ビッグイシューを読んでみての感想

 「2~3日ベースでブログを更新したい」と過去に言っておきながら、更新できずに申し訳ない。気を取り直して、さっそく更新を。


 今年の3月の終わり頃、行きつけのお医者さんの帰りに渋谷駅で途中下車してぶらぶら歩いていたところ、ビッグイシューの販売員の方に出会いました。

THE BIG ISSUE 表紙
▲私が買ったビッグイシュー(表紙は乙武洋匡さん)

 ビッグイシューとは、同名の雑誌販売を通してホームレスの仕事づくり・社会生活復帰を支援する事業。雑誌は1冊300円で、販売利益160円が販売者(ホームレス)の方々の収入になります。ホームレスの方々は販売員として、ビッグイシューを売り続け、最終的に溜まった資金で住居の確保・就労に至るというもの。

 以前読んだ雑誌『フリーターズフリー』でビッグイシューのことを知り、「買って読みたい」と販売場所の一つである渋谷の街を何回か探し回ったのですが、なかなか販売員の方に出会えず。で、今年の3月になって、偶然にもようやく販売員の方に出会え、買うことができました(ちなみに販売員の方はホームレスとは思えないくらい身なりが整った普通のおじさんでした)。なんだかんだで、読むのスッポかしていましたが、今日でようやく読み終えました。


 ではさっそく、雑誌の内容についての紹介。

 内容は昨今の時事問題に関する専門家へのインタビューや著名人へのインタビュー、時事に関するニュースの取り上げ、雨宮処凛さんなどの著作家のコラム掲載など、書かれていることは巷の雑誌とあまり変わらない印象。しかしビッグイシュー独自(?)として、読者から投稿された質問に販売員の方が答える人生相談や海外で活躍する販売員の紹介やホームレス生活を体験した貴社の記録なども掲載されています。

 雑誌の厚さは、R25などのフリーマガジン並みに薄く、雑誌を見た私の父が「それで300円も取るのか!」と驚いてしまった。サイズはA4サイズと大きく、販売員や読者が持ち運ぶことも考えるとこの厚さは妥当かも。


 読み終えた感想ですが、雑誌そのものは割と普通でした。普通すぎて、どうもしっくりこないというのが本音。

 高村友也さんも自身のブログで仰っていましたが、「ホームレスの方々に関する話題をもっと出してもいいのではないか?」と思ってしまった。私が買った雑誌では、原発問題が特集で大きく組まれていましたが、正直その手の話題は他のマスメディアでいくらでも語られているので、「わざわざビッグイシューで語るものなのか?」と疑問。

 ホームレスの方々のみならず、現代社会で生きづらいと感じている人々や、世間一般の価値観とは違った人々の姿も取り上げたらどうだろう。ニートやひきこもり、あるいは何らかの活動で生きている方々などを取り上げてみると面白いかも。

 販売場所は渋谷以外にも都心・郊外含めてさまざまな場所で販売されているので、気が向いたらふらっと探してみて買うのも良いかと。販売場所は公式サイトに明記されています。


ビッグイシュー日本版公式サイト


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する