『NHKスペシャル ニッポンの若者はどこへ?』

 成人式の2日前、1月11日に放送された討論番組。ナリワイでおなじみの伊藤洋志さんが出演されるということで、録画して観てみました。上記のタイトルに続くのが『徹底討論 大人の心配×若者の心配』です。最近の若者について、徹底的に討論しています。

 ゲストは井筒和幸監督と、AKB48の高橋みなみさん、デーブ・スペクターさん。討論を繰り広げる出演の方々は、年長者(大人)側と若者側に分かれていて、会社経営者や専業主婦、フリーター、学生などさまざまな職種や分野から参加しています。

 この番組で真っ先に取り上げたのが「さとり世代」という若者たち。物欲をあまり出さず、高望みをしない若者のこと。「ゆとり世代」から派生した言葉で、年長者からすると受け入れがたい存在として紹介されています。

 いろいろ討論が出されていますが、やはり年長者と若者の価値観や考え方の温度差が強く感じられます。特に番組後半で討論した「就職(仕事)」については、「石の上にも三年で仕事をするべき!」「好きな仕事でそのまま続けていいのか?」という意見も出てきました。

 伊藤さんは、複業(ナリワイ)を実践して、新しい仕事観を打ち出した方としてVTRで取り上げられました(スタジオにも参加しています)。若者自身もさまざまな活動をしている方も出ていて、NPOを立ち上げた方、出張シェフとして働いている方も取り上げられていました。


 番組を最後まで観ましたが、やはりこの手の議論は本当に答えが出ません。ああじゃない、こうじゃないと議論はするのですが、元々答えが出るようなお題目でもないので、なかなか進展してない、というのが個人的な印象。

 それと、出演者に俗にいうサラリーマンのような、会社員の方が少ないと感じました。少なからず会社員になる若者もいると思うので、そうした方々が参加するともっと違う意見が出ると思えるのですが…。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する