『7年目のツレがうつになりまして。』

7年目のツレがうつになりまして。7年目のツレがうつになりまして。
(2011/09/08)
細川 貂々

商品詳細を見る

 細川貂々さんのベストセラー漫画『ツレがうつになりまして。』の続編である『その後のツレがうつになりまして。』の更なる続編。

 純粋にうつ病生活の日々を描いていた前作・前々作とは違い、本書は『ツレがうつになりまして。(以下:ツレうつ)』に関する人々や事柄について描かれています。

 ツレうつはベストセラーとなった後、ドラマ化や映画化もされ、著者の細川さんとツレさんはそれらから来る仕事を通して、多くの人々と触れ合ってきました。特に映画の撮影ではお二人を演じた宮崎あおいさんと堺雅人さんとの会話が書かれていたりと、いろいろな進展が描かれています。そうした進展の中で、人生に関する興味深い教訓を得たりします。


 読み終えた感想ですが、特にこれといった新鮮味もほとんどなく、うつ病に関する実用書としては微妙でした。あくまでツレうつの後日談を描いたような内容なので、社会保障などの実用的な話題についてはあまりありませんでした。

 ですが、本書で書かれている人生の教訓については共感できるところもあるので、ツレうつの読者の方でも親しみやすいと思います。


細川貂々さんの公式サイト「とかげのしっぽ」


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する