私が友人に教えた就活方法

 以前こちらの記事で、「就活で受かるコツなんてない」と書いた。新卒の就職にあぶれ今なお就活をしている友人が、就職できた私に「就活で受かるコツ」を聴いてきたのだが、私はキッパリそう答えた。

 とはいえ、これでは後味が悪いので、私なりにやってきた就活のことを彼にアドバイスした。今回はそのことについて、記事として書いていく。

1.事務職は受けない方がいい

 友人は数字を扱う物事が好きなこともあり、簿記2級を獲得している。しかし、それでも就職できないという。事務職だと、女性のみの応募だったり、求人そのものが少なかったりと難しいようだ。

 私も事務職を受けていた時期があったが、上記のこともあって、辞めてしまった。だったらいっそのこと、別の職種を見てみて受けた方がいいと考えた。事務職は倍率が高いのだから、自分のような凡人が就職できなくて当然だ。だったら、自分が勝てる土俵を見つけて、そこを受けてみた方がはるかに受かりやすいと考えたからだ。

2.いろんな職種や業種をチラ見感覚で覗いてみる

 自分が勝てる土俵を探すにあたって、まずはチラ見感覚でいろんな業種を調べてみた。ITやら、ルート営業やら、「自分でもできそうかな…」と思えそうな職種がいくつか見つかった。なんとなくという感覚ではあったが、倍率の高い事務職に比べたら、求人数も多く、受ける分にはハードルがいくらか下がった。

 その仕事が自分に向いているかどうかなんて、やってみなきゃ分からないのだから、ある程度調べたら、さっさと応募した。結局受かるまでは程遠かったが、これについては次の項目で詳しく述べる。

3.運まかせだからアッケラカンとやる

 「就活が決まるかどうかは運」というのは、留年玉子さんが仰ったとおりだ。私が前職で勤めていた会社の同期で、転職した知人がいる。彼も転職にあたって、特別なコツがあったわけでもなく、結局決まったのは運だったと言う。

 どうやっても運次第なのだから、肩の力を入れずにあっけらかんとやっていればいい。私の大学の先生も、就活のアドバイスで「一度応募した企業のことは、とりあえず忘れてしまえばいい。返事が来た頃に思い出せばいい」と仰っていた。

 世間では、企業の言い分ばかりがまかり通るような雰囲気が確かにある。しかし、こちとら人間なんだから、こちらの言い分も認めてもらわなければ、面白さもへったくれもない。その辺はもう少し羽を伸ばしても良いと思う。


 以上が、私が友人にしたアドバイスの内容である(今回の記事を書くに当たって、新しく追記したところもある)。彼は私のアドバイスに納得してくれ、いずれ実践したいと話してくれた。

 巷の就活本に比べると大げさなことは言っていないが、私の友人含め、現在就活している方にも参考になっていただければ、幸いである。


スポンサーサイト
コメント

トラックバックありがとうございます

こんにちは、留年玉子です。
今さらですが、トラックバックありがとうございます。
自分の記事が引用されるのはすごくうれしいです。

実は、CHAGEAS-FANさんの記事の中でトラックバックしたいものがひとつあります。
時間を見つけて記事を書きます。
楽しみにしていてください。

Re: トラックバックありがとうございます

>>留年玉子さん
>トラックバックありがとうございます。
こちらこそ、ご連絡のコメントありがとうございます。
喜んでいただけてうれしく思います。

>実は、CHAGEAS-FANさんの記事の中でトラックバックしたいものがひとつあります。
トラックバック歓迎です。
ご自由にどうぞ。

>楽しみにしていてください。
ぜひお待ちしております。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する