『全然気にしない技術』

ぜんぜん気にしない技術ぜんぜん気にしない技術
(2013/12/13)
家入 一真、森田 正康 他

商品詳細を見る

 最近出版された家入一真さんと森田正康さんの本。家入一真さんといえば、2014年2月の東京都知事選挙で立候補した若き実業家。以前から、彼の本を読みたいと考えていて、最近出版された本書を購入。本書は家入さん個人の本ではなく、大学教授兼実業家でもある森田正康さんとの共同著書になります。


 本書はタイトル通り、人生や社会で起きるさまざまな物事について、気にしない(あまり深くとらわれない)ことを述べた本。

 この本のタイトルは『ぜんぜん気にしない技術』だけど、これは「傍若無人になれ!」ということじゃない。だって、本当に何も気にしない人はただの愚か者だと思うから。
 ただ、僕たちはいつだって自分に正直に、やりたいことに一直線に進んできた。なかば煩悩に引きずられるようにして突き進んできた結果として今があると言ってもいい。
 (中略)
 だいたいは気にしなくてもいいようなことだったりする。
きっと自分でも気にしすぎとはわかっているけど、どうしても割切って考えることができないんだと思う。
 (中略)
 だけど、自分より周りを優先させるなんて、もったいないことだと思う。たった一度しかない人生だから、もう少し自分のことを考えてみてもいいと思う。



 著者らが「気にしすぎだ」というさまざまな物事について、お二人の考えや人生観をもとに答えを書いていきます。どの記述も、一歩立ち止まって物事を捉えるような視点で書かれており、「やればできる」といった過剰な自己啓発はありません。

 本書でも書かれていますが、家入さんと森田さんは学歴も人生経験もまるっきり違う方々。家入さんは、家が貧乏で、最終学歴は中卒で、ひきこもり経験有り。森田さんは、家がお金持ちで、学歴フェチで、渡米(留学)経験有り。これらを書いただけでもまるっきし正反対の人間ですが、お互いの人生経験を通して得た価値観や考え方は似ていると言います。

 本書の内容をちょっとだけ紹介。例えば「夢も希望もありません」という問題については、以下のように書かれています。

 「やりたいことなんてない」という人がいる。本人はそのせいで困っていると思っているかもしれない。たしかに何もないよりはあったほうがいい。そのほうが安心できるからだ。
 でも夢や希望をもったところで、それらはきみの人生を保障してくれるのだろうか。果たして、きみの人生を成功へと導いてくれるだろうか。
 もちろん、何もしてはくれない。
 だって夢も希望も目的でしかない。人生を確かなものへと導くのは、夢でも希望でもなく自分自身。誤解を恐れずにいえば、夢も希望もただの荷物でしかないとぼく(家入)はおもっている。
 (中略)
 夢も希望も曖昧で頼りない存在。生きる糧になることもあるけど、足をひっぱることもあるから気をつけたほうがいいと思う。



 ここでいう夢と希望は、将来の目標や目的のことを言うのでしょうが、これは私も盲点でした。

 世の中では「目標や目的を持って行きなきゃいかん」という風潮が強いですが、本書では「気になったらまずやってみて、つまぞきそうになったら、いったん身を引いて再度やってみる」というトライアンドエラーのやり方をアドバイスしています。

 本書の内容は「こんなことはしなくてもいい」「気にしてもしょうがない」といった(良い意味で)消極的なアドバイスもありますが、「そんなことだったらやらないほうがいい」「今やることにしっかり結果を出すべき」といった積極的なアドバイスもあります。いくつかのアドバイスで、「やるべき目の前のことはしっかりやろう」という考え方が、けっこう表れています。


 読み終えた感想ですが、いろいろ参考になるところも多く、それなりに良書でした。「お、こういう考え方もありなんだな」と思えるところも多かったです。

 ですが、具体的なハウツーに関しての本ではありません。自己啓発ではないですが、「こう考えればスッキリするよ」いった感じのアドバイスなので、具体的にどうするかなどは書いていません。本書の最後では、以下のような言葉が書かれています。

 働きはじめる前も働きはじめた後も、ひょっとすると普通というよりはちょっとだけヘビーな人生だったかもしれない。「人生に苦労は付きもの」なんて使い古された言葉があるけど、山あり谷ありしながら乗り越えてきた。そのなかで僕たちが得てきたもの、捨ててきたものを一日の授業として伝えた。
 だけど、覚えておいてほしい。これが答えじゃないということ。もっともっと大切なことがあるということを。
 それは、きみ自身で考え抜くこと。この授業は、あくまでもそのサポートにすぎないということを忘れないでほしい。



 最終的には、「自分で考えよう」ということなのでしょう。具体的なハウツーを知りたい方には、あまり向かないと思います。また、書かれている内容によっては「これ、別の本でも書いてあったな」という既知のものもあるので、人によっては新鮮味が無いと感じるかもしれません。

 物事を気にせず、何かをするきっかけづくりにちょうど良い本だと思います。家入さんの本を読みたい方にもオススメ。


IERINET(家入一真さんの公式サイト)

森田正康さんのTwitter


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する