大学生は遊ぶ金欲しさのアルバイトはすべきでない

 私がよく読んでいるブログサイト『脱社畜ブログ』にて、大変共感できる記事があったで、取り上げる。以下がその記事。


大学生のアルバイトは、親が高い金を出して買った時間を、安いレートで換金しているだけだ


 この記事で著者が言いたいのは、「せっかくの貴重な学生生活をアルバイトなんかに費やすな」ということだ。高い学費を払ってまで大学に通っているのに、学業そっちので遊ぶ金欲しさのアルバイトに手を出す。アルバイトの給金なんぞたかが知れているのに、それでも必死になって稼ごうとする。

そもそも、大学生がなんでアルバイトをすることができるか、考えたことがあるだろうか。それは、時間が余っているからだ。そして、この余っている時間は、無料で手に入れられるものではない。親が4年間分の学費を払い、さらには生活費まで仕送りをすることで手に入れた実に貴重な、高価な時間なのである。

そして、この時間をアルバイトにつぎ込むというのは、せっかく高いお金を出して買った時間を、1時間900円くらいの非常に安いレートで換金しているにすぎない。こんなに勿体無い話はないのではないか。



 学生生活の貴重な時間を僅かな遊ぶ金欲しさにアルバイトばかりするというのは、私も反対だ。大学生(特に文系)は確かに小中高に比べて拘束時間が短く、アルバイトに充てることもできなくもない。しかし、カネばかりかかる物事に手を出し、さらにアルバイトをして、学業をおろそかにする。最悪学生生活に支障をきたしてまで、アルバイト中心の生活を送る。

 私もちょっと前まで大学生だったので、(残念ながら)周りにこうした輩は何人かいたが、まったくもって馬鹿げているし腹立たしい。彼らと関わっていて一番うんざりしたのが、自分たちのやることに対する自己責任の意識の無さだ。

 自分自身がやった物事に対して「俺のせいじゃない、コイツが偉そうに命令したんだ!」「なんでこんなことを私がしなきゃいけないの!?」、自分の浪費癖を棚に上げて所持金が少ないと「俺にカネがないのは、金持ちのせいだ!」と叫ぶ。ハッキリ言って20歳過ぎた大学生の言動とは思えない馬鹿馬鹿しさだ

 そもそもこうしたカネをジャブジャブ使うような物事ばかりに手を出すことが問題であろう。お金を使わずに物事を楽しむ、人生を楽しむ方法なんていくらでもある。ましてや、大学生なら自分が通っている大学で興味がある学問の講義を聴いたり、先生と深くディスカッションするだけでも、かなり有意義な時間を送れる。こうしたことをまったくせず、カネ払ってしか楽しめない物事ばかり楽しんで、アルバイトばかりするなら、いっそのこそ大学を辞めて、払っている学費を全部遊ぶ金につぎ込んだ方が良い

 アルバイト経験は社会人経験のためにも必要だと言われるが、その効果は薄いという。

「アルバイトで得られるものは、お金だけではない」と反論する人もいるだろう。確かに、実際に労務を提供する側に立つことで、客の時には気が付かなかったことなどに気がついたりすることはあるだろう。しかし、所詮はアルバイトにやらせる仕事である以上、即座にそれだけで独立できるようなスキルや知識がつくことは考えがたい。飲み会で話のネタにするのがいいところである。
社会人の基礎を学べるとかいう人もいるが、そもそも「社会人の基礎」なんてものは定義のはっきりしない、非常に曖昧でぼんやりしたものだ。これが仮に集団生活のルールや人とのコミュニケーションのとり方を指すのであれば、アルバイト以外の手段でもこういう能力を身につけることはできる。自分を殺して会社に尽くすという社畜精神のことを指すのであれば、実際に就職してから嫌というほど学ばされるので、何も学生のうちから身に着けておく必要はない。



 個人的な話であるが、私は大学時代のアルバイトは1度やったのみ(学校職員の事務作業の補佐仕事)で、あとはまったくしなかった。カネをジャブジャブ使って遊び呆けるよりも、さっさと家に帰って、ゲームやるなり、本読むなり、昼寝するなりして、のんびりぐうたら過ごすのが好きだった。当時は親から2万円の小遣いをもらうだけで、後はたいしてカネを欲しいとも思わなかった(先ほどのアルバイト代も未だ手つかず)。アルバイトであくせく自分の時間と労力を払ってわずかな給金をもらうというのも、あまり良い印象がなかった。

 学業に支障をきたしてまでアルバイトして浪費を繰り返しのはもうやめにすべきだ。自分の生活に少しでも居心地の悪さや違和感を感じているなら、自分とお金の在り方を見つめ直し、自分の貴重な時間と労力を何に使うかじっくり考えるべきだろう。

 「うるせえな! そんなの俺の勝手だろ! おめえに口出しされたかねえよ!」

 確かに最終的にどうするかはあなた自身であるし、そこを強制するつもりはない。ただし、どんな行動をとるにせよ、自己責任であることを意識する必要がある。アルバイト代を浪費してお金がなくなろうが、大学で落第または留年しても、それは誰のせいでもない。それを「アイツが悪いんだ!」「金持ちが俺のカネを奪ったんだ!」と叫んでも、誰も振り向いてくれないし、物事は解決しない。

 大学生の中で、アルバイトばかりしている自分、浪費ばかりしている自分に違和感を感じたり、ポジティブな感情を持てないと感じたら、心落ち着かせてじっくりと考えてみてほしい。「それが本当に自分にとってためになっているのか?」「自分が満足してやっていることなのか?」と。もし、そうでないならば大学生活を通して、いろいろと行動を起こしてみるといい。本を読んだり、ネットで情報収集したり、大学の先生と相談したり…。そうしていくうちに自分にとって驚くような発見や情報がまい込むかもしれないからだ。

なんだかんだでネガティブな物事が叫ばれるこのご時世だからこそ、何かしら行動を起こして、ぜひ大学生活を有意義に送ってほしい。学生がそうしたことを少しでも行動してくれることを願ってやまない。


スポンサーサイト
コメント

No title

はあ~~
お金のありがたみのわからない奴の話ね・・・

Re: No title

>>キキさん
>はあ~~
>お金のありがたみのわからない奴の話ね・・・
はあ~~
で、結局何が言いたいの?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する