『ゴッドファーザー PARTⅡ』『バイオハザードⅣ アフターライフ』感想 ※ネタばれ注意

前回同様、ツタヤで借りてきた映画。
今回も映画2本を紹介します。


ゴッドファーザー  PARTⅡ<デジタル・リストア版> [Blu-ray]ゴッドファーザー PARTⅡ<デジタル・リストア版> [Blu-ray]
(2010/09/16)
アル・パチーノ、ロバート・デュバル 他

商品詳細を見る

今回私が一番見たいと思っていた映画(メディアはブルーレイ)。
PARTⅠについては、数ヵ月前にすで見終えています。

映画『ゴッドファーザー』といえば、アメリカに生きるイタリア系マフィアのファミリーの興亡を描いた作品。
マーロン・ブロンドやアル・パチーノなどの名優さんが出演されています(PARTⅡではマーロン・ブロンドは残念ながら出演していません)。

今作は、前作の首領であり主人公の父であるヴィト・コルネオーレ(今作ではロバート・デ・ニーロが演じています)の若き頃の物語と主人公のマイケル・コルネオーレ(アル・パチーノ)がマフィアの首領として活躍する物語、の2つの物語が展開していきます。
作中、両者のシーンが何の前触れもなく変わったりするので展開が分かりづらいところがありますが、両者の世界観の違い(建物や乗り物のデザイン)で判別できます。

で、感想はというと、前作に比べると少々劣るものの、それなりに面白かった。
ヴィトがどうやってマフィアの首領としてのし上がってきたのか、前作で首領の地位を引きついたマイケルはその後どうなったのかが、今作でいろいろと分かりました。

個人的に見ていておもしろかったのは、若き日のヴィトがある人物を射殺する場面。
綿密に計算された殺し方(銃の防音処理や銃の処理)が、見事だった。

ただ、本編の収録時間が202分とかなり長いため、ダレやすい。
ブルーレイではディスク1枚ですが、DVDでは入りきれずディスク2枚組になっています。


総評としては、面白いのでオススメ。
まず前作を見てから、今作を見た方がより楽しめます。


バイオハザードIV アフターライフ [Blu-ray]バイオハザードIV アフターライフ [Blu-ray]
(2011/04/22)
ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター 他

商品詳細を見る

カプコンの看板ゲーム『バイオハザード』の映画
(メディアはブルーレイ)。
今作は出てくる敵はゲームの『バイオハザード5』のものが多いので、5をやった自分としては知ってる敵が出ているとニヤリとしてしまう。

見た感想を率直に言うと、微妙な出来。
アクションシーンはほとんどマトリックスのパクリばかりだし、シナリオの展開や内容も突出して良い内容とは言えない…。
出てくるロケーションも造りがチャチで臨場感があまりない。

今作についてはあまり書くことがない。
B級映画とまではいきませんが、あまりオススメしません。
普通にゲームのバイオをやった方が面白いかと。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する