『就活のバカヤロー』

就活のバカヤロー (光文社新書)就活のバカヤロー (光文社新書)
(2008/11/14)
大沢 仁、石渡 嶺司 他

商品詳細を見る

 電脳くらげさんのブログサイト『脱社畜ブログ』で紹介されていた本。副題は「企業・大学・学生が演じる茶番劇」。本書の帯には、福満しげゆきさんのマンガが描かれています。

 以前から本書自体については、ブックオフの新書売場で目にしていたのでタイトルだけは知っていましたが、特に目をかけていませんでした。電脳クラゲさんの記事を読んで興味を持ったので、さっそくブックオフにて105円で買って読んでみました。


 本書は、日本の就職活動(略して「就活」)で繰り広げられている茶番劇の実態について調査・分析したもの。就活の実態を書くにあたって、本書では就活生(学生)・大学・企業・インターン・就職情報会社の5つの対象について、各チャプター別に分けて書いています。

 「私は納豆のような粘り強い人間です」という抽象的な決まり文句で、巷の就活マニュアルに沿って就活する学生。就活による大学教育の妨げを叫ぶ講師の傍らで、入学者増加のための就職実績を何とかして取り繕う大学。仕事体験などを名目にするも、大した仕事をすることなくやり過ごしてしまうインターン。就活事情を就活生や企業に誇大的に煽るマッチポンプ(自作自演)を繰り返す就職情報会社。

 どの対象でも起きている出来事や問題について、「こんなんじゃ、うまくいかなくて当然だろ!」と(著者なりに)荒っぽくダメ出ししたところがあっても、そうしたことをやめることがなかなかできない構造上の問題があります。

 どれも、「○○が悪い」「△△が悪い」といった単純なことではないのが現実で、「今やっていることをやめようにもやめられないし、かといってやっていることは気持ち悪いし、良いもんじゃない」というのが、就活に対する学生や企業の本音のそうです。

 就活の実態は読んでいて、「そうした事実があったのか!」と驚くところが多いです。特に就職情報会社による就活ビジネスの仕組みが「何ともやりきれないが、見事」といわんばかりの広告事業やサービス。学生も企業も、就職情報会社が出す情報やサービスに踊らされ、満足のいく就職や採用がやりにくくなっているといいます。

 そうした中で、満足に就活が上手くいっている学生や企業は、そうしたことに踊らされずに、就職や採用ができているとのこと(とはいえ、就職情報会社が諸悪の根源かといえば、そうでもないのが本書で指摘されています)。


 読み終えた感想ですが、面白かったです。問題の対象を一方的に悪いと責めたているのではなく、構造的な要素を指摘したうえで、日本の就活が抱えている問題を取りあえげているのは納得できる内容でした。

 ただ、読み終えてみて「惜しいな…」と感じてしまったところが1つ。それは問題に対する具体的な解決案(代替え案)が書かれていないところ。

 問題については数多く指摘していましたが、「じゃあ、その問題に対して具体的に何をすべきか?」という文があまりないです。「学生は、就活ではこうすべき」という著者なりのアドバイスもありますが、いずれも学生などのピンポイントで書かれたアドバイスで、具体的な解決案としては押しが弱い。

 城繁幸さんが指摘している解雇規制の緩和で雇用の流動化を図る、就活に囚われずに初めから求職者を就労させて相性をみる、などの解決案がいろいろあったら良かったんですが…。問題の指摘自体は納得できる内容なので、著者なりの具体的な解決案まで書かれていれば、なお良かった。

 誰でも、読んでおいて損はない一冊。求職活動中の方、人事に関わっている方、就職を考えている大学生・高校生の方はぜひ読んでもらいたい。現在はブックオフにて105円でけっこう売られているので、手に入れやすいです。。


大沢仁の人材多事争論(著者である大沢さんの公式ブログ)

ライター石渡嶺司のブログ(著者である石渡さんの公式ブログ)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する