『あなたの天職がわかる16の性格』

あなたの天職がわかる16の性格あなたの天職がわかる16の性格
(2008/07/01)
ポール D.ティーガー、バーバラ・バロン 他

商品詳細を見る

 たまたまブックオフで200円で売られていたものを購入。就職がうまくいかない私は「こんなんで働いていていいのかな…」と思う疑問ばかりが頭をよぎるので、いっそのことこういう本を通して、自分の適職を考えてみることにしました。


 本書はアメリカで出版されたものを翻訳したもの。心理学的考察と見解から生み出した性格タイプをもとに、読者の天職を導き出す内容となっています。

 導き方は、まず自分の性格タイプが何であるかを知るためのチェックテストを答えていきます。性格タイプを構成する以下の4つの要素から、総合的に性格タイプが何であるかを判断します。

1.(E)外向 Extroverted + Introverted 内向(I)
2.(S)五感 Sensing + Intuitive 直観(N)
3.(T)思考 Thinking + Feeling 情緒(F)
4.(J)決断 Judging + Perceiving 柔軟(F)



 チェックリストは、いずれも二者択一で答えていくもので、結果的にどちらの性格タイプかを判断することが明確に分かります。4つの要素から、どの傾向が強いのかが分かったら、それをもとに天職の紹介や、その性格タイプにおける長所・短所、性格タイプを天職でどう活かしていくかを解説しています。

 ちなみに私の性格タイプは「職人肌」という結果が。職人肌という性格タイプの説明を見ても、「うわっ、けっこう当てはまるやん!」と思うところも多かった。

 天職の紹介は、分野に合わせて具体的な職業名を数多く挙げています。私の場合、ファッションデザイナーだったり、調理師だったり、栄養士だったり、マッサージ師だったり、警察官だったり、とかなり多い(ここではざっくりと挙げているだけですが、本書では分野別に分かれて掲載しているので、さらに絞り込みやすくなっています)。


 該当する箇所だけ読みましたが、けっこう参考になりました。天職の紹介は具体的な職業名を列挙するだけでなく、その性格タイプの長所・短所、そこから考える今後の振る舞い方も書いてあるのはとても参考になりました。巷の訳のわからない自己分析よりもずっとあてになります。

 絶対的なアドバイスと言うほどでもないですが、参考にするには充分な内容。違う仕事に転職したいけど何に就職すればいいのかわからない方、自分の適職をあらためて考えてみたい方、これから就活を始める新卒求職者にオススメです。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する