『「続ける」技術』

「続ける」技術「続ける」技術
(2006/10/30)
石田 淳

商品詳細を見る

 著者は、日本における行動科学の先駆者である石田淳さんの本。石田さんは、以前当ブログでも紹介したマンガ『脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術(以下:脱・三日ぼうず!)』の監修を務めた方でもあります。

 たまたまブックオフにて、105円で売られていたものを購入。『脱・三日ぼうず!』でも取り上げられていた行動科学のハウツーについて、もっと詳しく知りたいと思っていたので、購入後さっそく読んでみました。


 「物事がなかなか続けられない」「すぐに飽きたりして、何度も挫折している」といった物事や行動を続けることができない人々に向けて、書かれた本です。そうした問題の解決策として、本書では「行動科学」と呼ばれる科学的見解に基づいて、具体的なアドバイスを述べています。

 本書で述べられている具体的なアドバイスの要点は、基本的に続けたい対象に関わる行動について、増やしたり減らしたりしてコントロールすることです。

 例えば、自分が目標・目的達成のために「続けたい(もしくは止めたい)」と考えている行動のコントロールする場合、「英語学習のために、参考書を常に持ち歩いて読む」「禁煙のために、ライターや灰皿を捨てる」など、いろいろあります。

 本書ではこうした行動を「ターゲット行動(目標・目的としている行動)のコントロール」と解説しており、ターゲット行動の増減で自分の行動をコントロールすることで、「続ける技術」が身につくことを述べています。

 他にも、上記のコントロールをもっと強化するために「自分が続けたい物事を、周囲に宣言する」や「スモールゴール(小目標)をいくつか設けて達成していくことで、ラストゴール(最終目標)を達成する」などのアドバイスがあります。


 読み終えた感想ですが、読んで正解でした。あらかじめ『脱・三日ぼうず!』と被るアドバイスはあるものの、本書の方が具体的に書かれているため、分かりやすかったです。「そうか! こうすればいいのか!」とあらためて感じるほど、より詳しく知ることができました。

 物事が続けられずに困っている方に、是非オススメの1冊。「活字はちょっと面倒…」という方は『脱・三日ぼうず!』をどうぞ。それを読んでみて「より詳しく知りたい!」と感じた方は本書をオススメします。私も本書を用いて、今後の物事に活かしたい…。


石田淳オフィシャルホームページ

行動科学マネジメント:ウィルPM(著者が経営するコンサルタント会社)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する