NPO共育学舎「いなか研修生」に参加(追記)

 コメントしてくださった方から、NPO共育学舎(以下:共育学舎)の「いなか研修生」での1日のタイムスケジュールについての質問がありましたので、本記事上で回答します。他にも追記しておきたいことを書いていきます。


(1)の記事はこちら

(2)の記事はこちら


1.1日のタイムスケジュール(流れ)

 いなか研修生では、特にこれといった特定の研修科目やプログラムが組まれているわけではないので、規定の時間割りも特にありませんでした。一応1日の流れについてまとめると、だいたいの日は以下のようになります。

【1日の流れ】
8:30頃/起床

8:30~9:00頃/朝食

9:00~12:00頃/農作業・労働

12:00~13:00頃/昼食

13:00~17:00頃/農作業・労働

18:00~19:00頃/夕食

19:30~21:00頃/入浴(車で往復30分の温泉)

22:00頃/就寝



 上記の時間はいずれも決まったものではなく、おおよその時間。

 農作業は、雨天などの悪天候の場合はできないので、校舎内で暇な時間を過ごすのみ(他の参加者曰く「グダグダタイム」)。とはいえ、代表の三枝さんやその家族から何かしらのお手伝いを頼まれることがあるので、それをきっちりやったりします。多かったのは食事の準備や後片付け。それ以外にも、八朔を使ったジャム作りや鶏小屋の鶏糞を取り除く作業をやりました。


2.研修生活に関するその他の追記

 洗濯機があり、長期滞在者はそれを借りて、衣類を洗濯することができます。洗濯機は2層式洗濯機。下水設備がないため、巷の洗剤薬品はNG。洗剤は重層と塩を混ぜた粉末を使っています。スプーン2~3杯分の粉末をかけて、洗濯。一定時間普通に洗いまわすだけで洗濯は完了し、あとは脱水機にかけて脱水するだけ。

 入浴ですが、代表の三枝さんの車に乗せてもらい、片道15分~20分ほどの場所にある温泉施設に行きます。利用する施設は基本的に、新宮市の隣の田辺市にある「湯バイバル・モア(クアハウス熊野本宮)」。入浴料は400~600円ですが、数カ月使えるパスカードを買えば、自由に入浴できます(3ヶ月分で3000円、1年分で10000円)。私も3ヶ月分のパスカードを買って入浴。10000万円で温泉施設に入浴できるのだから安い。

 湯バイバル・モアは木曜日が休みなので、その日だけ近くの川湯温泉に向かいます。川湯温泉では、無料で入浴できる露天風呂の「仙人風呂」か有料の「川湯温泉公衆浴場」のどちらかに入ります。私は前者に入浴。川を挟んで道路の対岸にある露天風呂で、まさに丸見え(!)。夜ということで暗いのですが、代表曰く「話のタネになる」温泉で、新鮮な体験でした。

 起床時間と就寝時間は特に決まっていないので、メンバー各々で時間が異なっています。ですが、だいたい8時起床、22時就寝という方が多い。就寝前はパソコンをいじってたりするのですが、あまり長時間起きていようという気もなので、22時台には布団に入ります。インターネットは無線LANが設置されており、接続用のパスワードも公開しているので、誰でも気軽にインターネットができます。私も持参したノートPCでネットやってました。


 追記はとりあえず以上です。


スポンサーサイト
コメント

No title

質問に答えていただきどうもありがとうございました。今後ともよろしくおねがいいたします。
それでは、また。

お疲れ様です。

とても素晴らしい取り組みですね。
会社を辞めたら、ちょっとばかり立ち寄ってみたいと思いました。

一度このような生活をすると、おそらく「どうしようもなくなったときには帰る場所がある」という実感を得られたのでは?
再び会社に入ったとしても、「この会社、いやどの会社に入っても、それがすべてじゃない」と思えて、少し気分が楽になりそうですね。

レポートありがとうございます

twitterでフォローさせてもらっているものです。
共育学舎、興味がありましたので、レポートをまとめていただき感謝です。
今34なので、今年中に一度行ってみたいと思っています。
ブログおよびtwitterの更新、楽しみにしています。

コメントありがとうございます

>>とらのすけさん
温泉施設のリンクを貼り忘れたので、あらためてリンクを貼りました。
時間がある時にご覧になっていただけたら、幸いです。

こちらこそ、今後ともよろしくおねがいいたします。

>>あむさん
参加するか否かといったら、ぜひ参加をオススメします。
本当に居心地が良いので、「晴耕雨読」とはまさにこのこと。

>「どうしようもなくなったときには帰る場所がある」という実感を得られたのでは?
「どうしようもなくなった」というのもそうですが、「これでも充分に生きていられる」という実感も得られましたね。
代表の三枝さんには人生経験豊富な方で、「社会保障はどうすればいいか?」といった現実的な相談にもお答えしてくださるほど、心やさしい方です。
(完璧な答えが出るとは限りませんが)世間一般の生き方以外の生き方も、研修を通していろいろ模索できると思います。

No title

>>silversoulさん
コメントありがとうございます。
タイムラグでお返事が遅れてしまいました。

>今34なので、今年中に一度行ってみたいと思っています。
おお、私のブログを読んでくださって、なおかつ共育学舎に参加してくださるとは!
お役にたてて、大変嬉しい限りです。

>ブログおよびtwitterの更新、楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する