友人と東京源泉の黒湯温泉へ

 以前中野・高円寺でお会いしたOさん(仮名)とともに、東京源泉の温泉に入浴して来ました。温泉といっても都内の住宅街にあり、銭湯感覚で気軽に入浴できます。数ヵ月前にOさんから「温泉に入らないか?」というお誘いがあり、今日それが実現しました。


 温泉の場所は、東京都目黒区武蔵小山駅の近くにある清水湯。平日は12時から開店なんですが、開店前から何人かのお客さんで列ができていました。料金は450円。

清水湯 パンフレット
▲清水湯のパンフレット

 時間になると開店で、お客さんが清水湯に入っていきました。お客さんはお年寄りや中年の方などの年長者の方もいましたが、30代の若い方もちらほらいました。平日の昼間にもかかわらずお客さんが多く、開店から20分後くらいで浴場には人が多かった。

 清水湯では、東京源泉の黒湯温泉と黄金の湯という、2種類の温泉があります。黒湯温泉は東京で湧き出る温泉で、以前ビートたけしさんのテレビ番組『みんなの家庭医学』でえも取り上げれました。東京の下町出身である私の父も知っており、黒湯温泉がある銭湯はけっこうあるのだとか。

 その黒湯温泉ですが、字のごとく黒い温泉です。数センチ以上の深さが見えないくらい黒い温泉で、ほんの少しですがぬるっとした感じの湯です。温度は暑くもなくぬるくもない丁度いい湯加減。今の時期では、思わず長居したくなるほど。

 温泉は室内に黒湯、屋外に黒湯と黄金の湯があります。黄金の湯は混んでいて、入浴することが残念ながらできませんでした。黒湯よりも黄金の湯の方が人気でした。

 室内はそれほど広くなく、洗面台は12人分くらいしかありません。蛇口やシャワーから出るお湯があまり暖かくなかったのが、残念。シャワーも固定なので、うまく体を洗えませんでした。

 そうした不満点はともかく、温泉に入れたのは最高でした。冷えた体を暖めてくれ、心をゆったりとほぐしてくれる。ここ半年くらい「温泉に入りたい」とずっと思っていたので、それができただけでも幸せです。


 清水湯は東急目黒線武蔵小山駅から、徒歩5分で行けます。皆さんも機会があったら、ぜひ温泉に入ってみてください。温泉に入るだけでも、普段の気分とはガラリと変わりますよ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する