『新・農業人フェア2013』に行ってきました

 今日は東京の池袋サンシャインシティで開催された『新・農業人フェア2013(以下:フェア)』に行ってきました。東京しごとセンターの1階でフェアのポスターが貼られており、私はそれを確認。就農についてなかなか触れる機会がないので、さっそく参加してきました。

 ブースには行きませんでしたが、以前東京しごとセンターでのトークイベントにて舞台に立った、「㈱みやもと農園」の宮本圭一郎さんも出展していました。

新 農業人・フェア
▲フェアの様子

 フェアの概要についてさらりと話すと、農業に従事したい人向けの大規模な説明会。日本全国の行政や農業法人や組合、企業、農家の方々がブースを設け、将来農業に従事したいと考えている人々は各々のブースに行くというもの。北は北海道、南は鹿児島まで。ほとんどの都道府県から数多くの農業関係者が集まり、就農希望者に向けた就農説明会、研修・受け入れ制度の紹介、農業に関するアドバイスなどを行っていました。

 私はインターネットでザッと参加している農業従事者のリストを確認したくらいで、あとはその場任せの勢い参加でした(服装自由、入退場自由、履歴書不要だったので)。以下は私の参加した所の説明。


 適当にいくつかブースを回りましたが、まずは農業法人を紹介。私が適当に回ったのは、埼玉県の自営農家団体、千葉県や香川県の自営農家の組合、京都や栃木などで会社法人で農業を営む法人でした。

 それぞれ毛色が異なり、研修制度のバックアップが充実した所、一連の農業ビジネスモデルも学べる所、研修後の就農体制も充実した所とさまざまでした。生産物も各ブースの農業法人によってバラバラで露地栽培・設備栽培の野菜・果樹、稲作、穀物、畜産と多岐に渡り、就農先で自分が学びたい農作物のスキルを身につけることが可能だとのこと。

 法人への就農では、独立に向けた研修制度が充実している所が多く、ある農業法人では(他県からの移住者呼び込みも兼ねてか)ご当地での就農後の人脈ネットワークや生産・流通システムの紹介をあっせんしてくれる所もありました。私のような農業経験ゼロで研修などを通じて農業を学んでいくという場合は、この農業法人への就農(就職)が一番だそうです。

 会社法人で農業を営む法人では、社員全員(経営者含めて)皆ゼロから農業スタートという所もありました。聴いていると、毛色の違いが本当に違うので、適当にブースに座って担当者の話を聴くだけでも面白かったです。ブースによっては、乾燥した九条ネギ(京都府)やかぶの栽培キット(栃木県)など、お土産ももらっちゃいました。

フェアのお土産
▲フェアのお土産


 次にJAや行政などの農業支援などを行う公的機関・団体をほんの少し紹介しますが、ここは残念ながら微妙…。 

 先ほどの農業法人のように、研修制度や就農へのあっせんなども行っているのですが、「作業パートナー(配偶者)がいないと×」という条件付きの所が多い。トマトやピーマンのように施設栽培でないと生産できない農業をあっせんしているため、分業できる人数の人が募集してくれないと無理なのだとか。若者には×ということでしょうね。それを聴いた時は、「最初っから、そう告知しとけや!」と心の中で叫んでしまった。

 幸い、東京都のブースではそうした条件なくできました。公的機関・団体の場合は、条件によって就農できる所とできない所の差が農業法人よりも大きいので、事前に調べておくのがベスト。


 とりあえず8ブースほど回ってパンフレットもらったり、ブースをうろうろしたりして、退場。2時間ほどで終わるだろうと思っていたら、4時間もいた。それくらい興味深く、活気あふれるイベントでした。

 参加者も私のような若者、若い夫婦(カップル)、中高年などさまざまでした。若者の中にはご丁寧にスーツまで着て参加している人もいて、それを見て「そこまでやるか!?」と驚いてしまった。中高年の方が来ているのも、少々驚きました。フェアで配られるパンフレットの中に記載されている、各ブースの農業法人の説明には、「脱サラしてまで就農」という記述がありました。中高年の中には「脱サラしてでも、農業をやりたい!」という人が多くいると思います。


 今回フェアには初めて参加しましたが、参加した甲斐がありました。就農に関する具体的な概要やアドバイスが聴けましたし、農業に関する質問もいろいろできました。かなりの情報が収集できたと思います。

 しかし、どれも就農という活動からか、巷の就活のような息苦しさも若干感じました。私はガッツリ儲ける農業よりも、伊藤洋志さんのナリワイのような農業をやってみたいので、そうした人には「少々不向きかな…」とも感じました。

 後者のような農業についても情報はいくつか掴んであるので、今後そうした農業についても有る程度調べてみたいと思います。


スポンサーサイト
コメント

No title

2013度4月以降の日程を教えて下さい。
よろしくお願い致します。

No title

>>永田孝博さん
こんにちは。

>2013度4月以降の日程
何の日程について伺っているのかが分からないのですが、ここでは新・農業人フェア2013の日程と解釈してお応えします。
公式サイトを確認しましたが、4月以降については明記されていませんでした。
主催もとに連絡することをオススメします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する