勝山さんのひきこもりスラムにトイレ登場!

 ひきこもり名人こと勝山実さんのひきこもりスラム(ひきこもり村)にトイレが登場しました。下記のブログでは横になっている仮設トイレの写真が掲載されています。


鳴かず飛ばず働かず「ひきこもりスラムに仮設トイレ登場!! 和歌山に小屋づくりに行って来ました」


 ひきこもりスラムに小屋を建てるのはいいが、トイレはどうするんだ、穴を掘って用をたすしかないのかと、半ば諦め、覚悟を決めていたところに、工事現場でおなじみのヤツがやって来ました。神様ありがとう。



 この仮設トイレ、私は確か見たことあるような気がします。3月に熊野床張りツアーに参加した際に、寝泊まりした九重小学校のトイレが仮設トイレでした。見た目もそっくりで、もしかしたら同じものかもしれません。

 トイレの問題というのは衛生上でも法律上でも、悩ましい問題だと思います。Bライフを実践している毎年寝太郎さんも、トイレについては「コンポストトイレ」という形で解決しています。


 さて、ひきこもりスラム開発中の勝山さんですが、ブログによると11月上旬に再度和歌山に行くそうです。

 このあと11月上旬にまた和歌山に行き、小屋の壁をつくって一区切り。そのあと12月、いよいよ完成、スラムで建前(上棟式)をやり、餅をまきますから、そのさいは是非みなさんも見学にいらしてくださいね。



 なんと12月には、スラムの小屋を完成させるそうです。そこには勝山さん以外の住民もいるのか、気になるところです。私は勝山さんとは一度しかお会いしたことがないので、機会があればじっくりと会話したいです(勝山さんの著書『安心ひきこもりライフ』も買いました)。

 ああ…、私も和歌山に行きたい…。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する