スマホを1年使った感想

 去年の6月に、現在使っているスマホである「URBANO PROGRESSO」に機種変更してから、今月で1年が経った。今までガラケーしか使ってこなかった私だが、スマホに変えてからようやく1年が経った。そこで、今回はスマホを1年間使った感想について、ザックバランに書いていく。


 まず、スマホを使っていて一番使い勝手が良くなったのは、やはりインターネットの閲覧であろう。ガラケーと違い、スムーズにページを見れるし、PCサイトも大抵のサイトは見れるようになっている。外出先でインターネットを見るには充分だ。

 それとアプリを使ったSNS(TwitterやFacebookなど)の利用も大変便利になった。PCほどではないが、こちらも閲覧はサクサクできる。また、スマホで足りない機能は、アプリの導入で機能を拡張することができる。私のスマホではタイマーがなかったので、無料アプリをダウンロードした。この拡張の自由度は、ガラケ-よりも断然上だ。

 だが、細かい操作で不満がある。文章の引用やコピペ(コピー・貼り付け)は、スマホでは使いづらくなった。キータッチでの操作と違い、スクリーンタッチでの範囲指定は細かく設定することが難しい。文章の引用も、ガラケーと比べるとできないことも増えた(受信・送信履歴からのメルアド引用など)。


 とりあえず、使って1年は経ったものの、スマホでまだまだ分からないことは多い。今後もいろいろ使って慣れていこうと思う。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する