ブックオフでのゲームの価格って…

 ここ最近ブックオフでゲームソフトを買うことが多くなりました。売っているものはもちろん中古ですが、それを差し置いても激安で買えるからです。

 最近のブックオフで売られているゲームソフトが安い。具体的にどう安いのかというと、発売から3~4年ほど経過した現行ハードのソフトですら500円で買えるという安さ。それもマイナーなゲームではなく、それなりに名が知られているシリーズ作品が500円で売られています(ちょっと高かったとしても1000円以下で)。

 数年ほど前では、ブックオフで売られている中古のゲームソフトは3~4年経っても廉価版に近い価格(約2000円代)でした。なので、絶対額で安くても相対額では大して差が無かったので、「中古でこの価格だったら、新品の廉価版買った方が得だな」というものがほとんどでした。

 しかし、近年では新品の廉価版価格が2000~3000円代であっても、中古では500円という価格になっています。もうここまで安ければ「中古の方が安いや」ということになり、中古で買ってしまいます。もちろんキズものなどの訳あり商品ではなく、普通の中古品です。

 消費者である以上、欲しいものが安く買えるのは嬉しいことではありますが、一ゲーマーとしては「こんなに安く売られてしまっているのを見ると、どことなく寂しい」という気持ちも湧いてきます。なぜこうもゲームが安い事情はよく分かりませんが、ブックオフでのゲームソフトの経済的価値が低くなっていることは確かでしょう。それなりに名が知られているシリーズ作品はよく売れる分、中古で出回る数も多いので安くなるのは必然ですが、FF10のように発売から6~7年経っても多くのブックオフで中古2000円近くしていた事例を考えると、ブックオフでのゲームソフトの経済的価値が低くなっていることは否めません。


 今後、ブックオフでのゲームソフトの経済的価値がどうなっていくのかは分かりませんが、ゲームが好きならとにかくプレイすることが大事かと。

 ゲームに限らず、どんな娯楽商品もそうですが、遊んでこそ楽しみがあるのです。ならばとにかくプレイするのみです。遊んだ後はブログに書くなり、レビューを投稿するなどしてそのゲームソフトを広めること。そのゲームソフトに誰かしらの目にとまって、また誰かがプレイしてくれれば、そのゲームソフトはいっそう輝くというもの。

 新品であれ中古であれ、安く買えるということは、言いかえればそれだけ入手できるハードルが下がったことを意味します。ゲームをプレイしたいと考えている皆さん、ぜひこの機会に買ってプレイしましょう!


スポンサーサイト
コメント

僕もPS1のソフトを買ったときはあまりの安さに感謝しましたよ。
ワールドスタジアム3を買いました。

Re: タイトルなし

>>のびたろうさん
>僕もPS1のソフトを買ったときはあまりの安さに感謝しましたよ。
>ワールドスタジアム3を買いました。
スポーツゲームは安くなりやすいですよね。
特にウイイレやパワプロのように、発売年ごとの試合・実在選手のデータが登録されているものは年を経るごとに需要がなくなりますから。

はじめまして~

ブックオフのゲームって最近安いんですね。
私が思うに、ネットで安く売られているので、
安く売らないと売れないのかもしれません。

CDの場合、アマゾンの相場より高値が付いてる商品は残っている可能性が多いので、ゲームでもそれが言えるのではないかと思います。
ブックオフのオンラインサイトもありますが、そこでも店舗と同じようなことが言えるので恐らくその影響かと。

Re: はじめまして~

>>けんさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

>ブックオフのゲームって最近安いんですね。
同じブックオフでも店舗に寄りけりですが、安いことには変わりないようです。

>私が思うに、ネットで安く売られているので、安く売らないと売れないのかもしれません。
「ネットで安く売られている」というのも一理あるでしょうが、ブックオフは商品を安く仕入れてササッと売りさばくことで利益を得ています。
ゲームの価値がうんぬんというより、多くの商品をいかに安く早く売りさばくかということが大事なので、ゲームの価値も安いのでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する