』。いつもニコニコして奇怪な雰囲気を出している平塚平八(香取慎