さらば共育学舎!

 3月6日に来てから約3ヵ月近く、共育学舎で長期滞在をしてきました。将来のことにいろいろ不安がありながらも、目の前の作業にコツコツと従事し、三枝さんの教えに身をゆだねながら、熊野で生活してきました。

 生活中は失敗したり、怒られたり、何かに挑戦したりといろいろありました。そうした生活を送りながら3ヵ月近くが経とうとしている今日この頃。ついに東京へ帰る日が来ました。

 というのも、私は6月と7月にどうしてもはずせない家の用事があるので、実家に帰らなくてはなりません。それらがなければもっと共育学舎で生活することも可能なんですが、個人的に一区切りついた感じもあるので、帰ることにしました。

 いつ帰るかはなかなか決まりませんでしたが、5月30日に決めました。帰る際、新宮駅・名古屋駅経由でストレートに帰るか、紀伊田辺・大阪経由で京都へぷらっと寄ってから帰るか。どちらにするのか迷いましたが、「せっかく関西に来てるんだから、京都へ寄って行こう」と思い、紀伊田辺・大阪経由で京都へ向かい、1泊して京都へぶらりと寄ることにしました。実家に着くのは、翌日の31日です。

 なので、30日は午前中(9時頃)に共育学舎を出発し、渡瀬温泉まで送ってもらい、そこからヒッチハイクで紀伊田辺駅へ(できなかったらバスで)。紀伊田辺駅からはJR線を乗り継いで、京都まで。京都へは予定通りなら16時半には着きます。四条のビジネスホテルで一泊してから、翌日の夕方に新幹線に乗り、それで東京へ。

 今回共育学舎を去るということで、共育学舎の生活に心残りがあるか否か問われると、無いとは言えません。やはりいろいろ思うことはあります。三枝さんは、「CHAGEAS-FANは心身の健康などのためにも、短大進学(留学)と思って、2年間は共育学舎で生活してみたらどうか?」というお誘いの言葉もいただきました。

 もっと長く滞在するかどうかの決断はなかなか難しいので、今はなんとも言えません。ですが、三枝さんの共育学舎を通して熊野の地域と人々の縁ができたので、今後はそれをツテに何か活動に従事したり、役立てることをしたりと何かしら行動を起こせたらとは考えています。それがいつになるかはわかりませんが、今後とも三枝さんをはじめとする共育学舎の方々にはお世話になりたいと思います。

 共育学舎で過ごした日々は、毎日欠かさず記録していた雑記にすべて記載しています。京都への旅路でも、実家へ帰ってからでも、この雑記を読み返して、共育学舎での日々を確認したいと思います。

 さらば共育学舎!
 また、会う日まで!


スポンサーサイト
コメント

No title

どうもこんにちは、先日の田植えではお世話になりました。

ついに共育学舎を出発されるんですね。僕は数日しか滞在してなかったですけど、あそこでの経験は人生に何らかの刺激を与えてくれたと思ってるので、今後の生き方に必ずいいものをもたらしてくれると思います。

今後の活躍を応援します!

Re: No title

>>放浪風さん
>どうもこんにちは、先日の田植えではお世話になりました。
こんにちは。
こちらこそ、田植えの件はありがとうございました。

>あそこでの経験は人生に何らかの刺激を与えてくれたと思ってるので、今後の生き方に必ずいいものをもたらしてくれると思います。
帰ってからも「共育学舎へ来て本当に良かった」とつくづく思います。
行って大正解でした。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する