増税支持よりもシステムの改善を!

 遊民さんのブログサイト『高等遊民の備忘録』で、とても興味深い記事があった。まずはそれを読んでほしい。

高等遊民の備忘録「増税支持の前に考えるべきこと」

 この記事では、世間での消費税増税に対して支持するか否かで、遊民は増税反対の立場について書いたもの。ただ反対しているのではなく、増税をする前に支出を減らすことを心掛けるよう強く主張している。

日本国政府の財政が借金まみれになっているのは税収が足りないことが原因で、税収を増やせば解決に向かうというのは本当に本当なのですか?
私は全然違うと思います。根本的に重要な何かが欠落してます。

増税やむなし論を展開する人は、異常なまでに膨れ上がった歳出を適正レベルまで縮小(つまり節約)すべきという、個人としては普段から当たり前のようにやっていることを、なぜ国家や自治体の場合にも当てはまるとは考えないのでしょうか?

お金が足りないならまず支出を減らすべきです。これ節約系リタイアの基本だと思ってるんですけどね。収入を増やす話が出てくるのはそれができた後のことで。



 私自身この記事に書かれている内容については賛成しているのだが、もう少し付けくわえて述べたいことがある。それは、システム(制度・構造)そのものの改善をするということだ。

 これは当ブログでも何度も主張してきたことだ。遊民さんの仰る通り、増税する前にまずは支出(歳出)を減らすとのももちろん大事だが、それよりももっと根本的なところである社会的システムの改善・再構築をすべきであろう。

 号泣会見で世間をあきれさせた野々村元議員を含めた複数の兵庫県議会議員らが、切手大量購入などの政務活動費の横領を行っていた事件があった。こうした事件は、横領を行った当人たちにも問題があるが、横領を安易に起こさせてしまうほど現行のシステムに穴があることにも問題があるのだ。その穴を埋めなければ、第二第三の横領事件が出てきてしまう。

 また、現行のシステムの状態で歳出を減らすことを考えても、結局どの要素を減らせばいいのかでもめてしまっている(財源のために社会保障費が削られて批判が来ることからも明らかだ)。改善できるだけの動ける余地があればいいが、何も進展しないままでいる状況を見れば、もはや動ける余地もないと言っても過言ではない。

 このような状況で増税をしたところで、税金は無駄に垂れ流しされるのは目に見えているし、歳出を減らそうとしてもどこに目をつければいいのか決まらないので、それも進められない。

 だからこそ、システムそのものの改善が必要となるのだ。増税するのは、システムの改善を見直して様子を見てからでも遅くはないだろう。その方が、何か新しく事を始めるために増税してもはるかに物事が進みやすいし、国民・市民からの信頼も得やすい。


 2月14日に衆議院選挙が決まり、今日から期日前投票も始まっている。やみくもに増税を支持するより、問題の根幹をしっかり改善できるかどうか吟味している政策を見極めるべきではないか。その吟味ができる立候補者にこそ、我々が支持するに値する政治家なのだ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する