日本人はアメリカ人よりも個人主義!?

日本人はアメリカ人よりも個人主義者だ。

 今回は橘玲さんの公式サイトで紹介されたこちらの記事に関するお話。ほとんど橘玲さんの記事からの受け売りなのであしからず。
 さっそくだが↑の文だけ見ると、ほとんどの人はびっくりするだろう。そして、こう反論する。

「個人主義なのは日本人よりもアメリカ人でしょ?
 ってか、日本人は集団主義だよ!」

 日本人はアメリカ人よりも個人主義という考え方を唱えたのは社会心理学者の山岸俊男さん(私が通っている学校で心理学を教えている先生に聞いたのだが、心理学者の間では山岸さんはかなり有名な先生とのこと)。
 山岸さんは囚人のジレンマの理論を用いた実験で、日本人とアメリカ人の行動について観察。その結果分かったことは「日本人はアメリカ人よりも一匹狼的な行動をとる」ということ。
(実験の詳細は橘玲さんの記事を参照)

 結論だけ言うと、日本人が集団主義的な行動を取るのは、相互間で監視・規制される厳しいムラ社会であるため。しかし、そこで行っていることは決して本心からやっていることではないから、ムラ社会的な環境がなくなれば、日本人はそそくさと辞めてしまう(個人主義、というよりかは自分勝手になってしまう)。
 一方アメリカ人は異なる人種的・文化的背景を持つひとたちが共生している多種多様な社会だから、そうした世界で生きるために、お互いの信頼を深めようと努力する。その点を考えると日本人よりもアメリカ人の方が集団主義だと言える。


 で、今回はなぜこんな記事を書いたかというと、橘玲さんが紹介したこの理論で、日本人のコミュニケーション(コミュニティ)に関する問題がけっこう説明できるからだ。
 日本人のボランティアの参加率や募金の集まった金額が、欧米に比べてとても低いのも、この理論を通して考えれば説明がつく。日本人特有の集団意識は厳しいムラ社会でしか働かないのだから、ボランティアなど良心で行う事業に対してあまり積極的でないのは当然のことだろう。

 多くの人が言う「昔から日本人はお互いを大事にする人情味あふれる民族だ」という誇張じみた常識は、この理論を知ることでもう言わなくなるだろう。


橘玲 公式サイト


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する