共育学舎クラウドファンディング&勝山実さん来訪

 だいぶ遅れてしまいましたが、共育学舎に関する重要な告知を。

 共育学舎では、ひきこもり名人こと勝山実さんも参加している「ひきこもりスラム」をつくる活動をしています。その活動を今後も行えるようにと、クラウドファンディングによる資金援助の参加を開始しました。詳しくは下記のリンクをクリック!

和歌山県新宮市に”人生のとまり木”となる村をつくる。

 クラウドファンディングとは、インターネット上で自分が行う事業や活動を説明し、それを読んだネットユーザーからの有志で事業や活動に必要な資金を募集するシステムです。ここでいうクラウドとは、「雲」の意味ではなく、「人が集まっている状態」の意味です。銀行や投資家などの特定の人物や団体からの融資や援助ではなく、不特定多数のネットユーザーからの募金(のような形の援助)で、お金を集めます。

 お金を援助してくれたネットユーザーにはリターンとして、金額に応じたお礼がもらえます。今回の共育学舎クラウドファンディングでは、自家製パンや自家製有機野菜の発送、宿泊しながらの村づくり体験などのリターンがあります。

 さて、今回のひきこもりスラム予定地ですが、どんなところかと言いますと下記の写真をごらんあれ!

ひきこもりスラム予定地
▲ひきこもりスラム予定地

 共育学舎から車で5分ほど行ったところにあります。近くには川が流れています。将来はここに、何軒か小屋が建ち、集まる場としての共同スペースが建ちます。写真はクラウドファンディングの公式サイト設計時にもらいました。ちなみに小さいですが、ユンボに乗っているのが三枝さん。ユンボとトラックの間で万歳しているのが私でございます。

 共育学舎クラウドファンディングの締切ですが、2014月4月24日00:00まで。今日を入れて、あと10日です。当ブログでの告知が遅くなってしまい申し訳ありませんが、興味がある方はぜひ資金援助を検討してみてください。上記のサイトでは「アップデート」のところをリンクすると、ひきこもりスラムやクラウドファンディングに関する情報を公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

 共育学舎一滞在者である私からも、皆さまからの支援を心よりお待ちしています。ぜひお願い致します。


 話題が変わりますが、本日からひきこもり名人こと勝山実さんが共育学舎に来訪しました。勝山さんは上記のひきこもりスラムで建てる小屋作りに参加しており、それの活動のために何度か共育学舎を訪れています。今回もその件で来ており、本日から21日までの滞在します。

 私が勝山さんと会うのは今回で2度目。前回は、去年の3月に行われたナリワイ・ニート・ひきこもりの対談の時以来です。あの時はほんのわずかな時間しか会話することしかできませんでしたが、今回は長い時間会話できました。

 勝山さんとの自己紹介の際、私が当ブログのCHAGEAS-FANであることを話すと、なんと知っておりました! 私のブログは勝山さんのひきこもり生活を密着取材した特集の記事でけっこう認知されているらしく、勝山さんもそれを読んだそうです。これを聞いた時はうれしかった。

 勝山さんを送迎して下さった共生舎の竹中さんにもお会いできました。竹中さんは都合により、残念ながら滞在できないのですが、今まで竹中さんのことは話で聞いていたので、今回お会いできたのは良かったです。

 それと共生舎の管理人として活動しているばなしーさんも一緒に来ました。ばなしーさんは高円寺・中野で出会ったBさん本人です。彼は元々私と一緒に共育学舎へ滞在する予定でしたが、都合によりキャンセルに。「ばなしーさんは共育学舎には来れない…」と思っていましたが、今回来たのでまさかの再会(!)。これにはさすがの私もびっくりし、皆の前で思わず声をあげてしまいました。


 入れ替わりでいろいろな人が訪れる共育学舎での生活。今後1週間の勝山さんとの生活が楽しみです。それでは、今日はこの辺で。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する