緊急執筆! 共育学舎への参加方法

 今回は、共育学舎で私が過ごした日々についての記事の投稿を、一旦ストップします。というのもここ数日、私の周り(現実上、ネット上も含めて)で、

 「共育学舎への参加はどうすればできるの?」
 「共育学舎にメール出したけど、連絡が来ない…」

 という相談や質問が、私のところへ来ています。私自身共育学舎の長期滞在者ではなく、そこのスタッフでもないので、それほど詳しくお答えすることはできません。ですが、私自身の体験を事例とした参加方法やそれに関する事柄について、お答えできる範囲で書いていこうと思います。


1.共育学舎への参加方法

 私が共育学舎へ参加する際、申し込んだのが「いなか研修生」というプログラム(リンク参照)。リンク先のページの下の方にある申し込みフォームから、申し込みました。参加にあたっての注意事項が記載されているので、それを確認したうえで、参加の検討・申し込みを行ってください。分からないことがあれば、事前に三枝さんに質問のメールをしましょう(私は事前に質問のメールを送りました)。

 私の友人はメールで参加の申し込みを行いました。ただ、メールといえども、参加期間参加理由くらいは必ず伝えましょう。三枝さんのところにそれらの記載がない申し込みメールが来たこともあったそうですが、それでは先方が返事に困るのは当たり前です。なので、それらは忘れずに伝えましょう。

 余談ですが、共育学舎ではパン作りを学びたい人のための「熊野暮らし方デザインスクール」というパン作りのワークショップもあります。こちらは有料(15万円)で、6泊7日で集中的にパン作りを学ぶことができます(主催はもちろん三枝さん)。有料でパン作りを学びたい方はこちらを検討してみてはいかがでしょうか。


2.連絡がこない場合

 私の友人はメールで参加の申し込みをしましたが、数日間返事がこなかったそうです。数日後、彼のもとに「都合により、直近の日程での参加受け入れが不可能」との返事が来ました。友人の場合は、先方が受け入れ可能になり次第、再度連絡が来るとのことでした。

 共育学舎では公式サイトにて、不定期のイベントなどの告知があまり記載されていませんが、何かしらのイベント開催や客人の受け入れをしています。なので何かしらの事情により、お返事が遅れることがあります。

 最近の話では、4月から5月の上旬までは受け入れが難しいとのことだそうです。私も東京へ帰ってきてしまったため詳細は分かりませんが、季節の変わり目ということで、農作業などで何かと忙しいのではないかと思います。

 特に急ぎの用でなければ、気長(地道)に待ちましょう。共育学舎は大規模な組織運営ではなく、数人ほどの小規模で自営業のような運営でやっています。三枝さん自身の仕事などの都合もあると思うので、ササッと参加を申し込む前にじっくり検討したり、事前に分からないことを質問したりしてから、参加の申し込みをすることを強くオススメします。


3.参加の持ち物

 参加にあたって必要な持ち物についても書いていきます。とりあえず必要最低限の持ち物として、以下のものをご用意ください。

・着替え
・汚れてもいい服
・防寒具
・長靴(農作業用に)
・軍手(2つほど)
・歯ブラシ
・バスタオル
・体洗うタオル
・汗ふきタオル
・携帯の充電器



 特に汚れてもいい服と長靴は、土いじりの農作業にはかかせないので、忘れずに持ってきてください。汚れてもいい服は、動きやすいジャージなどを着ると良い感じです。防寒着は、3月・4月といえど朝が寒かったりするので、持参することをオススメします。


4.参加にあたっての気持ちの在り方・心構え

 気持ちの在り方や心構えについても書いておきます。といっても、精神論のような抽象的な話ではありません。

 共育学舎は新宮市街から1時間ほど、離れた田舎にあります。そこはコンビニなどの商業施設は一切なく、郵便局もATMがない簡易郵便局です。何かあった時のお医者さんもすぐ近くにはありません。移動は基本的に車です。共育学舎の生活も、テレビがなく、娯楽と呼べるようなものは基本的にありません。基本的に毎日、農作業や三枝さんのお仕事のお手伝いをします。つまり、都会の生活とは全然違うということです。

 何が言いたいのかというと、都会的(世俗的)な考えや価値観を持ちこまず、「共育学舎の生活を通して、人生のさまざまな物事を学ぶ」という学びの姿勢で、共育学舎に参加していただきたいのです。

 「お金を払えば、何でも手に入る」という環境ではありません。共育学舎では、俗世間の考え方や価値観について疑問を持つ人々やそれらにこだわらない生き方を実践している人々もいます。せっかくそうした環境にいるのに、「テレビがない」などと文句を言ったり、「おまえには根性がない」と一方的に参加者を批判するような態度をしたりしては、共育学舎に来た意味がありません。そうしたことをしたければ、別の場所でやればいいわけです。

 田舎という環境に身を置いて、「ああ、こうした環境でも生きていけるんだ」と気づいたり、さまざまな人と出会って「この人はこういう生き方をしているんだ」と知ったりして、自分の生き方や人生の参考になる考え方やアドバイスを学ぶことが大切なのです。これは実際に私が参加してみて、そうした体験をしてきたので確実に言えます。

 横柄・傲慢になったりせず、自然・謙虚な姿勢で共育学舎での生活を体験し、三枝さんをはじめ、共育学舎にいる人々・来る人々に耳を傾けてください。これは共育学舎での生活に必要な気持ちの在り方・心構えでもありますし、一参加者である私自身の密かなお願いでもあります。


 以上で参加方法やそれに関する物事の記述は以上です。一参加者に過ぎない私の記述ではありますが、これから共育学舎に参加したいと考えている方に、少しでも参考になってもらえれば幸いです。


スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する