9月になりました

 1年で思い出作りのシーズンである7~8月が終わり、9月になりました。毎年夏が終わると、思い出すことがあります。

 それは小学6年生の8月31日。小学生の夏休み、最後の日。その日は、特に深い理由もないのに、何となく違和感がありました。不愉快なわけでもないのに、何がスッポリ欠けたような切ないが感じがありました。当時は、「夏休みが終わることに儚さを感じたのではないか」と、子どもながらに思いました。

 しかし、今考えてみると、私の将来のネガティブさを暗示していたのかもしれません。8月は私の誕生日がある月。歳をとって、夏の終わりを迎える。ちょっと悲しくなります。

 次の夏を待って、日々の生活に戻って行く。そんなことを思う、今日この頃です。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する