水虫と魚の目とイボに苦しまれて…

 ただでさえ不調な体に、またしても不幸が。足に水虫と魚の目とイボができてしまった。

 魚の目は3ヶ月ほど前からできていたのだが、ここ最近痛みがひどくなった。水虫は、共育学舎の農作業で使っていた持参の長靴でむれてしまった足にできてしまった。

 先週皮膚科に行ったら、医師に「かなりひどい!」と言われた。魚の目は足裏にできたイボ(一部の皮膚が硬くなる出来物)と合わさって、皮膚に根深く住みついてしまっていて、悪化しているという。治療には長期間要すると言われ、それ以来、毎週治療してもらいに皮膚科に行っている(今日もさっそく行ってきた)。


 足の出来物なんて、他の人から見たらどうってことないだろうが、私はこの件を受けて気分がちょっと萎えてしまった。「これから何かしなきゃいけない時に、なんでや!?」と、少々考え過ぎてしまった。今では「ボチボチ治していこう」という気持ちで落ち着いている。

 とにもかくも、やっぱり何かしら動いていないと落ち着いていられないのかもしれない。情報収集や情報共有、人との交流など、もっとやっておいた方がいいな。これは「多少の難はあれど、とりあえず自分のために何でもやっていけや!」という、天からのささやかなお告げなのかもしれない。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する